広告代理店の給料年収・仕事内容、給料ランキングを解説! | 給料BANK

広告代理店の給料年収・初任給・仕事内容を解説!|「給料BANK」

給料BANK > 士業・コンサル系職業の給料一覧 > 広告代理店の給料年収・初任給・仕事内容を解説!

広告代理店の給料・年収や手取り額を解説!

広告代理店の給料・年収を解説します。

広告代理店_top

いいねやツイートしていただけると喜びます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

広告代理店の平均給料・給与

  • 38.1万円
  • 20代の給料:27万円
  • 30代の給料:35万円
  • 40代の給料:43万円
  • 初任給:20~万円
    ※補足を参照ください

※給料給与統計の算出は口コミや厚生労働省の労働白書を参考にしております

広告代理店の給料・年収補足

20代の給料:20万円~30万円(推定)
30代の給料:35万円~45万円(推定)
40代の給料:35万円~50万円(推定)
 
 
上記平均給与から算出してみると、平均年収はだいたい
550万円~670万円となると予測されます。

広告代理店画像1

スポンサーリンク
スポンサーリンク

広告代理店の仕事内容

クライアントの要望を受けて、広告を作るのが、主な仕事です。
広告を作るためには、きっちりとしたデータが必要。
広告の宣伝文句を作るためには、その宣伝文句の根拠となるようなものが必要になりますし、ターゲットなどをきっちりと調査しなければいけません。
広告を出す商品のライバル製品にはどんなものがあるかなども視野にいれ、調査し、企業マーケティングを意識した広告の提案をします。
 
ときには、イメージ操作をするためだけに広告を作るということもあり、志が高すぎる人や理想が高すぎる人にはつらい仕事をすることもある仕事です。

広告代理店の給料手取り

上記平均給与から算出してみると、手取りはだいたい
40万円~50万円となりそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

広告代理店になるには?

広告代理店で働くには、特に特別な資格や学歴が必要なわけではありません。
最低限、大学を出ていれば問題無いです。
どんな学部の人でも問題はありませんが、やはり「広告」に携わる仕事であるからには、マーケティングというものについて理解をしている必要があります。
 
マーケティングについて学んだ人が有利になるという傾向は結構強いかもしれません。
 
ただ、広告代理店で働くにはいろいろなスキルが必要です。
マーケティングについてはもちろんのことですが、時にはデザインのスキルが必要になることもありますし、カメラを使えるというのも強いですね。
コピーライティングができるというのも、広告代理店で働くには良いスキルです。
 
ただ、全てを自分ひとりで有している必要はありません。
どこもだいたい分業体制になっています。
コピーはコピーライターに任せ、バナーなどのデザインはデザイナーに任せる。
そういった体制で働くことになるので、いろいろなスキルを持った人が会社に存在します。
卒業した学部や学科も人それぞれですね。

広告代理店の給料ランキング(1位~5位くらいまで)

5位は、GNU。
ネット広告事業を手がけている広告代理店で、平均年収は646万円。
 
4位は、サイバーエージェント。
今となってはかなり大きなブログサービスとなった、Amebaを手がけているインターネット広告代理店ですね。
キュレーションサイトなどの運営も行っていたりと、幅広く事業を展開しています。
平均年収は665万円。
 
3位は、アサツーディ・ケイ。
ドラえもんやクレヨンしんちゃんなど、さまざまなアニメの制作に携わっている広告代理店。
アニメーション制作などがこの会社の強みです。
平均年収は766万円。
 
2位は、博報堂DY HD。
電通と並んで「デンパク」と称されているうちの「パク」
博報堂・大広・読売広告社の親会社です。
平均年収は、1,052万円。
アサツーディ・ケイから一気に金額が上がりましたね。
 
1位は、電通。
国内の広告業界首位の会社。
ネット広告事業などにもかなり力を注いでいます。
スポーツやアニメ業界にもかなり進出しており、制作やイベントにかかわっている特徴がありますよ。
天空の城ラピュタや、もののけ姫などのジブリ作品にも多く関わっています。
国内国外問わず人気のあるアニメ映画などに多く携わっていることでも知名度が高く、CMでは「豆しば」などを生み出したことで有名です。
 
平均年収は、1,191万円となっています。
電通は、現在も売上高を伸ばし続けて成長を続けている大企業。
いろいろな子会社も持っています。
制作に関わったCMやアニメは、アニメを見ない人でも、CMに興味が無い人でも絶対に知っているものがいくつかあることでしょう。

広告代理店の営業職って給料高いの?(有名企業の求人などみてみてください)

広告代理店の営業職というと、昔から給料が高いイメージがありますよね。
電通だと30代で1000万円を超えると言われていた時代もあったほどです。
でも、現在はどのようになっているのでしょうか。
 
ネット上で語られている実際の年収や、求人などに掲載されている目安を見ていきましょう。
まず、最初は月給24万円から40万円で、経験などによって左右されることが多くなっています。
これは中途採用の場合ですね。
新卒であれば、20万円から24万円ほどで安定しているようですが、それでも一般的な新卒の給料としては高いほうです。
 
そこから年々昇給していき、30代になる頃にはだいたい500万円ほど。
35歳になる頃には550万円、40歳になる頃には600万円というところでしょうか。
能力が高ければ、40歳で800万円を超えているということもあり得ます。
 
電通などであれば、30代で1000万円とはいきませんが、40代になれば問題なく1000万円の年収を得ることもできるでしょう。
能力が高ければ、30代で1000万円も可能かもしれません。
昔に比べればそれほどでもないのでしょうが、現在のご時勢において、この年収はかなり高いと言えます。

広告代理店に就職するための志望動機ってどんなのがいいの?

給料解説者ぺすくん

広告代理店では、自らの志望動機や人格などを適切かつわかりやすく端的に答えることが望まれます。
表現力・コミュニケーション能力・志望動機の三つが伝わるような志望動機がいいですね。
そのために、まずは志望する企業の調査から始めましょう。
その企業ではどのような事業が行われているのか、現在どのような事業に力を入れているのか。
さまざまなことを調査し、それを主軸にすえて志望動機を書くというのが良さそうです。

広告代理店の口コミお給料

給料:70万円

歩合制です。稼げるところは稼げますよ

給料:20万円

ネット専門の広告代理店です。まだ無名なので給料はそんなに高くないです。

広告代理店の仕事の面白さや給料を教えてください

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

下記より評判を投稿する

その他の士業・コンサル系職業の給料一覧の給料一覧