アロマセラピストの給料年収・仕事内容や面白さ、学校一覧を解説! | 給料BANK

アロマセラピストの給料年収・初任給・仕事内容を解説!|「給料BANK」

給料BANK > 運動・健康系職業の給料一覧 > アロマセラピストの給料年収・初任給・仕事内容を解説!

アロマセラピストの給料・年収や手取り額を解説!

アロマセラピストの給料・年収を解説します。

aroma_top

いいねやツイートしていただけると喜びます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

アロマセラピストの平均給料・給与

  • 23万円
  • 20代の給料:17万円
  • 30代の給料:23万円
  • 40代の給料:27万円
  • 初任給:12~万円
    ※補足を参照ください

※給料給与統計の算出は口コミや厚生労働省の労働白書を参考にしております

アロマセラピストの給料・年収補足

20代の給料:15万円~20万円(推定)
30代の給料:20万円~25万円(推定)
40代の給料:25万円~30万円(推定)
 
 
上記平均給与から算出してみると、平均年収はだいたい
300万円~400万円となると予測されます。

アロマセラピスト画像1

スポンサーリンク
スポンサーリンク

アロマセラピストの仕事内容

アロマセラピストは、簡単に言えばアロマセラピーを行うことを生業としている人です。
アロマセラピーは、芳香療法という概念に基づいて行われるもの。
オイルの芳香成分が持っている薬理作用を使って主に心の病気などの治療を行うものです。
 
心身ともに効果がありますが、精神的効果のほうがより大きな効果を得られます。
アロマセラピストの仕事は、お客さんにアロマセラピーの施術つまり芳香療法を行って精神的ダメージや身体的疲労を抱えた人たちをリフレッシュさせること。
簡単に言えば、心身ともに疲れている人の癒しとなることですね。

アロマセラピストの仕事の面白さ

アロマセラピストは人を癒すお仕事です。
精油の効果と自分自身の技術によって人を癒して心身共に健康な状態で生活を送ることができるようにサポートする仕事。
 
お客さんが「リフレッシュできた」「気持ちがよかった」「疲れがとれた」と笑顔で言ってくれることをやりがいとしている人が多いですね。
そこが面白いところでもあります。
 
人々の笑顔を取り戻すことができる仕事だと誇りを持って仕事をすることができますね。
また、カウンセリングを行うのもアロマセラピストの仕事のうちです。
カウンセリングというのは、しっかりとした知識と技術を持っていなければできないことですし、お客さんの個人的な話を聞き出すことになります。
 
そういった話をきくということには責任が伴うので、責任感がある人に向いている仕事かもしれません。
 
人を癒すことが好きだ、人の笑顔が見るのが好きだという人には文句なしで向いているでしょう。

アロマセラピストの給料手取り

上記平均給与から算出してみると、手取りはだいたい
15万円~25万円となりそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

アロマセラピストになるには?

アロマセラピストになるには、検定資格をとらなくてはいけません。
必ず必要というわけではありませんが、無いと仕事にならないので、実質上必ず必要な資格です。
アロマセラピストの検定資格でもっとも知名度が高いのが、公益社団法人日本アロマ環境協会主催の資格ですね。
 
アロマセラピスト資格を受験するためには、まず協会の会員にならなくてはいけません。
また、アロマテラピーアドバイザー資格を取得していることも必要です。
認定校でアロマセラピストの必須履修科目も修了していなければならず、そこそこ多くの受験資格がありますね。
 
資格を認定してもらうためには、アロマセラピストの学科試験に合格して、トリートメント実技試験に合格して、カルテ演習を修了し、資格登録手続きを行う必要があります。
まずはアロマテラピーアドバイザーを取得することから始めましょう。
認定スクールというのは、協会が認定しているスクールのことで、東京都だとジャパン・ハーブスクールなどが挙げられます。
協会のホームページにて検索可能です。
 
