企画・経営職の給料年収や手取り・求人募集や資格を解説! | 給料BANK

企画・経営職の給料年収・初任給・仕事内容を解説!|「給料BANK」

給料BANK > 一般系職業の給料一覧 > 企画・経営職の給料年収・初任給・仕事内容を解説!

企画・経営職の給料・年収や手取り額を解説!

企画・経営職の給料・年収を解説します。

kikaku_top

いいねやツイートしていただけると喜びます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

企画・経営職の平均給料・給与

  • 40万円
  • 20代の給料:30万円
  • 30代の給料:40万円
  • 40代の給料:50万円
  • 初任給:14~万円
    給与年収については補足参照

※給料給与統計の算出は口コミや厚生労働省の労働白書を参考にしております

企画・経営職の給料・年収補足

20代の給料:17万円~40万円(推定)
30代の給料:20万円~45万円(推定)
40代の給料:25万円~65万円(推定)
 
上記平均給与から算出してみると、平均年収はだいたい
600万円~750万円となると予測されます。
 
札幌の求人調査結果:20万円~60万円(月収)
東京の求人調査結果:20万円~45万円(月収)
大阪の求人調査結果:20万円~45万円(月収)
福岡の求人調査結果:17万円~65万円(月収)

企画部経営部画像1

スポンサーリンク
スポンサーリンク

企画・経営職の仕事内容

企画の仕事は、マーケティングを行うことです。
マーケティングというのは、顧客が求めている商品またはサービスなどをつくって、その情報を顧客に届ける活動のこと。
顧客がどのようなものを求めているのかリサーチをする仕事、リサーチ結果を元に商品・サービスを考案する仕事・広報までを指しています。
 
まず、企画は市場調査・分析を行います。
これによって、ターゲットの嗜好や志向を探るのです。
また、競合他社や世界各国の情勢・動きなどについても調査して、企画の方向性を決めるための指標とします。
調査は、訪問・電話・郵送・インタビュー・ネットなどでアンケートを行うというのが一般的です。
 
調査した結果を分析したものを元にして、商品を企画。
これが一番わかりやすい仕事でしょう。
そして、どうやって売るのかも考えるのです。
どうやって売るのかということは、商品企画をする人と広告・宣伝をする人と一緒に行います。
 
そして広報・PR・販売促進活動をしていくのが、企画の仕事です。
とは言っても、企画にはさまざまな種類があるため、細部は種類ごとに異なります。

企画・経営職の仕事の面白さ・向いてる性格

新しいものを作るわけですから、さまざまなトラブルが発生します。
日常茶飯事的に多発するトラブルを乗り越えた末に、企画物が世に出たときには、とても大きな達成感が味わえる。
それが、企画職の仕事の面白さです。
その達成感は、次のプロジェクトに対するモチベーションとなり、それを繰り返していくことで、企画は楽しく面白く仕事をしているというわけですね。
 
また、その企画物に対してユーザーから何かしらの反響があったときにはとてもやりがいを感じるようです。
思ったとおりの反応が得られると、思わずニヤリとしてしまいそうですね。
 
この仕事に向いているのは、とにかく、新しいものが好きという人。
新しいものがあったら、思わず手にとってしまうという人は向いているでしょう。
また、新しい「こと」にチャレンジする精神が豊富な人も向いています。
 
何度企画を没にされても、めげない精神も必要ですね。

企画・経営職の給料手取り

上記平均給与から算出してみると、手取りはだいたい
30万円~40万円となりそうです。

企画・経営職になるには?

企画の仕事につくには、特別資格や学歴が必要とはされていませんが、業界の知識が無ければなりません。
深い知識でなくとも、その業界に関して、最低限の知識は持ち合わせていたほうが良いでしょう。
また、この仕事は未経験の採用も積極的に行われる傾向があります。
 
特に商品企画となると、ユーザー目線に考えることや、新しい考え・感性を持った人が欲しいということで、未経験が採用される可能性が高いのです。
経験者は前の職場での企画のノウハウや、前の職場での考え・感性が抜け切れない人も多く、企業によっては敬遠されたりもしますね。
 
企画部になるには、普通に企業の採用試験を受けて入社することが必要です。
中途採用だと、はじめから企画部で応募がされていますよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

企画・経営職が持っておくといい資格ってある?

企画はマーケティングに関わる仕事なので、ビジネス・キャリア検定のマーケティング検定は持っておくと良いでしょう。
商品企画の場合はもちろん、他の種類の企画職でも役に立ちます。
ビジネス・キャリア検定のものでなくても良いので、何かしらマーケティング関連の検定は受けておきたいところですね。
 
また、商品プランナーの資格も持っておくと有利です。
これは年齢・性別・学歴・国籍などは問われず、誰でも受けることができる試験です。
商品企画関連の仕事をしたいと思っているなら、取っておいて損はありません。
 
商品企画ということであれば、商品開発士の資格も良いですね。
市場目線での商品開発・改良を行う際のマーケティング方法の指導を行うのが、商品開発士。
その資格を取得すれば、その知識とスキルを企画に活かすことができます。
また、資格を取得してからも、全国でフォローアップ研修を行っているため、知識や技術を維持できますよ。
企業からの信頼も厚いです。

企画部の種類ってどんなのがあるの?

企画職の種類は、まず商品企画・事業企画・経営企画があります。
商品企画はとてもイメージしやすいですよね。
事業企画職というのは、今ある事業を見直し、効率化をはかったり、収益拡大を図るのが仕事です。
そのための戦略を練り、会社の資源をどう活かしていくのかを考えます。
 
経営企画職というのは、企業の経営の方向性について考える仕事です。
役員の意思決定を補助するというのが、経営企画の役割となっています。
とても重大な仕事なので、求められるスキルもとても高く、他部門で実績を上げ、会社からの信頼がないと就くことが困難な部門です。
 
以上が一般的に企画職と認識されている仕事になります。
他にも、広告宣伝・広報PRについても企画系の職種とするところもありますよ。
企画職がマーケティングを行う仕事だと定義するのであれば、広報なども企画職の一種です。

企画部・経営部はエリートが多いの?

給料解説者ぺすくん

企画というと、会社においてとても大切な部分を担っている仕事ですよね。
そのまま会社の利益や経営に関係してくるような仕事が多いため、エリートが多いというイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。
実際、企画部はエリートが多いのかということですが、それは企画職の種類や会社によります。
 
たとえば、会社によっては、経営企画はエリート部署となっていますね。
経営方針を左右する部署なので、当然といえば当然かもしれません。
けれども、商品企画に関しては、エリート部署というような話はあまり出回りませんね。
柔軟な発想が求められたり、柔軟に視点を転換させなければならない仕事です。
効率的ではないことも行わなければならないということで、エリートは敬遠される傾向もあります。
 
そのため、一概にエリートが多いというわけではありません。
ただ、企画に憧れる人は多いようですね。

企画・経営職の口コミお給料

給料:40万円

商品企画やってます。PRなどの販促も戦略考えています

給料:30万円

広告の企画やっています。広告代理店です。

企画・経営職の仕事の面白さや給料を教えてください

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

下記より評判を投稿する

その他の一般系職業の給料一覧の給料一覧