テーブルコーディネーターの給料年収や手取り・求人募集や有名人を解説! | 給料BANK

テーブルコーディネーターの給料年収・初任給・仕事内容を解説!|「給料BANK」

給料BANK > その他専門的分野の給料一覧 > テーブルコーディネーターの給料年収・初任給・仕事内容を解説!

テーブルコーディネーターの給料・年収や手取り額を解説!

テーブルコーディネーターの給料・年収を解説します。

テーブルコーディネーター_top

いいねやツイートしていただけると喜びます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

テーブルコーディネーターの平均給料・給与

  • 22万円
  • 20代の給料:15万円
  • 30代の給料:20万円
  • 40代の給料:30万円
  • 初任給:15~万円
    給与年収については補足参照

※給料給与統計の算出は口コミや厚生労働省の労働白書を参考にしております

テーブルコーディネーターの給料・年収補足

20代の給料:15万円~20万円(推定)
30代の給料:20万円~30万円(推定)
40代の給料:30万円~(推定)
 
上記平均給与から算出してみると、平均年収はだいたい
400万円~500万円となると予測されます。
 
札幌の求人調査結果:求人無しのため不明
東京の求人調査結果:18万円~30万円(月収)
大阪の求人調査結果:求人無しのため不明
福岡の求人調査結果:求人無しのため不明
 
※実際には資格取得後、先生として講座を開く個人事業主が多いです。
講座は都内で8000円~というものがありました。

テーブルコーディネーター画像1

スポンサーリンク
スポンサーリンク

テーブルコーディネーターの仕事内容

テーブルコーディネーターの仕事は、食卓を演出することです。
食卓というのは、さまざまな感情が生まれる場所。
食卓に何かしらの演出を加えれば、それだけでその食卓につく人たちの会話を弾ませたり、心を豊かにすることができます。
 
料理だけではなく、テーブル全体の雰囲気を演出するのが、テーブルコーディネーター。
基本的には、料理や器選びから室内のレイアウトまでを総合的に任されることが多く、演出対象はテーブルを取り囲む空間全体となっています。

テーブルコーディネーターの仕事の面白さ・向いてる性格

テーブルコーディネーターの仕事は、より美味しく食事を楽しめるために空間をデザインすること。
その面白さというのは、さまざまなところにあります。
単純にお客様に楽しんでいただける、喜んでいただけるということも面白さですよね。
「ありがとう」と言ってもらえることはそこまで多くはありませんが、自分が演出した空間で楽しそうに会話をする人たちを見て、もっと頑張ろうと思えるものです。
 
お客様のことを考えて、自分のセンスも発揮させて空間作りをしていく。
その仕事や作業自体も、とても面白いものと言えるのではないでしょうか。
 
向いているのは、さまざまな観点から物事を見て判断することができる人です。
テーブルだけにこだわっていては、テーブルコーディネートとは言えません。
納得がいかないところがあったときに、どこに納得がいっていないのか、様々な視点で見極めることが大切です。
そのため、そういった人が向いていると言えます。
 
性格でいえば、大胆さと繊細さを兼ね備えている人です。

テーブルコーディネーターの給料手取り

上記平均給与から算出してみると、手取りはだいたい
12万円~25万円となりそうです。

テーブルコーディネーターになるには?

テーブルコーディネーターの資格には、食空間コーディネーター資格ものがあります。
これは、NPO法人食空間コーディネート協会が認定している資格制度です。
以前はテーブルコーディネーター資格制度と呼ばれていたのですが、現在は食空間コーディネーター資格制度と呼び方を変え、テーブルの上のみにとどまらない、総合的な食空間のコーディネーターを育成することを目的としています。
 
3級・2級・1級があり、3級は全くの未経験でも挑戦できるようになっています。
協会が主催している講習会を受講したり、テキストを使って勉強をすることによって合格を目指すもの。
スクールに通う必要はありません。
2級は筆記試験と実技試験があり、筆記試験合格者は協会認定講師の指導のもと、実技講習を受けることになります。
そうやって実技試験に臨むのです。
審査方法は、写真審査となっています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

テーブルコーディネーターの求人募集の探し方

テーブルコーディネーターの求人ですが、転職サイトなどで探す方法もあります。
ただ、テーブルコーディネーターと検索をかけても、あまり多くの求人が見つかりません。
あまり一般的ではない職業ということで、求人が見つかりにくいのです。
 
もうひとつ、協会の会員企業の求人を探し、テーブルコーディネーターに該当するような職種を探すという方法もあります。
会員企業は、Rinnai、GreenHouseなどさまざまなものがありますよ。
実際には、この資格を取得して講座を開く、またケータリングスタッフの一人として働く事が多いようです。
 
ほぼ先生として活躍する方が今の現状ではメインとなっております。

テーブルコーディネーターでの有名人一覧

テーブルコーディネーターとして有名な人を数人紹介します。
まずは、佐藤紀子さんです。
1969年生まれ、SugarLabの主催として活躍しています。
マレーシアの首都であるクアラルンプールでもSugarLabの活動をしており、現在では東京で「おもてなし料理&スタイリング教室」を行っているようです。
テーブルコーディネーターとして、多数の業務を行っており、現在は講師や執筆業などをメインにすえています。
 
光文社の創立70周年イベントのバックステージケータリングを担当していたりと、大きな仕事も多数行っている人です。
 
この人は少し違うかもしれませんが、芸能人でテーブルコーディネーターの資格を取得した保田圭さんも、有名ですね。
テーブルコーディネーターと調べると必ず出てきます。
 
また、株式会社dining&style代表の山本侑貴子さんも有名です。
銀座のショールームでイベントを開催したり、度々レッスンを行ったりしています。
仕事と日常で作っている料理やテーブルの様子がブログで公開されているので、テーブルコーディネーターに興味がある人は、参考までに覗いてみるのも良いのではないでしょうか。
参考になりそうな写真も多数掲載されていますよ。

テーブルコーディネーターの教室ってどんなのがあるの?

給料解説者ぺすくん

テーブルコーディネーターの教室ということであれば、JTS(Japan Table coordinate School)がまず挙げられます。
初級・中級・上級・講師育成コース・ビジネスBASICコース・ビジネスマスターコースなどコースが多彩。
さまざまな人が教室に通っています。
初回は500円からで、お試し体験も可能となっているため、気軽に参加できますね。
通信講座も用意されているので、近くにスクールが無いという場合でも安心です。
スクールは、宮城・埼玉・静岡・岐阜・愛知・滋賀・三重で開かれていますよ。
 
また、Salon de Apple Table Coordinate Schoolという神戸のスクールもあります。
ここでは、洋書スタイルのテーブルコーディネートが学べるようです。
体験レッスンもありますし、資格取得のコースもあり、ブログで教室の様子などが描かれているため、気になる人は覗いてみると良いでしょう。

テーブルコーディネーターの口コミお給料

給料:25万円

自営業というかフリーでやってます。

給料:10万円

教室を開いてます。主婦業の片手間でやってます。

テーブルコーディネーターの仕事の面白さや給料を教えてください

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

下記より評判を投稿する

その他のその他専門的分野の給料一覧の給料一覧