商工会議所の給料年収・求人募集・経営指導員を解説! | 給料BANK

商工会議所の給料年収・初任給・仕事内容を解説!|「給料BANK」

給料BANK > その他専門的分野の給料一覧 > 商工会議所の給料年収・初任給・仕事内容を解説!

商工会議所の給料年収や手取り額、初任給を解説!

商工会議所の給料年収を解説します。

商工会議所の平均給料・給与

  • 24.6万円
  • 20代の給料:19万円
  • 30代の給料:24万円
  • 40代の給料:28万円
  • 初任給:16~万円
    ※業績により大幅に変わります。補足を参照ください

※給料給与統計の算出は口コミや厚生労働省の労働白書を参考にしております

商工会議所の給料・年収補足

20代の給料:16万円~24万円(推定)
30代の給料:20万円~25万円(推定)
40代の給料:25万円~32万円(推定)
 
 
上記平均給与から算出してみると、平均年収はだいたい
340万円~450万円となると予測されます。
給与規定等や情報がないため予測算出となっております。
30歳で450万になるのが厳しいという口コミもありました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

商工会議所の仕事内容

商工会の仕事は、小規模事業者に対しての経営支援とその補助・商工会運営全般に関する業務などがあります。
また、小規模事業者の経理や税務支援なんかも商工会で行っていますね。
そういった商工会の業務を行うのが商工会で働く人間の仕事です。
具体的にどのようなことをするのかというと、主な活動は個人事業主への経営アドバイスなどになります。
 
どういった経営をすればいいのか、この地域でどの地域がどのタイプのお店経営に向いているのかなどのアドバイスを行う経営アドバイザーとしての役割が求められます。
個人事業主がその地域で開業することができるように、確定申告や労災事務など各種共済などの事務手続きを行うというのも商工会職員の仕事内容ですね。
地域事業主たちが相互で仲良く仕事をしていけるように、地域活性化に向けて力を合わせることができるように、地域事業主を対象としたイベントなどの企画もしています。

商工会議所の給料手取り

上記平均給与から算出してみると、手取りはだいたい
20万円~30万円となりそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

商工会議所職員になるには?【資格】

商工会議所の職員になるのに、特別資格が必要ということはありません。
地域ごとに試験を受けることによって職員となることができます。
試験の受験資格として何か特別な資格が必要となっているわけではありませんが、普通自動車免許を持っているという条件はありますね。
また、高卒以上(卒業見込みも含む)で41歳未満であるということも必要です。
 
試験に合格して採用後1年以内に、簿記3級資格の取得が必要になります。
採用後に取得するのは期限もあって精神的に苦痛になるので、簿記3級以上の資格を取得してから試験に臨むとよいでしょう。
 
なお、こういった試験の受験資格などは地域によって違う恐れがあるので、自分の地域の試験要綱を必ず見るようにしなければいけませんよ。

商工会議所職員の求人募集の探し方

商工会議所職員の求人募集の探し方ですが、一番手っ取り早いのは地域の商工会のホームページをチェックする方法ですね。
検索するよりも、この方法のほうが見つけやすいですし、新しいものが確実に見つかります。
 
お知らせの欄などに「新規職員募集」などのお知らせがあるので、それをクリックすれば募集要項を見ることができます。
もちろん、いつでも採用を行っているわけではないので、こまめにチェックしている必要はありますが。
 
募集要項の書式は、ほとんどの地域で同じようなものになっています。
商工会についての説明と、受験資格・試験の詳細などが記されているといったところですね。

商工会議所の仕事の面白さ

この仕事の面白いところは、さまざまな事業主と知り合いになれるというところですね。
地域の個人事業主や、地域で大きな工業施設の人たちと知り合いになることができる仕事。
むしろ、仲良くやっていかなければ仕事が勤まりません。
一緒に地域を活性化させるべくイベントを企画したりと、自分が住んでいる地域のためになることをできるのがやりがいにつながります。
 
この仕事に向いているのは、その地域が好きな人ですね。
やはり地域に密着していく仕事になるので、その地域が好きでなければ勤まりません。
また、地域に商業・工業などに関心が高い人は言うまでもなく向いています。
事務手続きなどを代わりに行うことに苦痛を感じない人も向いていると言えるでしょう。

各商工会議所によって給料は変わるの?【東京・熊本の例】

各商工会議所によって給料が変わり、各人によっても給料は変わります。
たとえば東京都の商工会議所の採用で、初任給が約20万円となっているのですが、熊本県では「学歴や前職歴を元に決定します」としているのです。
このように、各商工会議所によって給料が変わりますし、場合によっては各人によっても給料が変わるというふうになっています。
 
また、都道府県の中でも、それぞれ地域の商工会ごとにも給料が変わるので、自分の地域の商工会の給料がどのようになっているのか調べてみてもいいかもしれません。
ただ、給料に関して公開していないところも非常に多いので注意しておきましょう。

商工会議所にいる経営指導員とは?

給料解説者ぺすくん

商工会議所の募集要項なんかを見ていると「経営指導員」という文字を見かけます。
また、商工会の会館に行ってみても、経営指導員という人たちを見かけますよね。
その人たちはいったいどんな仕事をしているのかということですが、経営指導員はその名前のとおり経営に関する仕事をしています。
 
経営指導員は、地区内の小規模事業者の経営スキルの向上をはかるべく、金融や経理・経営についての各種相談や指導をするのです。
経営スキルや経営学の知識向上をはかるためにも、講習会を開催しているのですが、その運営をしているのも経営指導員ですね。
経営指導員というのは、簡単に言えば「地域の商工業者に対して経営や経理についてのアドバイスをする」人のことです。

商工会議所の口コミお給料

給料:20万円

地方の商工会議所で働いてます。昔の風習が今も残ってますよ。

商工会議所の仕事の面白さや給料を教えてください

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

下記より評判を投稿する

その他のその他専門的分野の給料一覧の給料一覧