ライターの給料年収や手取り、求人・時給単価相場を解説! | 給料BANK

ライターの給料年収・初任給・仕事内容を解説!|「給料BANK」

給料BANK > その他専門的分野の給料一覧 > ライターの給料年収・初任給・仕事内容を解説!

ライターの給料・年収や手取り額を解説!

ライターの給料・年収を解説します。

writer_top

いいねやツイートしていただけると喜びます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ライターの平均給料・給与

  • 21.6万円
  • 20代の給料:15万円
  • 30代の給料:20万円
  • 40代の給料:30万円
  • 初任給:1万~万円
    紙とウェブではかなり記事単価の差がでるようです。

※給料給与統計の算出は口コミや厚生労働省の労働白書を参考にしております

ライターの給料・年収補足

20代の給料:14万円~20万円(推定)
30代の給料:14万円~25万円(推定)
40代の給料:14万円~30万円(推定)
 
 
上記平均給与から算出してみると、平均年収はだいたい
240万円~260万円となると予測されます。
 
札幌の求人調査結果:求人無しのため不明
東京の求人調査結果:20万円~25万円(月収)
大阪の求人調査結果:求人無しのため不明
福岡の求人調査結果:求人無しのため不明
 
ある紙媒体の相場の場合だと、ページ単価で1万円がだいたいの相場として、記事が1/4ページとしたら1記事2500円になります。
1ページまるまる書けば、1万円。
 
ネットだと文字数単位で計算することが多いですが、紙媒体よりはかなり安いのが一般的です。
1文字0.5~1円という相場もあるそうです。そのため、5000文字で2500円~5000円ぐらい。
※もっと安いことも・・・。
 
またこれが記名のコラムだったり、無記名のデータメインの紹介記事とかの別でも値段は変わってくるかと。
記名でコラムを書けるのはやはりベテランやもともと有名人の方で、初心者は無記名から始めることになるでしょう。

ライター画像1

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ライターの仕事内容

ライターの仕事内容は、とても多岐に渡ります。
全てに共通しているのは「誰かのためになる」「誰かに感情を抱かせる」文章を書くという点です。
ただ文章をまとめるだけの仕事もありますが、ライターは基本的に「誰かのため」「感情を抱かせる」ということに重点を置いて仕事をしています。
 
また、ライターといっても様々な種類があります。
コピーライター・Webライター・パチスロライターなどですね。
近頃はパチスロライターの仕事が注目を浴びることもあり、人気の職種のひとつとなっています。
それぞれ書くテーマや扱う媒体などが違うため、呼び分けられているのです。

ライターの給料手取り

上記平均給与から算出してみると、手取りはだいたい
15万円~20万円となりそうです。

ライターになるには?【資格・合格率・難易度】

ライターの能力の高さを測るための検定試験などはありますが、ライターをするために必要な資格はありません。
ライターとしての能力の高さを測るための検定は、一般社団法人日本WEBライティング協会が行っているライター技能士検定というものがあります。
3級から1級までがあり、3級は仕事をするための最低限のスキルを持っているという基準、2級は仕事を行うのに十分なスキルがあることの証明になるものです。
1級は高度な仕事もできるということを示します。
 
就職に関しては多少有利になるかなといったところです。
フリーランスであれば少しは契約がとりやすくなるでしょうが、フリーの場合はテストを設けて能力を測ることが多いので、そこまで深くは関係しません。
 
自分の現在のスキルがどのようなものか、基準がほしいという人は受けてみても良いでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ライターのアルバイトは時給だとどのぐらい?

ライター業界でアルバイトを雇っていることは珍しいのですが、時給はどの地域・会社でもある程度統一されている傾向があります。
どの求人を見ても、アルバイトの時給は1000円前後です。
時給1000円前後というと「やや高い」と感じる程度でしょうか。
コールセンターに比べると同じくらいか少し低い程度ですね。
 
ライター業界全体で考えると、この時給は決して低くはありません。
バイトの時給としてはとても妥当だと言えます。
 
ちなみに、アルバイトよりも派遣のほうが求人数が多い傾向がありますが、派遣の時給は1,500円から1,700円程度が相場です。
これは都内の薬剤師の薬局・ドラッグストアのパートの時給の下限と同程度となっています。

