非常勤講師の給料(大学・高校・専門学校)や手取りを解説! | 給料BANK

非常勤講師の給料、手取り、初任給|「給料BANK」

給料BANK > その他専門的分野の給料一覧 > 非常勤講師の給料、手取り、初任給

非常勤講師の給料年収や手取り額、初任給を解説!

非常勤講師の給料年収を解説します。

非常勤講師の平均給料・給与

  • 17万円
  • 20代の給料:12万円
  • 30代の給料:18万円
  • 40代の給料:21.6万円
  • 初任給:12万円
    (1コマ3000円で週10コマとして計算)

※給料給与統計の算出は口コミや厚生労働省の労働白書を参考にしております

非常勤講師の仕事内容

非常勤講師も常勤講師と基本的に同じで、授業を担当します。
テストの作成や採点、成績の記録なども行いますが、生徒指導や部活動の指導、校外活動の引率・指導などは行いません。
授業のない夏休みや冬休みは休みになります。
給料は授業1コマに対していくらという形で支払われるところが多いようです。
ボーナスはほぼありません。
公立と私立によっても、自治体によっても待遇が違ってきます。
長期休暇中は収入がなくなることになるので、アルバイトなどをするか複数の学校を兼務する非常勤講師が大半です。
時給単価としては他のアルバイトなどより高いですが、任期が終われば次の仕事が来るかどうかはわかりませんし、仕事があっても担当する授業数がどれくらいになるかわかりません。
収入が不安定になので、非常勤講師だけで生活していくのは難しいかもしれません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

非常勤講師の給料手取り

上記平均から算出してみると、手取りはだいたい
10万円~18万円となりそうです。

非常勤講師(大学・高校・専門学校)の給料はそれぞれどんな感じなの?

公立高校の非常勤講師だと、給料は、授業1コマが2000円から3000円程度で、私立高校だと1コマ約3000円で担当授業数から月給が計算され、長期休暇中も月給が支給されるところもありますが、学校によって待遇が違うので確認が必要です。
大学の場合も学校や担当する科目によって待遇が大きく違いますが、授業1コマで6000円から3万円くらい、時給で4000円前後のところが多いようです。
応募には修士や博士の学位や論文、研究業績が必要になります。
専門学校の場合は、1コマ2000円から3000円で、応募には学位より即戦力が求められるようです。
生徒たちにとっては、常勤も非常勤も同じ先生ですが、給料やその他の待遇は全く違います。
また、非常勤としての勤務の経験を積んだとしても、それが給料に反映されることはないのが厳しいところです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

非常勤講師って社会保険はどういう感じなの?

専任教員なら公立学校共済や私学共済に加入できますが、非常勤の場合はほとんどの場合加入できません。
週何時間以上、月何日以上などの規定を満たした場合、加入が認められることがありますが、非常勤ではこの条件を満たすのは難しいようです。
一部の私立の学校では、非常勤でも共済に加入することができ、給料も月給でもらえるところもあります。
一般的には職場の共済に入るのは難しいため、社会保険は個人で国民健康保険・国民年金に加入することになります。
実際には、国民健康保険・年金の負担額が大きいために加入していない人もおり、家族の扶養に入っている人もいます。
残念ながら、非常勤講師の社会保険は恵まれた状況とは言えません。

非常勤講師の仕事の面白さや給料を教えてください

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

だいたいここに書いてある通りですが、大学は専門で明暗が分かれます。英語なら月収30万以上はコンスタントに稼げますが、政治学とか心理学とかになると、まずポストの空きがなく、実家が裕福な人しかできません。もっとマイナーな学問(宗教学とか)だと霞を食べて生きてます。
ボーナスがないかわりに、1か月以上の長期休みが年2回あるのがメリット。
就職には著書などが必要ですが、専門書の出版費用は自腹です。勉強する人ほど貧乏になります。

私立高校は週16~18コマ×50分で月20万+α,予備校(2つ)は週10コマ×90分で月20万-α,手取りで月40万+α,年収500万+αくらいです。もっと働けますが疲れるのでこれくらいにしています。授業が好き,教えるのが好き,わかりやすい授業を工夫するのが好き,でも生徒のスカートが短いとか部活の指導はやりたくない,という人にはぴったりです。職場の人間関係もなく気楽で,上役へのゴマスリも不要です。元サラリーマンですがこの点は気に入っています。寂しいと思う人もいるかも知れません。
進学校だと大学受験対策がしっかり出来る人は重宝されます。下位校でも指導力がある人は同様でしょう。学校にもよりますが現在の勤務校はほぼ全員が65歳まで働き,週12コマ以上なら私学共済に入れます。複数の学校を経験しましたがかなり好条件だと思います。フルタイムで働く配偶者と合わせて世帯収入900万前後,家事育児は五分五分です。
授業・教材の研究が欠かせません,毎日勉強だし書籍代もかかります。生徒が成長したり,志望大学に合格するのはこの上なく嬉しいし,やりがいを感じます。予備校では教材やテストの作成を請け負うこともあります。あまり儲かりませんが勉強にはなります。偉くなると自著を出版できますが,そのレベルになれるのは一部です。
高校はともかく,予備校は少子化で斜陽産業ですから,よほどの覚悟がないとお勧めしません。将来は仕事自体がなくなっている可能性もあります。

その他のその他専門的分野の給料一覧の給料一覧