牧師(神父)の給料・手取り・初任給やなるには?を解説! | 給料BANK

牧師(神父)の給料、手取り、初任給|「給料BANK」

給料BANK > 冠婚葬祭系職業の給料一覧 > 牧師(神父)の給料、手取り、初任給

牧師(神父)の給料年収や手取り額、初任給を解説!

牧師(神父)の給料年収を解説します。

牧師(神父)の平均給料・給与

  • 22万円
  • 20代の給料:18万円
  • 30代の給料:22万円
  • 40代の給料:29万円
  • 初任給:0~12万円
    年代は特に給料に関係ないのであくまでも予測となります。

※給料給与統計の算出は口コミや厚生労働省の労働白書を参考にしております

牧師の給料・年収補足

20代の給料(謝儀):18~22万円
30代の給料(謝儀):22万~24万円
40代の給料(謝儀):29~30万円
多くの牧師の場合、教会は独自経営の場合もあるため、謝儀は平均で一律22万~23万円前後が多く、年齢や経験年数はそれほど関係ないそうです。(教区の援助があるようです)
教会の運営は、問題無いですが、生活自体はかなり困窮するというのが、よくあるそうです。
※教会の運営を教団が援助してくれることはありません。

牧師の仕事内容

主に、聖書について勉強をし、聖書に基づいた教えを広めるのが、主たる仕事(布教)ということになります。
目立った布教活動もなく、また「お布施」のような募金活動もありません。
生活のために、アルバイトや他の仕事を持ってる牧師も存在します。

牧師の給料手取り

税金を支払った後は、18万円前後というのが多いみたいですね。
謝儀が年間600万円を越える牧師も、多少、存在しているそうですが、多くはかなり低い収入でやりくりしています。
教団次第では、住居費も出費してくれるところもあるようです。

牧師になるには?【資格・試験・合格率】

カトリックと違って、職務や資格については、教団ごとに様々です。
洗礼を受けて数年間の職務いじょうとか、教会の牧師、教団の推薦状など、教会員に認められれば、牧師となるケースや、独自の養成教育課程、認定システムに於ける、試験設定などで、定められた基準を満たすと、牧師になるといった場合もあるようです。
日本基督教団に属する教会の牧師は、東京神学大学、同志社大学、関西学院大学などの、神学部を卒業後、補教師の資格を持って、カトリックと同じように3年目に教団の試験を受験し、合格する必要があります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

:牧師の衣装ってどのくらいするの?

牧師の場合は、カトリックとは異なり、正式な祭服というのはあまり無いそうです。
サラリーマンのようなスーツや、私服の場合も多いです。
ちなみに、結婚式などで牧師の格好をしているのは、アルバイトの場合が多く、それも正式なものではなく、英会話の外国人が日本でのアルバイトとしてやってるケース、あるいは極普通の社員がやってる場合があります。
通常、信者以外は、教会で洗礼を行なうことは出来ません。
(そもそも、結婚式と教会とは無関係で、正式な教団の施設ではありません。)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

牧師と神父ってどう違うの?

給料解説者ぺすくん

一般的には、プロテスタントの聖書を中心とした教義が、牧師であり、一般庶民にとって一番身近な聖職者になります。
神父は、カトリック教会から派遣された資格を持つ人で、聖母マリアを中心に信奉する教会に属します。
神父は、洗礼を受け、3年以上開花し、教会の推薦状をもって、大学では6年の教育課程を終了し、ローマカトリック教会の元で、司祭を任命する儀式を受け、神父となりますが、プロテスタント教会の場合は、敷居は低く、認定システムよ養成教育を修了したばあいに、認定をうけて牧師となるケースが多いです。

牧師の口コミお給料

給料:5万円

結婚式をアルバイトでとりしきってます

給料:3万円

アルバイトしています。

牧師(神父)の仕事の面白さや給料を教えてください

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

下記より評判を投稿する

その他の冠婚葬祭系職業の給料一覧の給料一覧