出版社の給料年収・出版社ランキングや求人募集を解説! | 給料BANK

出版社の給料年収・初任給・仕事内容を解説!|「給料BANK」

給料BANK > その他専門的分野の給料一覧 > 出版社の給料年収・初任給・仕事内容を解説!

出版社の給料年収や手取り額、初任給を解説!

出版社の給料年収を解説します。

出版社の平均給料・給与

  • 40万円
  • 20代の給料:30万円
  • 30代の給料:45万円
  • 40代の給料:60万円
  • 初任給:20~万円
    ※補足を参照ください

※給料給与統計の算出は口コミや厚生労働省の労働白書を参考にしております

出版社の給料・年収補足

20代の給料:20万円~30万円(推定)
30代の給料:30万円~45万円(推定)
40代の給料:40万円~60万円(推定)
 
 
上記平均給与から算出してみると、平均年収はだいたい
550万円~610万円となると予測されます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

出版社の仕事内容

出版社の仕事と言っても、いろいろな仕事があります。
ザ・出版の仕事というイメージの編集(企画)・営業・制作管理。
だいたい大きくわけると、以上三つの部類に分けられます。
 
まず営業。
書店に対して新刊案内を行ったり、配本部数の交渉を行ったりする仕事がメインです。
出版社から出版された本を書店に出回らせるために交渉をする仕事ですね。
本の橋渡しをする仕事ということです。
また、納品・集金といったルートセールスも行っていますし、企画のネタ集めも営業の仕事のうち。
広告営業も行っていたりと、さまざまな仕事をします。
クライアントを開拓するための新規開拓営業も行いますし、広告代理店への企画の打ち合わせ・交渉なども営業の仕事です。
 
制作管理は、書籍制作に関するさまざまなものを管理する仕事。
どの企画にどれほどの予算を割くことができるのか、コストセーブをするにはどうするかなど、お金の面で頭を悩ませます。
お金で頭を悩ませたあとは、編集者やイラストレーター・外部ライターなどさまざまな人たちとの間を行ったり来たりして進行管理、スケジュール管理などに頭を悩ませることになるのです。
いろいろな面で頭を悩ませるような、地味な仕事が多いかもしれませんが、この人がいないと成り立ちません。
 
編集は、本の企画などを行って原稿を作ったり、写真撮影をしたりします。
場合によっては編集者が原稿・取材・写真撮影を行いますが、著者がいる場合には著者の原稿の校正をするというのが編集者の仕事です。
前者のような仕事をするときは、編集者が企画を持ち込んだときなどですね。

出版社の給料手取り

上記平均給与から算出してみると、手取りはだいたい
20万円~40万円となりそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

出版社になるには?【資格】

出版社で働くのに必要な資格はありません。
また、持っていれば有利になるという資格も特にありません。
パソコン関連の資格や、校正技能検定を持っていたとしても、出版社で働くことができない人はできませんし、持っていなくても、働ける人は働けます。
 
大切なのは「資格を持っていること」ではなく「実力・得意分野を持っていること」です。
編集者なら編集者としての実力・・・文章表現力・調査力・企画力・コミュニケーション能力など。
そういった実力を持っていないと、出版業界は厳しいです。
資格もないし実力も未知数という人は、だいたい営業にまわされます。
 
営業として働きたいのであればそれでも良いのですが、編集で働きたい場合はまず編集プロダクションのバイトなどで実力と経験を積むのが先決です。
実力社会ですからね。

出版社の求人募集の探し方

出版社の求人募集を探すのであれば、リクナビやマイナビといった求人サイトを利用する方法があります。
ただ、リクナビやマイナビは総合的な求人サイトです。
出版社に強いエージェントがいるとは限りません。
会社によってはブラック企業な面が大きくなるのが、出版業界。
あまり総合的な求人サイトに頼るのは良い策とは言えません。
 
そこで、出版社の求人募集を探すのであれば、「出版.COM」がおすすめです。
出版.COMは名前でわかるとおり、出版業界専門の求人・転職サイトです。
会員になると非公開求人の紹介を受けることができるのはもちろんのこと、公開求人を探すこともできます。
特集を組んでいることもあって、結構情報量が多いです。
 
出版社の求人を探すなら、「出版.COM」で検索!

