不動産鑑定士【独立開業・実務修習】の給料年収や男性女性の年収差・年収1000万円は可能なのか?を解説! | 給料BANK

不動産鑑定士【独立開業】の給料年収は1000万円可能なの?男性女性の年収差・手取り|「給料BANK」

給料BANK > 士業・コンサル系職業の給料一覧 > 不動産鑑定士【独立開業】の給料年収は1000万円可能なの?男性女性の年収差・手取り

不動産鑑定士の給料・年収や手取り額を解説!

不動産鑑定士の給料・年収を解説します。

fudosankantei_top

いいねやツイートしていただけると喜びます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

不動産鑑定士の平均給料・給与

  • 47万円
  • 20代の給料:35万円
  • 30代の給料:47万円
  • 40代の給料:55万円
  • 初任給:29~万円
    ※補足参照

※給料給与統計の算出は口コミや厚生労働省の労働白書を参考にしております

不動産鑑定士の給料・年収補足

20代の給料:35万円前後(推定)
30代の給料:47万円(推定)
40代の給料:55万円(推定)
上記平均給与から算出してみると、平均年収はだいたい
400万円~670万円となると予測されます。
年収の参考はこちらを参考にしました。

不動産鑑定士画像1

スポンサーリンク
スポンサーリンク

独立開業した不動産鑑定士の年収給料はかなり高い?

不動産鑑定士は不動産系資格の中では最高難易度となっているにもかかわらず、知名度が低いという現状があります。
そのため、事務所を開業しても簡単に客が集まる、というわけにはいかないようです。
 
不動産鑑定士の主な業務の1つである不動産鑑定評価は、公的なものと民間のものがあります。公的なものというのは、地価調査、固定資産評価、公示価格、路線価のほか、裁判所からの依頼で公的評価をするものなどです。
不動産鑑定士一人当たり、公的鑑定評価を年間40件ほど受注しており、平均年収は900万円になる、というアンケート結果があります。営業がうまくできないと受注件数が少なくなり、年収は200万円程度、という話もあります。
中には公的な仕事に加えて、不動産売買や賃料取り引きなどに関わる民間からの仕事も受けることで、年収3000万円以上を稼いでいる不動産鑑定士もいます。
しかし、古くから地元に根付いている事務所などが幅を利かせていることもあり、新規参入するにはかなりの努力が必要となります。
また、全不動産鑑定士の三分の一が都内で働いていますが、都内よりも地方の方が仕事が多く、年収は高くなる傾向があるようです。

不動産鑑定士の年収は最高でどのくらいまで上がるの?1000万円は可能なの?

不動産鑑定士の主な就職先は「不動産系」と「金融系」にわかれます。
「不動産系」は、ずばりそのものの仕事をする不動産鑑定会社から、一般の不動産会社、土地活用など資産運用を手がけるコンサルティング会社、建築・建設会社などがあります。
「金融系」では、銀行や信託銀行など、融資の際の担保として不動産が用いられることがあるため、不動産鑑定士の需要があります。また、証券会社に就職する人もいます。
上記以外では、商社や鉄道会社、保険会社、監査法人などに就職先があるといわれています。
企業によって年収は異なりますが、これらの不動産鑑定士の就職先の中で、特に銀行に勤務している人は年収が高く、収入が安定している傾向があります。
平均年収は700万円~800万円となります。
 
やはりサラリーマン不動産鑑定士よりも、独立開業した不動産鑑定士の方が年収は高くなるようです。1000万円以上を稼ぎたいなら、独立するのがよいでしょう。

不動産鑑定士は男性女性の給料差はあるの?

不動産鑑定士は、圧倒的に男性の方が就業人数が多い職業です。
平成24年の調査によると、不動産鑑定士として全国で登録しているのは7767人で、そのうち女性は505人しかいません。全不動産鑑定士の約6%となります。
県によっては、女性の不動産鑑定士が一人もいないところもあります。
昨年の不動産鑑定士試験の受験データでも、合格者の約90%が男性となっています。
女性と男性で給料差をつけている会社はないと思いますが、なにぶん女性の就業人数が少ないため、平均が出せないという状態です。
女性でなおかつ開業している人もかなり少ないと思われ、恐らく男性平均よりは女性の年収は低くなるのではないかと予測されます。

