ドローン操縦士の給料年収や手取りや仕事内容、資格難易度を解説! | 給料BANK

ドローン操縦士の給料年収・仕事内容を解説!|「給料BANK」

給料BANK > その他専門的分野の給料一覧 > ドローン操縦士の給料年収・仕事内容を解説!

ドローン操縦士の給料年収や手取り額、初任給を解説!

ドローン操縦士の給料年収を解説します。

ドローン操縦士の平均給料・給与

  • 28万円
  • 20代の給料:22万円
  • 30代の給料:28万円
  • 40代の給料:35万円
  • 初任給:20~万円
    算出については補足参照ください

※給料給与統計の算出は口コミや厚生労働省の労働白書を参考にしております

ドローン操縦士の給料・年収補足

20代の給料:22万円(推定)
30代の給料:28万円(推定)
40代の給料:35万円(推定)
 
上記平均給与から算出してみると、平均年収はだいたい
352万円~560万円となると予測されます。
 
札幌の求人調査結果:22万円~38万円(月収)
東京の求人調査結果:16万円~62万円(月収)
大阪の求人調査結果:20万円~50万円(月収)
福岡の求人調査結果:15万円~38万円(月収)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ドローン操縦士の給料手取り

上記平均給与から算出してみると、手取りはだいたい
281万円~448万円となりそうです。

ドローン操縦士の仕事内容・仕事の流れ

ドローン操縦士とは、ドローンと呼ばれる無人航空機を地上で操作するのが仕事です。
 
ドローンは2010年代から一般に普及し始めました。手のひらに乗るような小型のものから軍事用の大型のもの、バッテリーを搭載しているものやガソリンエンジンのものまで、多くの種類が存在します。遠隔操作や自動制御など操縦法もさまざまです。
 
日本において「ドローン操縦士」というと、フライト撮影(空撮)を行う産業ドローンを操縦するのが一般的です。
カメラを搭載したドローンを操作し、有人飛行機では難しい地形や自然の写真撮影、または動画撮影などを行います。記録用映像、映画の撮影、テレビ中継など、広く使われています。
 
現在、日本ではドローン操縦士の公的資格はありません。そのため、誰でもドローン操縦士になることができます。しかし、操縦は難しいものもあり、飛ばす場所によっては危険も伴います。法整備も徐々に進みつつあり、現在は「空港周辺の空域」」や「人口集中地区の上空」「夜間」「イベントの上空飛行」などは国土交通省の許可を受けなければドローンを飛ばすことはできません。
 
一般的に50~100時間以上のフライト経験が、プロのドローン操縦士になるには必要だそうです。まだ日本ではプロのドローン操縦士は少なく、100名ほどしかいないといわれています。ドローンの製造会社から独立してフリーランスでドローン操縦士として活躍している人や、測量会社や建設会社などに勤務しながらドローン操縦をしている人などがいます。

ドローン操縦士の仕事の面白さ・将来性

ドローンの登場は「空の産業革命」といわれるほどで、近年大変注目を集めています。
ドローン産業は始まったばかりですが、需要はどんどん増えています。日本ではまだプロと呼べる技術と経験を兼ね備えたドローン操縦士の数が少ないため、腕のいい操縦士に仕事のオファーが殺到しているそうです。有名なドローン操縦士になると、空撮1本のギャラが50万~100万円ともいわれています。
 
ドローンはフライト撮影のほか、災害が起きたときに上空から状況を把握したり、動植物などの被害を確認したりするのに用いられることがあります。また、近年では建設会社が構造物の点検や測量などにドローンを用いることも増えてきているようです。
 
海外では農業の分野でもドローンは活躍しています。農作物を空から観察、制御し、農薬を散布するのにもドローンが使われます。日本でも、農業機械メーカーのクボタや、ヤマハなどが、産業ドローン事業に進出しています。
そのほかにも、宅配などの貨物運搬事業でも運用が始まっており、ドローン産業はこれからますます伸びる分野といえるでしょう。
 
欧米ではドローン操縦士不足が問題になるほどで、次々とスクールや養成機関が作られているそうです。日本でもこれからますますスクールなどが増えて、ドローン操縦士の知名度も上がっていくことが予測されます。

