プライベートバンカーの給料年収・仕事内容・試験難易度や求人を解説! | 給料BANK

プライベートバンカーの給料年収・仕事内容を解説!|「給料BANK」

給料BANK > 士業・コンサル系職業の給料一覧 > プライベートバンカーの給料年収・仕事内容を解説!

プライベートバンカーの給料年収や手取り額、初任給を解説!

プライベートバンカーの給料年収を解説します。

プライベートバンカーの平均給料・給与

  • 100万円
  • 20代の給料:30万円
  • 30代の給料:50万円
  • 40代の給料:100万円
  • 初任給:30~万円
    ※補足を参照ください

※給料給与統計の算出は口コミや厚生労働省の労働白書を参考にしております

プライベートバンカーの給料・年収補足

20代の給料:30万円~50万円(推定)
30代の給料:50万円~130万円(推定)
40代の給料:100万円~200万円(推定)
 
 
上記平均給与から算出してみると、平均年収はだいたい
1000万円~2000万円となると予測されます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

プライベートバンカーの仕事内容

プライベートバンカーというのは、そのまんまですが、プライベートバンキングを行う人のことです。
では、プライベートバンキングとは一体なんなのか。
それは富裕層向けの金融サービスです。
 
1億以上の資産を抱えているいわゆる富裕層と呼ばれる方々は、その資産を有効かつ効率よく活用していくために、金融サービスを必要としています。
そこで富裕層の方々が資産運用をスムーズに行えるように、総合的にコンサルティングを行うのが、プライベートバンカーの仕事です。
「プライベート」というくらいなので、そのお客様の一生涯に渡って資産運用をサポートすることになります。
 
年収もかなり高く、魅力的な仕事に思えますが、その分世界中から金融に関係している情報を収集するなど仕事はとてもハードで大変です。
広く深い金融知識が必要になります。
税理士でも食べていけるのではないかと思えるくらい、実際に税理士の資格を取得することができるくらいに税金や法律知識について有していなければならないなど、「金融」という「経済」の専門分野から外れた分野の専門的知識も必要になります。

プライベートバンカーの給料手取り

上記平均給与から算出してみると、手取りはだいたい 100万円~170万円となりそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

プライベートバンカーになるには?【資格】

プライベートバンカーとして仕事をするのであれば、とても優れた金融知識を持った人材であるという証明がなければいけません。
プライベートバンカーの資格となると、公益社団法人日本証券アナリスト協会が実施運用しているPB資格ですね。
国内で初めてのプライベートバンカー資格になります。
 
金融機関に就職をして仕事をしながら資格取得をめざし、資格を取得した後にプライベートバンキングを行っている会社に就職をするというのがプライベートバンカーになるための主な流れですね。

プライベートバンカーの試験や難易度はどのくらいなの?

プライベートバンカーの試験は初級・中級・上級とに別れています。
初級は、ハッキリ言って落ちるほうが不思議なレベルの難易度です。
少なくとも、今現在金融業界に身をおいている人からすればとても簡単ですね。
合格率は92.5%となっています。
 
中級ともなると難易度は大幅にアップし、合格率も79.2%と大幅にダウン。
上級は「シニアPB」という資格になっていて、合格率は63.8%です。
シニアPBの資格は、プライベートバンカー資格の完成形のようなものですが、仕事を行うのであればシニアPBと呼ばれる上級資格がなければ厳しいですね。
 
簡単に難易度をまとめておきましょう。
・初級=金融知識がなくてもテキストを勉強するだけで合格可能
・中級=富裕層ビジネス知識が問われる
・上級=資産運用に関してかなり高度な知識が求められる

プライベートバンカーの求人募集はどこで探せばいい?

プライベートバンカーの求人募集に関しては、特別な探し方などはありません。
転職サイトなどでプライベートバンキング関連の求人を探せば見つかります。
プライベートバンキング業務を行っている金融機関の採用情報をチェックするのも方法の一つです。
ただ、ほとんどの場合は資格取得後に転職をすることになるでしょうから、転職サイトに登録して探す方法をとるほうが良いでしょう。
 
その際の注意点なのですが、エージェントによってはかなり当たり外れがあります。
金融業界で、しかもプライベートバンキングというのは特殊な業界です。
金融関係に強いエージェントの方にあたれば良いのですが、そうではないエージェントにあたった場合は、転職活動がかなり不利になる場合があります。
これについてはこちらの都合ではなく、転職サイトを運営している企業側の問題なので運の要素が付きまとってくるので、できるだけ多くのサイトに登録しておくことをおすすめします。

プライベートバンカーの過去問ってどんな問題が出てたの?

給料解説者ぺすくん

プライベートバンカーの過去問について・・・正確には過去問ではなくサンプル問題ですが、いくつか紹介いたします。
このサンプル問題と同じような内容の問題が出題されていますよ。
 
・遺言の方式と効力について、正しくないものはどれですか。
 
A.自筆証書遺言は、遺言を自分で書いて自分で管理する方法である。
B.公正証書遺言は遺言書の作成に際して、専門家である公証人が関与する。
C.公正証書遺言は、自筆証書遺言、秘密証書遺言とは異なり、検認の手続きをとる必要はない。
D.秘密証書遺言は、2人以上の証人と公証役場で内容の交渉を行って、自分の遺言書であることを証明する遺言であり、裁判所の検認手続きが必要である。
 
 
・利益配当に関する以下の記述の( )に入れるべき言葉として、最もふさわしいものはどれ。
「投資尺度としての配当利回りは、( )傾向のもとではその重要性を増すと考えられる。」
 
A.高金利
B.株価上昇
C.低金利
D.株価下落
 
 
以上のように、「正しくないものを選ぶ問題」と「空欄問題」とで試験問題は構成されています。
どの分野の試験についても同じような構成になっていますよ。
正しいものを選ぶ問題は空欄問題ばかりとなっていて、その他の選択問題は4肢択一の正しくないものを選ぶ問題となっているので注意しましょう。

プライベートバンカーの口コミお給料

給料:400万円

資産運用もしているのでこのぐらいの年収です。

給料:500万円

富裕層の方からのお金を預かり運用もしております。

プライベートバンカーの仕事の面白さや給料を教えてください

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

下記より評判を投稿する

その他の士業・コンサル系職業の給料一覧の給料一覧