新聞記者の給料・手取り・仕事内容・年収ランキングを解説! | 給料BANK

新聞記者の給料、手取り、初任給|「給料BANK」

給料BANK > その他専門的分野の給料一覧 > 新聞記者の給料、手取り、初任給

新聞記者の給料年収や手取り額、初任給を解説!

新聞記者の給料年収を解説します。

新聞記者の平均給料・給与

  • 50万円
  • 20代の給料:25万円
  • 30代の給料:50万円
  • 40代の給料:60万円
  • 初任給:20~万円
    ※補足参照

※給料給与統計の算出は口コミや厚生労働省の労働白書を参考にしております

新聞記者の給料・年収補足

20代の給料:25万円~30万円(推定)
30代の給料:30万円~50万円(推定)
40代の給料:40万円~60万円(推定)
 
上記平均給与から算出してみると、平均年収はだいたい
600万円~750万円となると予測されます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

新聞記者の仕事内容

新聞記者の仕事は、新聞の紙面で掲載する記事を作成することです。
記事作成は実際の打ち込みだけではありません。
今現在、何が起こっているのかの情報をいち早く入手し、面白そうな情報に対して取材を行います。
取材のために記者とカメラマンやアシスタントでバイトを数人連れて行く場合もありますが、単独で取材を行うこともあるようです。
 
記者全員が取材できるわけではなく、適正や仕事ぶりによって取材を任されたり、任されなかったりしますよ。

新聞記者の給料手取り

上記平均給与から算出してみると、手取りはだいたい
20万円~50万円となりそうです。

新聞記者になるには?【資格】

新聞記者になるために特別な資格は必要ありません。
ただ、4年制大学や大学院を卒業していることが条件です。
最近では学校によって新聞学部や新聞学科などを設立したところもあり、新聞記者を輩出する動きが出ているところもありますね。
 
新聞記者は、文系の就職先とされてきましたが、現在では何か専門的な分野を選考した人が好まれます。
たとえば、金融工学や情報工学など、新聞のネタになっているような分野について深い知識を学ぶことのできる学科を出ている人は有利です。
新聞で専門分野を扱うには、その分野に対する正確な知識がなくてはいけません。
多くの人が読むものですから、間違った情報を垂れ流しにするわけにはいかないというわけですね。
 
必ずしも文系学科や新聞学科を卒業する必要はありません。
むしろ、大学は何か特別な専門分野を専攻しているほうが有利と言えますよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

新聞記者の求人募集はどこで探せばいい?

新聞記者の求人は、大学生であれば大学の就職情報で、大学生でなければインターネットの求人サイトなどに稀に載っています。
ただ、ほとんどは新卒を採用するという採用形態になるので、あまり公然と募集は行われていません。
どうしても気になるようなら、近くの新聞局に直接問い合わせてみるのが確実ですね。
新聞記者の求人募集を探すには少し骨が折れます。
 
大学生で、卒業後新聞記者に就職したい場合は、新卒で新聞社の試験を受けましょう。

企業別新聞記者年収ランキング

新聞社は、企業ごとに年収がかなり違ってくるのが面白いところです。
新聞社の年収ランキングというのが、公表されているので紹介します。
 
1位は朝日新聞社で、約1250万円。
2位は日本経済新聞社で、約1200万円
3位は西日本新聞社で、約900万円
4位は毎日新聞社で、約800万円。
5位は産業経済新聞社で、約720万円。
6位は神戸新聞社で、約710万円。
 
朝日と日経がダントツですね。
3位と2位の差は300万円。
一方、4位から3位の差は100万円、5位から4位は80万円、6位から5位は10万円・・・と、差がなくなっています。
朝日と日経が圧倒的上位にあり、他の企業は足並みそろえて下火なようです。
それでも日本人の平均年収からすると、かなり高い金額ですよね。
 
ただ、近頃は新聞の報道が曖昧であるとか虚偽であるという読者の声も高まってきていて、どこの企業も新規購読者獲得に伸び悩んでいるようです。
特に、若者世代に「新聞不買」の動きが高まっているらしく、かなり厳しい状況になっていっています。

新聞記者って激務なの?生活スタイルはどんな感じ?

給料解説者ぺすくん

新聞記者はとても激務なようです。
一般の会社員に比べれば、かなりハード。
所属部署によってそのハードさに差はありますが、どの部署も忙しいようです。
それもそのはず。
 
新聞記者は常に情報に敏感にアンテナを張っていなければいけません。
さらに、記事の締め切りもかなりシビアです。
新聞は新しい情報を提供しなければいけません。
情報の鮮度が落ちないように、他者に先を越されないように早く取材に行って早くまとめて早く入稿しなければいけないのです。
 
さらに、記事の品質も落としてはいけませんから、それなりに時間をかけなければいけない。
急がないといけないのに時間をかけなければいけないという矛盾。
その矛盾から脱出するために、睡眠時間や食事時間を削っているようです。
食事はものすごいスピードで食べるというような話もあります。
 
新聞記者の仕事は時間との勝負。
ハードなスケジュールのもと高品質な記事を書くべく、新聞記者は激務をこなすわけですね。
そんな激務だからこそ、「辞めたい」と思うのは当然のこと。
それでも新聞記者が日本に存在し続けるのは、とても高いやりがいがあるからでしょうか。

新聞記者の口コミお給料

給料:80万円

大手新聞社で働いてます。年収換算すると1000万円超え。毎日徹夜のときもあります。不規則な生活なのでこれを何十年もやることは難しいかもしれません。

給料:30万円

地方の新聞記者です。まだペーペーですがこれからがんばっていこうとおもいます。

新聞記者の仕事の面白さや給料を教えてください

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

下記より評判を投稿する

その他のその他専門的分野の給料一覧の給料一覧