冒険家の給料年収・仕事内容・収入源や荻田泰永を解説! | 給料BANK

冒険家の給料年収・仕事内容を解説!|「給料BANK」

給料BANK > その他専門的分野の給料一覧 > 冒険家の給料年収・仕事内容を解説!

冒険家の給料年収や手取り額、初任給を解説!

冒険家の給料年収を解説します。

冒険家の平均給料・給与

  • 20万円
  • 20代の給料:20万円
  • 30代の給料:30万円
  • 40代の給料:40万円
  • 初任給:0~万円
    ※算出が難しいため補足参照

※給料給与統計の算出は口コミや厚生労働省の労働白書を参考にしております

冒険家の給料・年収補足

20代の給料:10万円~20万円(推定)
30代の給料:20万円~30万円(推定)
40代の給料:20万円~40万円(推定)
 
上記平均給与から算出してみると、平均年収はだいたい
200万円~300万円となると予測されます。
 
スポンサーをつけ、冒険費用を出してもらうことはできますが、それが収入になるというわけではありません。
冒険家の収入源は、冒険が終わったあとに出版した書籍の印税や講演・テレビのギャラなどが大きいです。
ただし、冒険をしている最中はスポンサーが出してくれる冒険費用が実質的には収入のようなものになっていますね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

冒険家の仕事内容

冒険家は、スポンサーなどをつけて山を登ったり極地へと足を踏み入れたり海洋を調査したりするお仕事です。
一般的には行くのが困難だとされている場所や、未だによくわかっていない場所へと踏み込み調査をする。
自分の専門分野や興味のある分野に関しての冒険を行い、冒険家として各地を渡ることが困難になれば、はたまた冒険が終了すれば冒険の様子を書籍におこしたりして文筆活動をする人が多いです。
講演活動なども大切な仕事ですよ。
仕事というよりは趣味の延長線上で冒険家になるという人が多いです。

冒険家の給料手取り

上記平均給与から算出してみると、手取りはだいたい
15万円~30万円となりそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

冒険家になるには? 

冒険家になるのには特別な資格も学歴も必要ありません。
必要なのは、ただ何のために冒険をするのかという目的付け。
UFOやUMAなどに興味がある人は、世界中にUMAの足跡を探しにいくということであったり、UFOの軌跡を追うことであったり。
自分の興味分野に関する目的があれば、旅の行き先やルートもすぐに決まりますよね。
 
自分が何を追うための冒険家になりたいのか。
そこから道筋を立てましょう。
学歴や資格は必要ありませんが、大学などを出ているのが好ましいです。
自分の興味ある分野、冒険によって確かめたいことなどに関する大学の学科やゼミを出ておくのがいいですね。
 
そこからスポンサー探しをして、資金を得ます。
冒険家の資金源はスポンサーからもらえる資金がほとんど。
靴のスポンサーだったら、旅の間中そのスポンサーの靴をはいたりという制約などがありますが、それで旅のための資金は全てまかなえます。
スポンサーがついたら、あとは旅に出るだけです。

冒険家にはどんな種類があるの?

冒険家の種類は、冒険の目的と場所によってさまざま。
海という舞台で冒険をする冒険家は海洋冒険家と呼ばれ、北極などの極地を冒険する冒険家は極地冒険かと呼ばれています。
UFOやUMAなど、この世のおかるとやミステリーに関する冒険をする人なら、ミステリー冒険家などと呼ばれる場合もありますが、冒険家という言葉を使う場合は、山か海か極地かを指す場合がほとんどですね。
 
本当はジャンルが多岐にわたっている仕事です。

荻田泰永ってどんな人なの?

萩田泰永というのは北極に何度も挑戦している冒険家。
同じく冒険家である大場満郎が2002年4月に企画していた北磁極を目指す冒険ウォークというものに参加したことが、萩田泰永が何度も何度も北極へ挑むことになるきっかけ。
それまでは、別に冒険家でもなく、アウトドアも素人だった萩田。
至って普通の大学生が初めての海外で行った北極にこころ惹かれて、それ以来北極を何度も冒険しています。
 
北極点無補給単独徒歩到達を目標にし、2014年にも挑戦をしました。
次は2016年3月に挑戦するそうで、もし成功すると世界で3人目、日本人で初の北極点単独徒歩到達を成し遂げることになります。
 
今、世界中が大きく注目している冒険家ですよ。

冒険家の収入源ってどこなの?スポンサーなの?

給料解説者ぺすくん

冒険家の収入源は先ほどからも何度か説明していたとおり、スポンサーです。
「こういう冒険をしたいからスポンサーを募集しています」と旅に関係ありそうな企業や団体に協力を仰ぎ、スポンサーを付けます。
スポンサーにとってどのような得があるのかというと、主に企業のイメージ戦略のためです。
「我が社は、北極点無補給単独徒歩到達を支援しています」というとなんとなくイメージが良くなりますよね。
 
そういったイメージ戦略のため。
そしてもうひとつは、自社製品をアピールするためです。
もしもシューズやバッグで有名な企業がスポンサーについた場合、その会社の自慢の製品を無料で冒険家に支給。
その代わり旅にその装備を使ってもらうことによって企業は自らの製品を宣伝できるわけです。
「冒険家の○○も旅に愛用しているバッグ」というのと「ただの我が社の自慢のバッグ」というのとでは、やはり製品のイメージも変わりますからね。
 
スポンサーにつく企業や団体側はそういった得があるので、宣伝費用のような感覚で冒険家にお金を使っています。
冒険家が冒険に成功すればそれはそれでとても大きな宣伝になりますし、失敗したとしても企業側に損はありません。
冒険家もスポンサーも損をしないというような感じになっているわけです。
 
ただし、これは冒険をしている間の収入。
冒険に関する費用を出してくれているだけです。
冒険をしていない期間、冒険の準備期間はスポンサー収入が入りません。
 
そういうときには、講演会のギャラやテレビのギャラ、自著の印税などが主な収入源になります。
足りない場合はアルバイトや、その時々だけ就職をするなどして稼いでいる人がほとんどですね。

冒険家の仕事の面白さや給料を教えてください

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

下記より評判を投稿する

その他のその他専門的分野の給料一覧の給料一覧