マンション管理士の給料年収やなるには・求人募集・試験難易度を解説! | 給料BANK

マンション管理士の給料年収・求人募集を解説!|「給料BANK」

給料BANK > 士業・コンサル系職業の給料一覧 > マンション管理士の給料年収・求人募集を解説!

マンション管理士の給料年収や手取り額、初任給を解説!

マンション管理士の給料年収を解説します。

マンション管理士の平均給料・給与

  • 24万円
  • 20代の給料:19万円
  • 30代の給料:24万円
  • 40代の給料:30万円
  • 初任給:19万円
    補足参照ください。

※給料給与統計の算出は口コミや厚生労働省の労働白書を参考にしております

マンション管理士の給料・年収補足

20代の給料:20万円~25万円(推定)
30代の給料:25万円~40万円(推定)
40代の給料:35万円~55万円(推定)
 
 
上記平均給与から算出してみると、平均年収はだいたい
360万円~800万円となると予測されます。
 
札幌の求人調査結果:21万円~35万円(月収)
東京の求人調査結果:22万円~40万円(月収)
大阪の求人調査結果:20万円~35万円(月収)
福岡の求人調査結果:19万円~35万円(月収)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

マンション管理士の給料手取り

上記平均給与から算出してみると、手取りはだいたい
17万円~48万円となりそうです。

マンション管理士の仕事内容

マンション管理士の仕事は、マンションの管理組合・住民の相談を受け、問題対処を行うことです。
問題対処は、法律と照らし合わせて行います。
管理と聞くと、管理会社のような業務や大家・管理人を思い浮かべる人も多いでしょうが、そういった管理者とは違います。
マンションの運営がしっかりと適正に行われるようにするコンサルタントのようなものです。
仕事は、相談に応じるだけではありません。
 
管理費や修繕積立金の会計を監査したり、予算案や予算改定案を作成したりと会計的な仕事もあります。
総会や理事会を運営したり、管理規約の改正や見直しを行ったりという、運営的な仕事もあるのです。
さらにコストの見直しや削減など、今後の管理をどのように行うのか方針も示さなければなりません。
管理をどの会社に委託するのか選んだり、管理会社を変更するのも大切な仕事。
そういった仕事を行いつつも、修繕工事の諸手続き代行なども行っています。
 
仕事内容がとても多岐にわたっており、法律・会計・運営など様々な知識が必要とされる仕事なのです。

マンション管理士の仕事の面白さ・向いてる性格

マンション管理士は、さまざまな問題を解決することに、仕事の面白さがあります。
大規模修繕やスラム化防止コミュニティ形成、ペット問題など大小かかわらず大きな問題があるものです。
法律など、自分が持っている知識をフル稼働させて問題解決をする。
それによって誰かの「困ったこと」を解消できるというのは、とても大きなやりがいになります。
資格自体、難しく信用度が高いため、誇りにもなるでしょう。
 
向いているのは、物事をあらゆる角度から見ることができる、視野の広い人です。
問題解決というのは、一方向だけではいけません。
物事はあらゆる側面を持っているものですから、ありとあらゆる角度・方向・距離から見つめなければならないのです。
そのため、視野の広い人が向いていると言えます。

マンション管理士になるには?【資格】

マンション管理士になるには、公益財団法人マンション管理センターが行っている資格試験に合格しなければなりません。
この資格は国家試験で、難易度はとても高いです。
試験自体は、受験手数料の9,400円を支払えば誰でも受験することができます。
場所も札幌・仙台・東京・名古屋・広島・福岡・那覇ならびにそれら周辺の地域で行われており、どの地方の人でも参加できるようになっているのです。
 
受験までのハードルが低いことから、多くの人が受験しています。
この試験を受験し、資格を取得し、センターに登録。
その後にマンション管理士として仕事をすることができるようになりますよ。
ただし、マンション管理士の資格というのは名称独占資格であり、独占業務がありません。
 
つまりはマンション管理士の資格者だけがマンション管理士の仕事内容を行えるということではないのです。
マンション管理士が行うのは、マンションのコンサル業務ですが、他の名称で同じ仕事ができてしまいます。
そのため、マンションコンサルタントやマンションアドバイザーなど、さまざまな名称で仕事をしている人も多いです。
実は資格がなくても仕事ができそうですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

マンション管理士の求人募集の探し方やどんな業種で募集しているの?

マンション管理士の求人についてですが、一般の求人サイトなどでも見かけることがあります。
少数ですが、決して見つからないわけではありません。
ただ、マンション管理士はほとんどが独立して仕事をしているようです。
会社に属して仕事をするより、マンションのオーナーのサポーターとして仕事をするほうが、仕事の精度も高いですし、法制度が求めるところにもより適合しています。
そのため、求人も一般の正社員のような就業形態ではないことが多いです。
 
求人を探すなら、一般の求人サイト・転職サイトをじっくり調べることが大切になります。
ただ、可能であればマンション管理士としてどこかと顧問契約を交わすのが良いでしょう。
そのほうが、マンション管理士の役割をしっかりと果たすことができます。
事務所を用意する必要も特にないので、契約さえ取り付けることができれば、十分な収入につながるでしょう。

マンション管理士の試験難易度【合格点】と過去問

毎年合格率は1割に満たない様子。
平成27年度は、受験者数が1万4,092名でしたが、合格者数は1,158名で合格率は8.2%でした。
平成26年度は1万4,937名中1,260名で8.4%の合格率となっています。
合格最低点は、50問中38問以上正解。
合格者の平均年齢は、47歳程度で、最高年齢が82歳と、その年代は幅広いですね。
 
50問中38問以上で正解というと、12問間違えられると考える人も多いでしょう。
もう一度合格率を見てみてください。
12問間違えられる・・・とは言えませんね。
むしろ、それくらい間違えてしまうくらいに難しい問題だと思う必要があります。
合格している人で12問間違いなのですから、受験者の大多数はもっと間違えているのです。
 
マンション管理士になるには、この難易度の高い試験を合格し、マンション管理センターに登録しなければならないのです。

マンション管理士は独学でもいけるの?

給料解説者ぺすくん

マンション管理士の試験は難易度が高いですが、独学でも十分に可能です。
独学で合格しようと思えば、テキストを読み込むことも大切ですが、過去問を利用することが大切になります。
テキストの範囲はとても広く、書かれていることをただ暗記するのは不可能に近いです。
そのような勉強方法をとると、まず合格できないでしょう。
過去問をしっかり解いて、試験の特徴を掴むのです。
試験範囲や試験問題は、実は毎年あまり変わらない部分が多く、必ず傾向というものが存在します。
 
それはどの試験でもそうですよね。
そのため、過去問対策は本番の試験対策をすることに他ならないのです。
まずはテキストを利用し、次に過去問を重点てきに対策して傾向を掴み、またテキストに戻って勉強する。
そういった勉強方法をとっていれば、独学でも合格可能なのではないでしょうか。

マンション管理士の口コミ

給料:30万円

都内で働いています。マンション管理士としてまだペーペーです。

給料:25万円

資格試験が大変でした。

マンション管理士の仕事の面白さや給料を教えてください

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

下記より評判を投稿する

その他の士業・コンサル系職業の給料一覧の給料一覧