大使館職員の給料年収や求人募集・税金の扱いを解説! | 給料BANK

大使館職員の給料年収・初任給・仕事内容を解説!|「給料BANK」

給料BANK > 公務員系職業の給料一覧 > 大使館職員の給料年収・初任給・仕事内容を解説!

大使館職員の給料年収や手取り額、初任給を解説!

大使館職員の給料年収を解説します。

大使館職員の平均給料・給与

  • 25万円
  • 20代の給料:25万円
  • 30代の給料:25万円
  • 40代の給料:25万円
  • 初任給:20~万円
    ※契約職員として算出しているため年代による給料年収差はありません

※給料給与統計の算出は口コミや厚生労働省の労働白書を参考にしております

大使館職員の給料・年収補足

20代の給料:20万円~30万円(推定)
30代の給料:20万円~30万円(推定)
40代の給料:20万円~30万円(推定)
 
 
上記平均給与から算出してみると、平均年収はだいたい
230万円~350万円となると予測されます。
 
大使館の契約事務職員というのは、現地採用職員と呼ばれ、1年から3年の短期契約です。
短期契約なので、その期間中に給料がアップするというようなことはありません。
雇用条件的に、平均が20万から30万円になっていて、どの年齢でもあまり変わりが無いですね。
最近ではフルタイムで契約社員を募集していることも少なくなってきて、パートタイムの仕事も多いです。
そのため、「大使館」という特殊な職場であるにもかかわらず、この程度の給料・年収になっているというわけです。
 
その代わり、保険などがカバーされず、取られるものはほとんどありません。
完全に額面=手取りとはなりませんが、それに近い感じになっています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

大使館職員の仕事内容

大使館職員ということで、特殊な業務が多いのではないかと思う人も多いでしょう。
外交官ともなればそのイメージどおりなのでしょうが、契約事務職となると、一般企業とあまり仕事内容が変わりません。
普段するのは「事務処理」です。
 
他には、外交官・書記官などといった専門職の補助やサポート業務が中心ですね。
よくイメージにある「会合」は外交官が行います。
大使館で働く職員は、大使館を訪れた人に説明をしたり、手続きをしたり、問い合わせ対応などをすることになります。
 
他にも企業や観光者に対する情報提供・イベント開催の準備などがありますが、完全に事務職ですね。
軽い仕事をすることがほとんどになりますが、高度仕事をする人もいます。
専門性に特化している人であれば、大々的な広報活動・リサーチ業務にあたることもあるかもしれません。
 
【面白いポイント】
この仕事の面白いところは、「日常」と「非日常」が見事に織り交ざっているところにあります。
事務仕事というのは、経験した事のある人にとっては「いつもの仕事」「日常」でしかありません。
繰り返しになる業務が多いので、慣れれば日常の一部に溶け込んでしまいます。
でも、大使館という場所は日常なかなかいく機会のないところ。
 
日本大使館であれば、あまり感じることのできない面白さですが、その国の言葉でのコミュニケーションをすることになります。
文書作成なども、その国の言葉です。
大使館の中だけは「日本にいるのに外国にいる」ようなもので、そこが面白いところですね。
各国々のことを深く知ることができます。

大使館職員の給料手取り

上記平均給与から算出してみると、手取りはだいたい
18万円~27万円となりそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

大使館職員になるには? 【資格・試験難易度・合格率】

大使館職員になるには、大使館での募集に応募して採用されるという流れがあります。
これが「現地採用」ですね。
他には、公務員試験を受験して外務省に採用され、大使館職員になるというルートがあります。
後者のルートだと「在外日本大使館」勤務になります。
 
ここでは契約採用・現地採用について語ります。
基本的には、即戦力になる人材が求められるので、それなりの学歴と言語力が必要です。
必要となるのは、大卒以上の学歴・その国の公用語でのコミュニケーション能力・英語力・書類作成・広報能力。
 
合格率や難易度について確固たるデータはありませんが、現地採用の試験自体はそれほど難しくはないようです。
ただ、ハードルが高いというだけですね。
募集条件に合う人であれば受かるでしょうが、その募集条件のハードルが高いです。
さらに、欠員が出たときにしか募集がないので、うまくそのタイミングで募集を見つけることが必要になります。
とは言っても、短期雇用なのでこまめにチェックしておくといいでしょう。

在日日本大使館職員(英語圏)の求人募集の探し方

在日日本大使館職員の求人募集についてですが、ネットで「大使館 募集」と調べてもあまり出てきません。
出てくるのは「大使館に赴くことのある仕事・大使館が近いだけの職場」ばかりです。
特定の大使館職員の求人を探すのであれば、それぞれの大使館ホームページのお知らせなどをチェックする方法が確実ですね。

大使館職員の仕事の面白さ

この仕事の面白いところは、「日常」と「非日常」が見事に織り交ざっているところにあります。
事務仕事というのは、経験した事のある人にとっては「いつもの仕事」「日常」でしかありません。
繰り返しになる業務が多いので、慣れれば日常の一部に溶け込んでしまいます。
でも、大使館という場所は日常なかなかいく機会のないところ。
 
日本大使館であれば、あまり感じることのできない面白さですが、その国の言葉でのコミュニケーションをすることになります。
文書作成なども、その国の言葉です。
大使館の中だけは「日本にいるのに外国にいる」ようなもので、そこが面白いところですね。
各国々のことを深く知ることができます。

大使館職員は正社員にはなれないの?

大使館は「短期契約での契約社員が多い」「パートも多くなっている」という話をしました。
それでも「正社員募集が全く無い」というわけではありません。
欠員が出たときのみの募集になりますが、正社員としての募集もあります。
ただ、契約社員から正社員になったという話はあまり耳にすることも目にすることもありませんね。
 
「なれない」ということはないのですが、「募集があまりない」のが現実です。

日本に住む大使館職員は住民税はどうなってるの?

給料解説者ぺすくん

日本に住んでいるとは言っても、大使館のなかだけは他国という扱いです。
でも、大使館を出れば日本の法律が適用されますよね。
住んでいるのは日本で、働いているところは他国・・・住民税はどうなるのかという話になります。 
 
採用条件や、実際に大使館で働いていたという人の声をきくと、「各種税金が自動で引かれることはない」のだそうです。
税金関係は自分で確定申告をして納税しなければなりません。
大使館自体には、各種税金の源泉徴収義務はないとされています。
 
そのため、住民税をはじめとする税金は自分で申告することになるのです。
結果、住民税はかかります。

大使館職員の口コミお給料

給料:30万円

以前在日大使館で契約社員で働いたことがあります。

大使館職員の仕事の面白さや給料を教えてください

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

下記より評判を投稿する

その他の公務員系職業の給料一覧の給料一覧