ライターの仕事の面白さ

ライターの仕事というのは様々な情報を発信していくことです。
同時に、ライター自身が様々な情報を得ることでもあります。
自分がすでに持っている知識や経験を活かして仕事をするようなこともありますが、もともとは詳しくなかった分野に関する仕事をすることもあるのです。
 
その際、リサーチをして執筆することになります。
知らなかった・知り得なかった情報を自分のものとするのはとても面白いものです。
 
さらに、自分の得意分野をアウトプットできるという面白さもあります。
パチスロライターなんかがその典型と言えるでしょう。
自分が好きで得意分野としているパチスロに関する情報を書くことによってお金が貰えるのですから、とても面白い仕事です。
 
ただ、ライターは基本的に薄給と言われています。
平均年収も低いですし、時給換算すると1000円にも満たない800円にも満たないこともあるのです。
お金のために仕事をするという人には向きません。
 
向いている人は、仕事を趣味として楽しめる人でありながら、物事に対して深く追求できる人です。
多角的に物事を見る人も向いています。

フリーで活躍するライターだと記事単価はどのくらいなの?

フリーランスとして活躍しているライターは、時給や月給ではなく記事単価や文字単価で仕事をしています。
この記事単価や文字単価というのは、メディアや企業によってピンからキリまであるので一概に語ることはできません。
ただ、超大手メディアは1記事あたり5000円~としているという口コミもありました。
 
記事単価で報酬を出しているところは大手であることが多いです。
ただし、そういった大手メディアは採用ハードルが高いため、なかなか手をつけることができていないフリーライターが多くいます。
そういった人は文字単価で契約をしているのですが、文字単価の平均は0.4円程度となっているようです。
 
これは1文字書いて0.4円、1000文字書いて400円となっています。
ただ、専業ではない人も含めている平均額なので、専業ライターのみで算出すると、もう少し高くなるでしょう。

ライターとして活躍したい人のためのおすすめ雑誌やニュースメディア

給料解説者ぺすくん

ライターとして活躍したいのであれば、ファッション、スポーツ、グルメなど専門職の場合、文章力よりも取材力が必要とされ、出版社への営業活動もしくはコネ作りをすることが大前提だそうです。
また、出版とWebでは業界が断絶しており、別業種と言ってもいいぐらいなので、どういう業界で活躍したいかによって、戦略が変わりそうですね。
 
ウェブライターで活躍したいのであれば、大手サイトで執筆してみること。
大手と言えるようなところは、ライフハッカー・ねとらぼなんかがその典型ですね。
ライフハッカーはその名前のとおり、日常生活に役立つ情報や、日常生活に密接した情報などをメインとしているサイトです。
 
ねとらぼは、インターネットで話題になったこと・これから話題になりそうなことを集めているサイトになっています。
これらは記事の単価も要求される質も高いため、ライターとして活躍するのであればおすすめです。
 
また、ガジェット通信などもおすすめできます。
ガジェット通信はまず、誰でも投稿できる「連載.jp」というサイトのライターとして無報酬で記事を執筆します。
そこで編集たちの目にとまったらガジェット通信のライターとして採用されるというわけです。
参入がしやすく、何度も記事を書いていくうちに練習にもなるので、おすすめできます。
 
これから頑張りたいというライターには「Ameba みんなの編集局」もおすすめです。
アメブロなどを運営しているサイバーエージェントのキュレーションサイトである「Spot light」などに投稿することになります。
ライターをランク付けしており、記事のアクセス数やランク・報酬レートなどによって報酬が決まります。

ライターの口コミお給料

給料:10万円

フリーランスライターです。主婦なので小遣い稼ぎでネットでかいています。

給料:13万円

ライター業務以外に己でサイト運営。両方合わせると月25万ぐらいです。

ライターの仕事の面白さや給料を教えてください

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

紙媒体メインのフリーライターです。ファッション、スポーツ、グルメなど専門職の場合、文章力よりも取材力が必要ですし、出版社への営業活動もしくはコネ作りをしない限り、そちらへの道は拓けません。出版とWebでは業界が断絶しており、別業種と言ってもいいぐらいです。「

その他のその他専門的分野の給料一覧の給料一覧