以上のように、認定資格を取得する方法がメジャーですね。
最近では日本アロマテラピー統合医学協会の認定資格も注目度が高いです。
医療の現場でも役立てることのできる資格で、メディカルアロマの分野になっています。
ただし、エステサロンなどでアロマセラピストとして活躍したい場合には必要ありません。
医療現場で活躍したいという場合は、日本アロマテラピー統合医学協会の認定資格を受験しましょう。
当然難易度はかなり高くなっていますが、その分役立ちます。

アロマセラピストの求人募集の探し方

公益社団法人日本アロマ環境協会で資格を取得した場合は、協会会員企業の求人が協会ホームページに掲載されています。
数は少ないですが、全国の会員企業の求人が掲載されているものです。
同じ会員に所属している人の企業ということで、安心感があるのでおすすめですが、協会が仲介を行ってくれるわけではないということにだけ注意しておきましょう。
 
掲載されている中から気になる求人があれば、各企業に直接問い合わせることによって応募することになります。
直接応募することになるので、求人があれば結構近道と言えるでしょう。
 
そこであまり見つけられなかった場合などは、転職サイトを利用するのも良いですね。
転職サイトにはさまざまなところからさまざまな求人が集まります。
アロマセラピストに強い転職サイトもあるようですし、複数の転職サイトに登録しておくと良いでしょう。
転職サイトだと仲介してもらえますよ。

アロマセラピストの資格難易度ってどのくらい?資格取得費用はどのくらい?

日本アロマ環境協会の認定資格を受験する場合は、まず最初にアロマテラピー検定を受けなければいけません。
そのための受験料が2級で6,480円・1級で6,480円となっています。
どちらも簡単で、普通に勉強していれば合格できる程度の試験です。
1級に合格したら今度はアロマテラピーアドバイザー認定講習会を受けることになります。
その認定講習会の料金は、5,140円。
受講したらアロマテラピーアドバイザーの認定を受けることができますが、その際10,260円を支払わなくてはいけません。
 
そうして次に、認定スクールにてアロマセラピスト必須履修科目を修了しなければならないのですが、スクールによって金額が違います。
そうして修了したら今度は試験を受けるのですが、学科試験は5,140円の受験料がかかります。
さらに資格登録認定料に10,260円。
以上のような費用がかかるので、トータルで見るとかなりの費用がかかりますね。
 
難易度に関しては合格率が40%程度。
難易度はそれほど低くなく、むしろそこそこ難しいとすら言えますね。
スクールでしっかりと学び、自分でも勉強をしておく必要があります。

アロマセラピストスクール一覧

給料解説者ぺすくん

・ジャパン・ハーブ・スクール
東京都千代田区にあるスクールで、協会の資格に対応しています。
理論講座と実技講座・カルテ演習全てを履修することができるスクールです。
アロマ用品のショップも運営していて、トリートメント体験などができます。
 
・銀座アロマテラピースクール
東京都中央区にあるスクールで、協会の資格に対応しています。
このスクールは、協会の前身となっている日本アロマ協会が発足するよりも早い1995年に開校したアロマセラピー関連のスクールの中では歴史があるスクールです。
2500名以上の卒業実績と、医療・福祉・美容など各分野でのスペシャリストを輩出しているという実績があります。
かなり専門的にアロマセラピーに関して学ぶことができ、そのカリキュラムの内容はアロマの研究に近いかもしれません。
「楽しく、手軽に」をうたいながらもかなり本格的に学ぶことができます。

アロマセラピストの口コミお給料

給料:18万円

アロマ専門店で店員として働いています。セラピストの資格を取ってたので店員にはなりやすいです

給料:24万円

地方でアロマ専門店をやっております。自営業です

アロマセラピストの仕事の面白さや給料を教えてください

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

 アロマの面白さは人を癒すのもそうですが自分自身の体の事もケアしながらアロマで元気になるのがいいです。基本的にきれいな人がおおいですね。

その他の運動・健康系職業の給料一覧の給料一覧