ドローン操縦士になるには?【資格取得方法や難易度など】

日本においては、ドローン操縦士に公的な資格や免許はありません。(2016年8月現在)
スクールに通って離陸・着陸、旋回などの飛行技術を学ぶこともができますが、ドローンの練習場などもあるので、独学で技術を身につけることも可能です。
 
しかし、ドローンを操縦するには、技術だけではなく法律(改正航空法など)の知識と、それを遵守することも求められます。
多くのドローン関連の事件が発生したことから、規制は年々厳しくなってきています。そのため、今後、ドローン操縦士は公式の認定資格や免許制になることも考えられます。
 
現在、民間企業が実施している検定がいくつかあります。ドローンを取り扱う従事者として、客観的に評価をする「無人航空従事者試験(ドローン検定・D検)」(ドローン検定協会主催)や「ドローンパイロット技能検定試験」(DPAドローンパイロットアカデミー主催)などです。民間資格であるため公的な証明にはなりませんが、誰でも受験することができ、ドローンに関する基本的な知識があることを示すことができます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ドローン操縦士の資格取得難易度

「無人航空従事者試験(ドローン検定)」は、1級~4級に分かれています。1級は年に3回、それ以外は年に6回実施されています。受験料は3000円~18,000円です。
試験の内容は、用語や機体の構造といった基礎知識から、飛行に関する特性、電気電子工学、航空力学、気象学、関連法規などを問う問題となっています。
筆記による試験で、選択肢から設問に応じた答えを選ぶマークシート方式です。各設問4択の選択肢の中から1つだけを選びます。1問2点で全50問、80点以上が合格となります。
 
まだ始まって間もない検定試験のため、合格率などの統計がほとんど出ていません。
しかし、公的資格ではないため、難易度はそれほど高くはないと思われます。

ドローン操縦士になるためのスクール

ドローンは独学でも操縦技術を身につけることができますが、飛行場所や時間などが規制されているため、練習をするのも大変です。プロのドローン操縦士として就職するにも、公的資格がないため自分の技術や経験を証明することができません。
そのため、これからドローン操縦士を目指すなら、ドローンの操縦技術を教えるスクールに通うのがよいでしょう。
とはいえ、有人飛行のパイロットとは違い、何年もかけてスクールに通うというものではありません。
スクールによって異なりますが、1日~1カ月間ほどの期間となります。運行管理や法規制、槍術技術、メンテナンスなどに関する座学を受けて、操縦技術を実技で学びます。
SKYROBOT社が運営しているDSJ(ドローンスクールジャパン)は本格的な産業用ドローン操縦士養成講座となっており、料金は初心者用のフライトコース(3日間)で7万円、空撮プロコース(9日間)で25万円、スカイスキャンプロコース(22日間)で75万円となっています。(それ以外にも色々なコースがあります。)
また、日本ドローンアカデミーは空撮に特化したスクールを開講し、座学と1泊2日の実習で料金は29万5000円となっています。
この他にも、民間企業主催の講習会やスクールがいくつもあり、年々その数は増えています。

ドローン操縦士の求人にはどんな職種の求人募集があるの?

給料解説者ぺすくん

ドローンの操縦士の求人は近年増えつつありますが、まだ「ドローン操縦士」としてのみの求人は少ないです。
測量会社や、建設会社での募集がありますが、あくまで業務のひとつとして「ドローンの操縦」が出来ることが求められています。土木施工管理者や測量士補としてドローンが扱える、建設コンサルタントとしてドローンも使える、など、ドローンの操縦はプラスアルファの技能とみなされているのが現状です。
また、映像制作会社などでもドローン操縦士を募集しているところもあります。こちらも、ドローンの操縦だけでなく、編集を行いその他の撮影もできるカメラマンとしての募集となります。
 
今後、法整備が進みドローンの商業利用が認可されれば、求人は爆発的に増える可能性もあります。運送・配送の分野や、農業など、活躍の場はますます広がることでしょう。

ドローン操縦士の口コミ

給料:30万円

ドローン操縦もですが販売もやっています。

ドローン操縦士の仕事の面白さや給料を教えてください

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

 空撮のドローン操縦士はカメラマンの奴隷です。都市部や線路人混みの近くで飛ばすことを強要されますが、落ちた時は操縦士が責任を追及されます。警察もよく来ます。その責任を理解して応募してください。

その他のその他専門的分野の給料一覧の給料一覧