警察事務の給料・手取り・初任給、採用を解説 | 給料BANK

警察事務の給料、手取り、初任給|「給料BANK」

給料BANK > 公務員系職業の給料一覧 > 警察事務の給料、手取り、初任給

警察事務の給料年収や手取り額、初任給を解説!

警察事務の給料年収を解説します。

警察事務の平均給料・給与

  • 24万円
  • 20代の給料:20万円
  • 30代の給料:24万円
  • 40代の給料:29万円
  • 初任給:15.3~万円

※給料給与統計の算出は口コミや厚生労働省の労働白書を参考にしております

警察事務の給料・年収補足

20代の給料:20万円前後(推定)
30代の給料:24万円~26万円(推定)
40代の給料:29万円~32万円(推定)
上記平均給与から算出してみると、平均年収はだいたい
350万円前後となると予測されます。

警察事務の仕事内容

警察署の窓口業務から、一般事務関係、拾得物処理、人事給与管理、警察施設の管理や予算編成までを行う業務が警察事務で、正確には事務吏員と呼ばれます。
扱いとしては地方公務員職の事務職員と同じです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

警察事務の給料手取り

上記平均給与から算出してみると、手取りはだいたい
16.8万円~26.8万円となりそうです。

警視庁の警察事務の給料は他よりも高いの?    

扱いとしては地方公務員と同じですので、採用規模、事務管理の幅からしても全国1位となるでしょう。
初任給も通常の地方公務員事務職と比べ、約3万円ほど高いですから、昇進していけば、40代で月給40万円くらいにはなるかもしれません。
警察官のような階級はありませんが、昇進試験があり、その合否で昇進・昇給があります。
また地域手当等があるため、給与の18%位は増額されると思ってよいでしょう。

警察事務の採用ってどこで募集しているの?

政令指定都市では、県警や警視庁などで直接採用試験を実施しています。
他は、地方行政のホームページなどで毎年募集要項を掲載しています。
高卒以上を対象として降り、やはり大卒者が大半です。
地方公務員相当ですので、募集は警視庁以外は県の職員採用試験から受験する事が多いようです。

警視庁本部を希望するなら、警視庁ホームページか、郵送などでエントリーして採用試験を受験することになります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

警察事務の試験ってどのようなもので合格率はいいの?

警視庁の場合で、550人受験して50人前後が採用試験に受かる合格率です。
地方の場合は、採用枠が狭いため合格率は比例して高い傾向があります。
県警などでは、県職員と同程度の昇給があるようで、一般の警察署は給与は総じて低いです。

昇給もそれほど幅が大きく無いと言われます。
警視庁は、省庁と同じような警視庁職員Ⅰ類に属しており、警視庁本部と各都内警察署などの一般事務のほか、本部採用では設計、工事監督、交通歓声システムの開発などにも従事する職種が用意されています。
一般的な公務員採用試験程度の難易度と考えて、差し支えないでしょう。

警察事務も警察学校に入らないといけないの?

給料解説者ぺすくん

警察事務には、警察官のような階級制度はありません。
武器の携帯や警察官同等の権限はありませんが、警察官のように警察学校で柔道や剣道の修練、実務に応じた司法や民法、警報や行政法などを学びます。
期間はおよそ1ヶ月間です。
事務の場合は、警視庁の例で教養試験、専門試験、論文の構成であり、合格すれば成績によって勤務地などが決定するようです。
公務員の県職員相当と考えて良いですから、捜査に関わることはありません。
試験は一次試験の他に、面接試験の2次試験で身体検査、適正検査など、内容は公務員試験と似ています。

警察事務の口コミお給料

給料:20万円

責任感がある仕事です

給料:24万円

こういう事務仕事はA型の私には天職です。

警察事務の仕事の面白さや給料を教えてください

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

下記より評判を投稿する

その他の公務員系職業の給料一覧の給料一覧