出版社の仕事の面白さ

営業の面白いところは、自分たちの会社で頑張って作った本が書店に渡るところに立ち会うことができる点です。
まるで自分の子供が旅立っていくかのような感動を毎回味わうことができます。
自社がつくる書籍や企画に誇りを持っている・自身を持って「いいものだ」と言える人である場合はとくにこの仕事が面白いと感じるようです。
とにかく本が好きだという人に向いているかもしれません。
 
制作・管理はとにかく縁の下の力持ちでありながら、全てを統括する役割を持っています。
いろいろな人々の予定を把握したりするのは大変ですし、頭を悩ませることも多い仕事です。
ただ、自分自身が確実に会社に必要であるということを実感するタイミングが他の部署よりも多いのだそう。
そのため、やりがいが大きい仕事です。
リーダーシップのある人・「地道にこつこつ」が得意な人に向いています。

大手出版社年収ランキング(1位~5位)

出版社の年収ランキングについて、5位から1位を紹介します。
 
5位:SEホールディングス・アンド・インキュベーションズ 
平均年収:698万8千円
株式会社翔泳社などの出版業界の子会社を持つグループ企業です。
パソコン関連の書籍・デザイン書籍・ビジネス・カルチャーという四つのジャンルで幅を広げています。
 
4位:ぴあ
平均年収:702万6千円
チケットぴあ・BOOKぴあなどのサービスを行っている会社。
いろいろなことに手を出し過ぎて出版社という側面を持っていることを忘れてしまいそうな会社です。
レジャー・エンターテインメントのジャンルに強い出版社。
 
3位:学研ホールディングス
平均年収:934万1千円
言わずと知れた教育関連の書籍に強い会社です。
塾などの事業も行っています。
児童書・参考書・辞書・一般書・教養・文庫に関してが強いですが、その他「趣味・実用」「エンターテインメント」「音楽」に関しても強いです。
オールマイティにいろいろ出版しています。
 
2位:ベネッセHD
平均年収:943万3千円
こちらも教育関連に力を入れている会社ですね。
進研ゼミといった通信教育をはじめとして事業展開しています。
教育・育児・絵本などの分野に強いです。
 
1位:東洋経済新報社
平均年収:1069万4千円
ビジネス書をはじめとした実用書に強い会社です。
東洋経済ということもあり、経済やお金に関する書籍を多く作っていますね。
日本経済に関するものから、「家計簿」などの個人的なお金に関する問題の本まで幅広く手がけています。
平均年収1000万円超えという大企業ですね。

出版社で働くためにはどんな志望動機があるといいの?

給料解説者ぺすくん

まず、出版業界に興味を持ったきっかけについて実際の経験から話せると強いですね。
その志望動機を書く・述べるにも出版社で働く素質を垣間見れるものだとなお良いです。
例えば、出だしはわかりやすく書きましょう。
 
結論から書くということですね。
「○○だからです」と書いておいて、そこからその企業の製品について知識があることをアピールします。
実際にその企業の本で興味を惹かれたもの、何かを学ぶことができたもの、衝撃を受けたものにしましょう。
人気だからという理由で本を選ばないようにだけ気をつける必要があります。
そして最後に、さりげなく他社と比較するのも良い手です。
 
どんな志望動機があれば有利になるのか、それは自分の読書経験から垣間見たその企業の可能性。
または、その企業で働く自分への可能性です。

出版社の口コミお給料

給料:21万円

都内でやってます。

給料:40万円

企画持込みをしています。歩合にもよりますが40~60で変動します。あたればボーナスも入りますので年収は1000万円ぐらいです

出版社の仕事の面白さや給料を教えてください

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

下記より評判を投稿する

その他のその他専門的分野の給料一覧の給料一覧