パイロット(機長・副操縦士)の給料年収や手取り初任給、なるにはを解説! | 給料BANK

パイロット(機長・副操縦士)の給料年収・仕事内容を解説!|「給料BANK」

給料BANK > その他専門的分野の給料一覧 > パイロット(機長・副操縦士)の給料年収・仕事内容を解説!

パイロット(機長・副操縦士)の給料・年収や手取り額を解説!

パイロット(機長・副操縦士)の給料・年収を解説します。

パイロット_top

いいねやツイートしていただけると喜びます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

パイロット(機長・副操縦士)の平均給料・給与

  • 124万円
  • 20代の給料:80万円
  • 30代の給料:87万円
  • 40代の給料:132万円
  • 初任給:20~万円
    算出については補足参照ください

※給料給与統計の算出は口コミや厚生労働省の労働白書を参考にしております

パイロット(機長・副操縦士)の給料・年収補足

20代の給料:60万円~80万円(推定)
30代の給料:60万円~87万円(推定)
40代の給料:60万円~132万円(推定)
 
上記平均給与から算出してみると、平均年収はだいたい
機長平均2000~2300万円
副操縦士平均1200~1500万円となりそうです。
 
参照:平均年収.jpのパイロットの年収

パイロット(機長・副操縦士)画像1

スポンサーリンク
スポンサーリンク

パイロット(機長・副操縦士)の給料手取り

上記平均給与から算出してみると、手取りはだいたい
機長約103万円
副操縦士65万円
 
となりそうです。

パイロット(機長・副操縦士)の仕事内容

パイロットの仕事内容は飛行機で乗客と貨物を目的地まで安全に運ぶことで、機長と副操縦士はフライト前に運行管理者と航空機の整備状況や気象データや飛行高度や目的地の空港の状態などを確認をし、一緒に飛行機に乗務するキャビンアテンダントとミーティングを行い、コックピットに入ってからは機長と副操縦士は互いに仕事を分担して、各計器類に異常がないかや燃料のチェックを行い、飛行機が定刻に出発できるようにエンジンのスタートの準備を行います。
 
そしてキャビンアテンダントに乗客が全員シートベルトをしたかなど、安全確認を行い航空管制官から離陸OKの指示を待ち、航空管制官から離陸OKの指示が出ると飛行機は離陸します。
 
フライト中は自動操縦に切替えますが操縦をするのは機長で、副操縦士は常に計器をして燃料が不足していないかとか、エンジンにトラブルが起きていないかとかチェックしたり、大雨や気流など急な天候の変化などがないか航空管制塔とのやり取りを行ったり、緊急事態が起きた場合には機長に代わって飛行機を操縦します。
 
飛行機が目的地に近づくと航空管制塔とのやり取りを行い、空港の状況を把握し着陸の許可を待ち、飛行機が無事に目的地に到着した後は機長と副操縦士は飛行日誌を書き、航空機の整備担当者に機体の様子を知らせるまでがパイロットの仕事です。

パイロット(機長・副操縦士)の仕事の面白さ・向いてる性格

パイロット(機長・副操縦士)の仕事の面白さやポイントですが、多くの乗客の命を預かっているので、常にプレッシャーとの闘いだと言い、失敗が絶対に許されない仕事で、やり直しがききません。
フライト中はベテランのパイロットでも自分の操縦桿に乗客の命がかかっているという緊張感は常にあり、自動操縦であってももしトラブルが起こった場合や緊急事態が起きた場合には、パイロットはこれまでの経験から適切かつスピーディに状況を判断し、即座に行動を起こさなければいけません。
 
それだけにフライトが終わるたびにパイロットはやりがいや、達成感が感じられると言います。
またパイロットになったら誰もが機長になることを目標にしますが、機長になるにはさまざまな訓練を行いながらそれでも約15年ほどは掛かります。
その期間は長くある意味で大変な道のりですが、飛行経験と共にパイロットとして乗務可能な路線も多くなり、自分の成長を感じられます。

