プラントハンターの給料年収や手取り、求人募集、西畠清順さんを解説! | 給料BANK

プラントハンターの給料年収・初任給・仕事内容を解説!|「給料BANK」

給料BANK > その他専門的分野の給料一覧 > プラントハンターの給料年収・初任給・仕事内容を解説!

プラントハンターの給料年収や手取り額、初任給を解説!

プラントハンターの給料年収を解説します。

プラントハンターの平均給料・給与

  • 不明万円
  • 20代の給料:0万円
  • 30代の給料:0万円
  • 40代の給料:0万円
  • 初任給:0万円
    現在調査中

※給料給与統計の算出は口コミや厚生労働省の労働白書を参考にしております

プラントハンターの給料・年収補足

はっきりとした給与がでていないため完全予測になります。
 
20代の給料:10~200万円(推定)
30代の給料:20~200万円(推定)
40代の給料:20~200万円(推定)
 
 
上記平均給与から算出してみると、年収はだいたい
100万円~2400万円となると予測されます。
 
札幌の求人調査結果:求人無しのため不明
東京の求人調査結果:求人無しのため不明
大阪の求人調査結果:求人無しのため不明
福岡の求人調査結果:求人無しのため不明
 
またプラントハンターがいる「花宇」の求人を見てみると、すべて経験を考慮してとのことだったので算出はできませんでした。

プラントハンターの仕事内容

プラントハンターは、食料・香料・繊維などに使われるような有用植物や観葉植物など「めずらしい植物」を求めて世界中を探検・冒険するのが仕事です。
17世紀から20世紀中ごろにヨーロッパで活躍していた職業です。
世界中を飛び回り、植物を探し、採集してまわる夢のある仕事ですが、過酷な仕事でもあります。
世界中を飛び回るのですから、当然「熱帯雨林」「砂漠地帯」なども探検しますし、崖に登ることもあり、命がけの仕事です。
 
「めずらしい植物を求めるのが仕事」と述べましたが、依頼を受けた植物を採りに行くという仕事もあります。
プラントハンターに依頼されるような植物は、極めて希少なものが多く、採るのにも運ぶのにも一苦労、命がけです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

プラントハンターの給料手取り

上記平均給与から算出してみると、手取りはだいたい
15万円~160万円(完全推測)となりそうです。

プラントハンターになるには?【資格・合格率・難易度】

プラントハンターになるには、「この道をゆかなければならない」というようなものがありません。
植物についての知識があることは必須です。また海外でハントするためには、語学力も必要になるでしょう。植物を運ぶには輸出入の知識や経済に関する知識も以外と必要になるかもしれません。
ただ、その先のことが認知されていません。
すでに過去の職業と認識している人も多く、情報も少ないです。
そんな中でプラントハンターになるためにはどうしたらいいのか。
 
一番の近道は、有名なプラントハンターに弟子入りすることでしょう。
 
また、有名なプラントハンターについての情報を追いかけていくというのも良いでしょう。
稀に有名なプラントハンターが従業員を募集していることがあります。
そうして従業員として働いていくうちに、弟子になるチャンスもあるでしょう。
 
そういった方法でプラントハンターとしての素質を養い、仕事を見つけていくしかありません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

プラントハンターの求人募集の探し方

プラントハンターの求人というのは、一般には見つかりません。
ではどうすればいいのかということですが、先ほども述べたとおり、有名なプラントハンターの情報を追いましょう。
有名なプラントハンターが、自らが経営している会社のスタッフをこじんまりと募集したという例もあります。
 
ただ、そういった求人もあまり公には出されず、ホームページでの採用情報公開にとどまっていることが多いです。
情報に貪欲に、食らいついていくしかありませんね。

プラントハンターの仕事の面白さ

プラントハンターは、とにかく植物と旅が好きな人にはたまらない仕事でしょう。
自分の好きな植物について世界中を旅しながら採集・調査して回るのですから、面白い仕事です。
命の危険に挑戦することさえも「面白い」と思えるほどの行動力と好奇心・チャレンジ精神を持ち合わせてなければできない仕事ですね。
向いているのは、そういった「チャレンジ精神」豊富な人になります。
 
とは言っても、「無謀な人」とは違います。
命の危険のあることをするのですから、冷静沈着に自分を見つめ、世界を見つめられる人でなければなりません。
また成功には豊富な知識と技術が必要です。 冷静かつチャレンジ精神豊富と、なかなかに難しい性格が要求される仕事ですね。

プラントハンター西畠清順はどんな人なの?

プラントハンター西畠清順は、1980年生まれのプラントハンターです。
インターネットで「プラントハンター」と検索してみましょう。
ほとんど彼の情報で埋め尽くされています。
 
彼は、幕末から続いている御門屋「花宇」の五代目社長です。
花宇は二代目の代似、世界で初めて桜の開花調整に成功した会社として知られています。
四代目の代には海外からの植物の輸入もはじめて、当時はまだ日本に無かったサボテン・熱帯植物など多数の植物を海外から持ち込みました。
 
そこの五代目であり、プラントハンターとして方々で活躍している人です。
プラントハンターとしての仕事に加え、現在は”ひとの心に植物を植える活動”「そら植物園」と通して空間プロデュースやランドスケープといった植物のコンサル事業も行っています。

プラントハンターは展示会で生計をたてるの?

給料解説者ぺすくん

プラントハンターは、不明な部分がおおいため予測となりますが、植物の採取だけで生計を立てているというわけではなさそうです。
ハントした植物の輸出入知識と技術を元に世界中の企業や貴族からの依頼に応え空間や庭造り、ランドスケープデザインを提供し、収入を得ています。  
例えば西畠さんくらいのプラントハンターになれば、1つの植物につき3000万円で依頼が来るとか。
しかも、お金持ちからの依頼は絶えることがないというのですごいですよね。
彼の例はかなり極端ですが、現在「プラントハンターとして生計を立てています」という少数の人は、ほとんどがその業界では名の通っている人になっています。
 
平均給料・年収が高いのは、そういった有名な人の情報しか入らないからです。
そういった人たちは、貴族や企業、時には行政からの依頼によって生計を立てています。
 
また、西畠さんの場合は卸業の会社の運営とコンサルのこともあるので、そこからも生計を立てているでしょう。

プラントハンターの仕事の面白さや給料を教えてください

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

下記より評判を投稿する

その他のその他専門的分野の給料一覧の給料一覧