人事部の給料年収や手取り・求人募集や志望動機・資格を解説! | 給料BANK

人事部の給料年収・初任給・仕事内容を解説!|「給料BANK」

給料BANK > 一般系職業の給料一覧 > 人事部の給料年収・初任給・仕事内容を解説!

人事部の給料・年収や手取り額を解説!

人事部の給料・年収を解説します。

jinji_top

いいねやツイートしていただけると喜びます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

人事部の平均給料・給与

  • 31万円
  • 20代の給料:20万円
  • 30代の給料:30万円
  • 40代の給料:45万円
  • 初任給:18~万円
    給与年収については補足参照

※給料給与統計の算出は口コミや厚生労働省の労働白書を参考にしております

人事部の給料・年収補足

20代の給料:20万円~30万円(推定)
30代の給料:30万円~45万円(推定)
40代の給料:45万円~50万円(推定)
 
上記平均給与から算出してみると、平均年収はだいたい
500万円~600万円となると予測されます。
 
札幌の求人調査結果:19万円~50万円(月収)
東京の求人調査結果:20万円~50万円(月収)
大阪の求人調査結果:20万円~60万円(月収)
福岡の求人調査結果:15万円~40万円(月収)

人事部画像1

スポンサーリンク
スポンサーリンク

人事部の仕事内容

人事部は、人材によって会社を発展させるというのが役割です。
できるだけ優秀な人材を採用するということは、その役割を果たすための業務の一環となっています。
採用をするだけが人事の仕事ではありません。
 
まず、人事部の仕事は人事企画・採用関連・教育研修関連・評価関連・労務関連業務といった五つの仕事に分かれています。
人事企画は、人員配置などを練る仕事です。
採用関連は、人事と聞いてイメージするように、求人を出したり面接官として面接をしたり、採用に関わる仕事になります。
採用イベントの企画運営も人事の仕事ですよ。
 
また、採用した人材の研修や教育の一部を人事が担います。
ビジネスマナー関連の研修、スキルアップ研修などは外部に委託することも多いですね。
外部に委託するとしても、社員にどんな研修を施す必要があるのかを考えるのは人事の仕事となっています。
 
社員を評価して報酬制度を構築するのも、人事の仕事となっています。
公平な評価をして、評価と報酬を結びつけるのです。
労務は、福利厚生などの仕事となっています。
 
こうしてみると、人事部の仕事は採用を行うだけではないということがわかりますね。
社内の「人材」に関わることならなんでもこなすというのが、人事部の仕事です。

人事部の仕事の面白さ・向いてる性格

人事部の仕事には、決まりきった定石がありません。
臨機応変に判断し、対応しなければならない場面が非常に多く、そういったところが面白さとなっています。
また、自分が採用した人材が高い評価を得ると、自分まで嬉しくなるようです。
多くの仕事をこなすことにはなりますが、その分達成感もあります。
 
より良い人材を採用できたとき、それによって会社の業績があがったときには、とても大きなやりがいを感じる。
そうしていくうちに、退職者の少ない組織になっていく。
自分の仕事が組織を変えることがあるというのが、とても面白いところなのではないでしょうか。
 
向いているのは、ひとりひとりとのつながりを大事にできる人です。
人と向き合う仕事なので、人を大事にして仕事をしなければなりません。
人事の仕事をしていると、人がコマのように見えてきてしまうのですが、そう見えていても、その人の人格や能力を見て、より良い判断ができる人でなければ、ならないのです。
そのため、人を大切にする人が向いています。

人事部の給料手取り

上記平均給与から算出してみると、手取りはだいたい
17万円~35万円となりそうです。

人事部になるには?

人事になるには、特別な学歴や資格などは必要ありません。
ただ、会社に就職して、その会社の人事部に配属されれば良いのです。
簡単に言いましたが、新卒社員で人事部に配属される人数は、とても少ないというのがほとんど。
 
企業の方針によっては、営業などの現場職を体験させてから、内部管理をさせるということもあります。
人事部に配属されるかどうかは、運の要素が大きいですね。
人事の仕事をしたいという意思表示をしながら仕事をしていると、異動の声がかかることもあるかもしれません。
 
中途採用の場合は、最初から人事で求人が出されています。
人事は未経験でもOKとしているところが多いため、未経験の転職でも十分職に就けるでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

人事部に入る志望動機ってどんなのがあるの?

人事部の志望動機としては、人事部門の仕事に関係している能力をアピールするようにして作る人が多いようです。
たとえば、大学時代は部活で部長をしており、新人の教育などをしていたという経験から人事部の仕事に対する興味や適正の話につなげていくなどというような志望動機ですね。
バイトリーダーで、採用に関しても関わる仕事をしていたというのであれば、それがそのまま志望動機になります。
 
前職での経験を踏まえて志望動機を作る人も多いです。
人事の志望動機のポイントは、採用や教育関連の仕事に対して自分をアピールすること。
コミュニケーション能力が高い、人を指導する立場にあった経験があるなどですね。

人事が持っておくといい資格ってある? 

人事は、衛生管理についての仕事を行うこともあるため、衛生管理者の資格を取得していると良いでしょう。
この資格を持っていると、衛生管理の仕事を他の人よりもしっかりと行えるというアピールになります。
国家資格で、50人以上の職場には必ず一人は設置しなければならないとされているものです。
 
また、社会保険労務士も良いですね。
労務関係の仕事は未経験の場合難しいと感じる人も多く、慣れるまでは大変です。
資格を取っておいて、労務関連の知識を身につけておけば、仕事を覚えるのも速いでしょう。
ただ、これは実務経験が必要な国家資格なため、取得は難しいですね。
 
他にも、キャリア・コンサルティング技能士や労働衛星コンサルタント・産業カウンセラーなどが役に立つのではないでしょうか。

人事セミナーってどんなのがあるの?

給料解説者ぺすくん

さまざまな学校や会社が、人事部のセミナーを開催しています。
その内容はさまざまで、仕事内容と仕事の流れを学ぶセミナーから、人事戦略を学ぶセミナーまで、多彩な内容となっているのです。
例えば、セミナーによっては「面接官を育成する」という観点で行っていたり、「経営と人事のあり方」という観点で行っていたりします。
 
どれも無料のものが多いですね。
申し込みをすれば誰でも参加できるものから、人事担当者のみが参加できるものまであります。
そのため、対象者や申し込み資格などについてはしっかりとチェックしておきましょう。
誰でも参加できるものは、人事の仕事を体系的に学ぶセミナがーが多く、人事担当者のみが参加できるものは、より実際的な業務に関するセミナーであることが多いです。

人事部の口コミお給料

給料:35万円

中堅会社の人事担当。それなりにお給料はいいですが新卒採用が近づくにつれどんどん忙しくなります。

給料:45万円

人事はここ最近大事だと言われておりプレッシャーもかかります。社員に辞められるのが続くと労基が怖いです

人事部の仕事の面白さや給料を教えてください

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

下記より評判を投稿する

その他の一般系職業の給料一覧の給料一覧