コピーライターの給料年収・仕事内容・就職・養成講座を解説! | 給料BANK

コピーライターの給料、手取り、初任給|「給料BANK」

給料BANK > 言語系職業の給料一覧 > コピーライターの給料、手取り、初任給

コピーライターの給料・年収や手取り額を解説!

コピーライターの給料・年収を解説します。

copy_top

いいねやツイートしていただけると喜びます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コピーライターの平均給料・給与

  • 23.4万円
  • 20代の給料:25万円
  • 30代の給料:35万円
  • 40代の給料:45万円
  • 初任給:10~万円
    ※補足説明を参照

※給料給与統計の算出は口コミや厚生労働省の労働白書を参考にしております

コピーライターの給料・年収補足

20代の給料:15万円~30万円(推定)
30代の給料:25万円~40万円(推定)
40代の給料:40万円~60万円(推定)
 
上記平均給与から算出してみると、平均年収はだいたい
500万円~700万円となると予測されます。
 
会社で働いているコピーライターと、フリーのコピーライターでは年収にかなりバラつきがあります。
企業で雇われている場合だと、300~450万。
フリーは、平均にすると200~300万程度ですが、有名になり売れれば個別でも1千万縁を超える人もいます。

コピーライター画像1

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コピーライターの仕事内容

コピーライターは、商品のセールスコピーや、会社のキャッチコピーなどを考えるのが主な仕事です。
お店の名前や会社の名前、有名になってくると映画のキャッチコピーなどを付けることもあります。
「コピー」と呼ばれるものであれば、何でもコピーライターの仕事の範疇です。
 
例えば、飲食店からメニューにキャッチコピーを付けてほしいと頼まれることもあります。
テレビや新聞社などが主な就職先ですが、フリーでやっている人が多いですね。
フリーのコピーライターは、主にコンペと呼ばれるものに応募して仕事を得ます。
いろいろな人のいろいろなアイディアを競わせる場ですが、そこで合格すると始めてコピーライターとしての仕事を得ることができるというわけです。

コピーライターの給料手取り

上記平均給与から算出してみると、手取りはだいたい
20万円~40万円となりそうです。

コピーライターになるには?【資格】

コピーライターになるのに資格は必要ありません。
技能検定なども必要がなく、資格や検定は一切ありません。
コピーライターに必要なのは、センスと語彙力ですね。
 
あとは、売れる言葉とはどんな言葉か、言葉の持つイメージを知識として蓄えておくことも大切です。
なるために知識もセンスもいりませんが、コピーライターを「生業」としていくのであればいずれも他人より抜きん出たものがなければいけません。
 
勉強をするのであれば、言葉についての勉強をすると良いでしょう。
また、コピーライターが書いたエッセイなども、どんなコピーが求められているかの勉強になります。
あとはセンスを磨くしかありません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コピーライターの求人や就職の見つけ方

コピーライターの求人や就職の見つけ方はさまざまです。
企業に就職するのであれば、新聞社やテレビ局・ラジオ局が一般的ですね。
近くにある新聞社やテレビ局・ラジオ局のホームページなどで今求人がされているかをチェックしましょう。
 
フリーコピーライターである場合は、最近ではクラウドソーシングが発展してきました。
ネット上のクラウドソーシングサービスを利用してコンペを受けるのが主になりそうです。
ちなみに、フリーでコピーライターをしている人の多くは、他のライティング業務なども請け負っている場合がほとんどですね。
 
コピーライターになるのに正しい道筋が無いので、求人もかなり見つけにくくなっています。

コピーライター養成講座って料金はどのくらいなの?

コピーライターの養成講座に通ってセンスと知識を身につけるという人が多いですが、養成講座の料金は月々10万円から20万円ほどが相場です。
専門学校に通うことを考えると結構安いのではないでしょうか。
※単発や数回の養成講座だと10万以内のも多いです。
 
ちなみに、養成講座では実際にコピーライターとして仕事をしていた(している)講師のアドバイスを受けながら、実際にコピーを作る練習ができます。
仕事として始める前に、プロにだめだしや良しだしをしてもらえるというのは良い機会ですね。
 
現在、コピーライターを志す人の多くが講座に通っているようです。
フリーを志している人も、正社員として就職したいと考えている人も、養成講座の受講を考えてみてもいいかもしれませんね。

有名なコピーライター10名

給料解説者ぺすくん

最後に、有名なコピーライターを10名紹介します。
 
まずは赤城廣治です。
マクセルテレビのCMの「ずっとずっと。マクセルDVD」などのコピーを考えた人ですね。
 
次に秋山昌。
現在はライトパブリシティという会社の代表取締役ならびにCEOをやっています。
有名なコピーに「男は黙ってサッポロビール」というものがありますね。
 
3人目に紹介するのは、安藤隆です。
有名なコピーには、サントリーウーロン茶のコピーで「ウーロン茶はサントリー、のこと」というのがありますね。
かなりシンプルですが、読点をうまくつかった絶妙なコピーです。
他には「黒烏龍茶 あけよ」というものも有名。
 
4人目は、阿部広太郎。
電通の社員としてコピーライターをやっています。
東進ハイスクールの「今でしょ!」というCMに携わった人です。
「今でしょ」という言葉をつかったのは林先生ですが、それをプッシュしようと画策したのが阿部広太郎になります。
 
5人目は谷山雅計。
最初は博報堂の社員でしたが、その後フリーになりました。
代表的なコピーは日本テレビの「日テレ営業中」ですね。
 
6人目は仲畑貴志。
広告代理店の社員として数々のコピーを手がけています。
有名なものでは、コスモ石油の「ココロも満タンに」というものがありますよ。
 
7人目は岩崎俊一。
コピーライターになりたくて、いくつもの広告制作プロダクションを渡って、フリーになりました。
代表的なコピーは、「英語を話せると、10億人と話せる。」(岡本欣也共作)です。
 
8人目は故人になりますが、片岡敏郎を紹介します。
コピーライターになったきっかけは、たまたま見た森永の広告だめだったからです。
「俺のほうがもっといいものがつくれる」と思ったからだそうですよ。
有名なコピーには、古いですが「天下無双 森永ミルクキャラメル」があります。
 
9人目は、土屋耕一。
資生堂で経験をつんだ後、数々の企業からの依頼を受け、仕事をしています。
有名なコピーには、「A面で恋をして」などがありますね。
これはヒット曲のタイトルにもなっています。
 
10人目は、糸井重里。
現在は「ほぼ日刊イトイ新聞」の人になっており、コピーライター業は行っていません。
トトロのお父さん役で声優をしたり、任天堂のゲームMOTHERシリーズを手がけたりとさまざまな方面で活躍しています。
現在は「売れるものはコピーなんてつくらなくても売れる」と言い残してコピー業界から抜けました。
有名なコピーにMOTHERシリーズの「おとなもこどもも、おねーさんも。」というのがあります。
 
また最近では30歳と若手ながら株式会社コピーライターの長谷川哲士さんも有名ですね。

コピーライターの口コミお給料

給料:20万円

コピーライターだけでは食べていけないのでウェブ編集のお仕事もしています。

給料:40万円

ブランディング会社で働いています。コピーライティングももちろんですがコンセプトから考えてトータル的にプロデュースします。

コピーライターの仕事の面白さや給料を教えてください

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

下記より評判を投稿する

その他の言語系職業の給料一覧の給料一覧