不動産鑑定士の仕事内容

土地周辺環境を考慮し、様々な条件を元に土地の適正価格、地価を判断する国家資格所有者です。
不動産価格の適正化に関与するだけではなく、不動産利用に関するコンサル的な役割もあります。
国や、都道府県が行う地価公示や都道府県地価調査、相続税sh用じゅんちの鑑定評価・固定資産税標準宅地の鑑定評価などを行います。
他に公共用地の所得や、固定資産における裁判評価、企業の資産評価なども担当する事が多いです。

不動産鑑定士の給料手取り

上記平均給与から算出してみると、手取りはだいたい
29万円~38万円となりそうです。

不動産鑑定士になるには?【資格】

まず初めに、20代前半で既に国家試験対策の勉強を始めるため、専門学校へ編入することが第一条件でしょう。
独学や、働きながら資格を得られるほど生易しい試験内容ではなく、論述試験も含まれています。
国家試験は、不動産に関連する39の法律から出題されます。
都市計画法、建築基準法、地価公示法、土地収用法、農地法等の知識が必要です。
所得税法、法人税法などの税金分野の出題もあります。
科目は5択問題が多いですが、正確な個数問題なのでかなり難しい国家試験と言われてますね。
試験のステップは全部で3つあり、短答式試験後、論文式試験を受けて、実務実習、最後に終了考査を受けて、国土交通省の不動産鑑定士名簿に登録されて、不動産鑑定士として働くことが出来ます。

不動産鑑定士の勉強時間や難易度

独立した時に、他の国家試験と異なり、将来性で昔から有望な職業の代わり、その難易度は司法試験以上ともいわれています。
独学ではまず受験は無理なので、2年以上の専門学校における学習、土日は図書館で4~5時間くらいの自習が必要となるでしょう。
何しろ試験は、鑑定理論で3コマ6時間、民法と会計学と経済学で1コマ2時間、合計12時間の試験が、計3日間行われますから、俗に地獄の国家試験とも言われます。
この10年で試験制度も改定され、難易度は更に引き上がっています。
まず、不動産鑑定士短答式5択試験で、合格率は29%、つごの論文式試験で合格率12%ぐらいで、トータルでは数%の合格率があれば良い方です。
更に、国家試験後も実地講習が1~3年あり、22件の鑑定評価を行いますが、この審査に非認定となる方が相当数いるので、場合によって講習期間が伸びてしまうことは、よくあることなんだそうです。
また修了考査でも、解答論文提出が行われます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

不動産鑑定士の求人や募集はどこで探すの?

現在は鑑定事務所以外の、企業内鑑定士が幅を効かせる時代のようです。
金融機関の債権に関する担保評価、不動産証券化商品の対象不動産価格評価など、大企業ではその活躍が目覚ましいです。
また不動産コンサルティング業務などで、活躍の場があります。
中小事務所、大企業系列不動産研究所などの求人情報は、公益社団法人 日本不動産鑑定士協会連合会などの求人情報で見ることが出来ますね。
他は転職情報、エージェントなど様々な媒体で求人を見ることが出来ます。

実務修習の仕事でも給料は貰えるの?

給料解説者ぺすくん

司法修習生とは異なり、準公務員ではない不動産鑑定士の実務修習は、国から全く給料等は支給されませんから、民間の鑑定事務所に運良く就職できている場合に、事務所から給与が支給されると考えてよいです。
しかしながら、それほど大きな事務所を構える鑑定事務所も少ないので、収入自体は確保しておいてから、国家試験対策をしていくことになります。
普通は無資格者を雇うような事務所は皆無でしょう。
経済的に援助が少なく、加えて試験も期間が長く、受験勉強も数年かかるというのが常識のようですね。
実務修習生は、1年~3年の期間がありますが、1年を選んだ場合は全部の期間を実務修習に追われ他のことは出来ないでしょう。
費用は一括払いで、ローン、クレジットは一切通用しません。

不動産鑑定士の口コミお給料

給料:70万円

年収にすると1000万円超えています。

給料:40万円

それなりにもらえる仕事です。

不動産鑑定士の仕事の面白さや給料を教えてください

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

下記より評判を投稿する

その他の士業・コンサル系職業の給料一覧の給料一覧