カメラマンの給料年収や仕事内容や求人募集・種類(ブライダルカメラマン等)を解説! | 給料BANK

カメラマンの給料年収・求人募集を解説!|「給料BANK」

給料BANK > その他専門的分野の給料一覧 > カメラマンの給料年収・求人募集を解説!

カメラマンの給料年収や手取り額、初任給を解説!

カメラマンの給料年収を解説します。

カメラマンの平均給料・給与

  • 23.7万円
  • 20代の給料:17.4万円
  • 30代の給料:23.7万円
  • 40代の給料:27.2万円
  • 初任給:15~万円
    給与年収算出については補足参照ください

※給料給与統計の算出は口コミや厚生労働省の労働白書を参考にしております

カメラマンの給料・年収補足

20代の給料:15.2万円~20万円(推定)
30代の給料:20.2万円~25万円(推定)
40代の給料:23.7万円~30万円(推定)
 
 
上記平均給与から算出してみると、平均年収はだいたい
240万円~350万円となると予測されます。
 
上記平均給与についてですが、実際の求人からランダムに算出しました。
平均を算出すると、23万7千円となりました。
そのことから、平均月給は23万7千円となり、平均年収はおよそ380万円(ボーナス含め)となるのではないかと思われます。
 
札幌の求人調査結果:18万円~29万円(月収)
東京の求人調査結果:19万円~30万円(月収)
大阪の求人調査結果:19万円~35万円(月収)
福岡の求人調査結果:15万円~35万円(月収)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

カメラマンの給料手取り

上記平均給与から算出してみると、手取りはだいたい
12万円~20万円となりそうです。

カメラマンの仕事内容

カメラマンの仕事は、とにかく写真を撮ることです。
カメラマンと一口で述べたとしても、カメラマンにはいくつかの種類があります。
それぞれの種類ごとに仕事内容が微妙に異なるため、一概に述べることは困難です。
全てのカメラマンに共通しているのは、カメラで写真または動画を撮ること。
 
一般的に「カメラマン」という言葉を使うときには写真と動画を含みます。
スタジオアリスなどで七五三の写真を撮っているのもカメラマンですし、テレビ撮影を行っているのもカメラマンですよね。
一方写真撮影のみを行う仕事である場合には、フォトグラファーと呼ばれます。

カメラマンの仕事の面白さ・向いてる性格

カメラマンの仕事の面白さは、自分自身の技術が反映されるという点です。
職業としてカメラを使っているカメラマンは、それぞれ技術を磨いています。
技術というのは磨くだけでは意味が無く、どこかで使わなければ無駄になってしまうだけです。
そういった個々の技術というものをもてあましがちになる昨今、カメラマンはその技術で勝負をする仕事となっています。
それが、カメラマンの仕事の面白さです。
 
自分自身が構図などを決める場合にはセンスも反映されますから、自分の作品を生み出すのと同義でしょう。
 
この仕事に向いているのは、写真撮影や動画撮影が好きで明るい人です。
技術を磨くには好きである必要がありますから、「好き」というのは絶対条件となります。
明るいというのは時と場合によって必要です。
たとえば人を撮影する場合、その人の笑顔を引き出そうと思った際にカメラマンが仏頂面ではいけません。
自然な笑顔を引き出すための話題提供などをしなければならないのです。
その点、明るい人は有利となります。

カメラマンになるには?【資格取得方法や難易度など】

カメラマンになるのに特別な資格は必要ありません。
カメラマンになるには、カメラの腕と今まで撮影してきた写真が必要です。
いわゆるポートフォリオというものですね。
自らの技術やセンスなどを証明するための判断材料となるものです。
働く職場によりますが、選考の際に提出を求められることもあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

カメラマンの求人の見つけ方

カメラマンの求人は、一般の転職サイトなどでも多く出ています。
公開求人でも多くの求人があるので、カメラマンの求人が比較的多いサイトを探しましょう。
その際とに登録して、公開求人だけでなく非公開求人の中からもカメラマンの求人を探すと良いです。
 
また、カメラマン専用の求人情報サイトというものもあります。
カメラマンネットというサイトですが、こういったサイトを活用するのも一つの手です。

カメラマンのバイトの時給はどのくらい?

カメラマンは正社員だけでなく、バイトで募集されていることも多いです。
バイトは時給制と日給制のどちらも求人があります。
それぞれの相場を知ることによって、損をしない求人選びをしましょう。
 
バイトの時給は1,000円から1,200円が相場となっています。
1,200円以上だと高時給と言えますし、1,000円未満だと時給が低いと言えますね。
1,000円未満の求人は極力避けるようにしなければなりません。
 
日給だと、1万円から1万5千円であることがほとんどです。
それよりも低くなることも、それより高くなることもなかなかありません。
日給に見合うだけの勤務時間なのか、仕事内容なのかということを考えて求人を選ぶようにしましょう。

カメラマンの種類

給料解説者ぺすくん

カメラマンにはさまざまな種類があります。
その種類を簡単に箇条書きで紹介しましょう。
 
・報道カメラマン
・スポーツカメラマン
・ブライダル業界のカメラマン
・写真館のカメラマン
・写真スタジオのカメラマン
・出版社のカメラマン
・フリーカメラマン
・作家カメラマン
・戦場カメラマン
 
・フード専門のカメラマン
・建築物専門カメラマン
・動植物専門カメラマン
・海中専門カメラマン
・風景専門カメラマン
・鉄道専門カメラマン
・商品専門カメラマン
 
前半は職種ごとの種類・後半は専門分野の種類です。
カメラマンは被写体ごとに専門分野を持っていて、役割分担がされていることもあります。
鉄道関係の写真を撮ることがうまいカメラマンは鉄道雑誌などの写真を担当、食べ物を撮るのがうまいカメラマンはフード雑誌の写真を担当・・・などといったところですね。
このように、就職先や職種によっても細分化され、それぞれの専門分野でも細分化されているのです。

カメラマンの口コミ

給料:24万円

制作会社で働いています。バラエティのカメラマンやってます。

給料:20万円

地方の写真屋ではたいてます。

カメラマンの仕事の面白さや給料を教えてください

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

下記より評判を投稿する

その他のその他専門的分野の給料一覧の給料一覧