パイロット(機長・副操縦士)になるには?【資格取得方法や難易度など】

パイロットになるには航空法で民間の資格として自家用操縦士・准定期運送用操縦士・事業用操縦士・定期運送用操縦士の4つがあり、自家用操縦士は個人で飛行機を操縦して楽しむもので資格の取得も比較的容易です。
 
准定期運送用操縦士は2013年から新に新設された副操縦士専用の資格で、国内線や国際線の定期航路などのフライトで副操縦士として操縦する時に必要な資格です。
事業用操縦士は遊覧飛行や報道機関や警察や消防などのパイロットで、定期運送用操縦士は国内線や国際線の定期航路の航空機を機長として操縦する場合等に必要な資格です。
 
また実際に飛行を行うにはこれらの資格とは別に航空身体検査証明が必要で、さらに一定の期間内に特定操縦技能審査にも合格していなければいけません。
 
さらに日本国外への飛行には航空英語能力証明も必要ですが、自衛隊のパイロットの場合は航空法が適用されませんが自衛隊の規約で事業用操縦士の資格取得が条件になっています。
そのため自衛隊は国土交通省から、パイロットの指定養成所として認可されています。
 
もし航空会社のパイロットになりたいのであれば、独立行政法人の航空大学校に入学して資格を取得して航空会社に就職するか、航空会社に入社してからパイロット養成訓練を受けてパイロットになるための資格を取得するか大きく2つあります。
自衛隊のパイロットを目指すのであれば、防衛大学に入学し自衛隊でパイロットの訓練を受けますますが、航空会社の自社養成や航空大学校だけでなく、一般の大学でもパイロットのライセンスが取得できるようになりました。
 
例えばANAと航空大学校が提携し2006年に開設した東海大学の航空宇宙学科航空操縦学専攻は在学中にライセンスが取得でき、2008年にはJALの協力で法政大学の理工学部機械工学科航空操縦学専修と桜美林大学でフライトオペレーションコースができ、熊本県でも本田航空の協力で崇城大学の工学部に宇宙システム工学科専修過程パイロットコースができました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

パイロット(機長・副操縦士)の求人の見つけ方

JALやANAでは新卒者を対象に自社養成パイロットの募集を行っていて、例えばJALでは国内での約3ヶ月の自社訓練の後に約1年間のアメリカでの委託訓練の後に再び国内での自社訓練を行い、約26~30ヶ月で副操縦士を養成し、その後は約4~5ヶ月の路線訓練があります。
 
ただ最近ではLCCと呼ばれる格安航空会社の台頭で、自費でライセンスを取得した人の求人情報も各航空会社のホームページで目にするようになりました。
しかし自分パイロットのライセンスを取得するには莫大な費用が掛かるため誰でもできることではありません。

JAL・ANAのパイロットの年収

JALとANAのパイロットの年収ですが、JALの平成26年度の有価証券報告書では、
 
JALのパイロットの年収が1636万円
ANAのパイロットの年収が1900万円
でした。
 
スカイマークのパイロットの年収が884万円でソラシドエア(スカイネットアジア)のパイロットの年収が1206万円で、スターフライヤーのパイロットの年収が1162万円なので、
JALとANAのパイロットの年収は他の航空会社のパイロットの年収と比べると別格のようです。

自衛隊の戦闘機パイロットってどのくらい年収もらえるの?

給料解説者ぺすくん

自衛隊の戦闘機パイロットの年収を調べてみたところ、
3尉(防衛大卒):570万円
2曹:690万円
3佐(飛行班長):900万円
曹長:920万円
2佐(飛行隊長クラス):1060万円
 
となっておりました。
出典:自衛隊採用ガイド・自衛隊員採用試験の区分解説

パイロット(機長・副操縦士)の口コミ

給料:120万円

引退しましたが昔JALのパイロットをやっていました。

パイロット(機長・副操縦士)の仕事の面白さや給料を教えてください

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

下記より評判を投稿する

その他のその他専門的分野の給料一覧の給料一覧