納棺士の給料・手取り・資格やなる方法を解説! | 給料BANK

納棺士の給料、手取り、初任給|「給料BANK」

給料BANK > 冠婚葬祭系職業の給料一覧 > 納棺士の給料、手取り、初任給

納棺士の給料年収や手取り額、初任給を解説!

納棺士の給料年収を解説します。

納棺士の平均給料・給与

  • 25万円
  • 20代の給料:18万円
  • 30代の給料:25万円
  • 40代の給料:28万円
  • 初任給:15万円
    ※地域によっては上記平均給与よりもかなり低いお給料のところもあります

※給料給与統計の算出は口コミや厚生労働省の労働白書を参考にしております

納棺士の仕事内容

納棺士の仕事内容と聞いて、棺桶に収めるだけを思い浮かべる人は多いでしょう。
ですが、実際はとても様々な事をしなければいけない職業なのです。
納棺士の仕事内容は葬儀社からの依頼があって行います。
病院や自宅で亡くなった人が火葬されるまでの管理全般をするのが納棺士の仕事です。
まずはドライアイス等で体を冷やし、亡くなった人が腐敗してしまう事を防ぎます。
夏等暑い季節になると、少しの時間放っておいただけでも腐ってしまい、臭いが漂ってきてしまうのです。
そうならないようにする為に手早く冷やして状態の維持をします。
また、亡くなった人は皆が安らかな顔をしているわけではありません。
ですが他の人が見る時には皆眠っている様な顔になっていますよね。
その様に表情を整えるのも納棺士の仕事のひとつになります。
更に、着替えをさせたり、化粧をして顔色を整えたり、亡くなった人の顔の産毛を剃ったりするのも仕事です。
時には事故等で綺麗なままの姿ではない事もあります…
そんな姿の時は親族に見せられる状態まで処置をします。
この様に、納棺士の仕事は様々で仕事内容によってはショックを受けてしまう事もあるでしょう。

納棺士の給料手取り

上記平均給与から算出してみると、手取りはだいたい
25万円~30万円となりそうです。

納棺士になるには?【資格】

納棺士になるにはどうすれば良いのかと悩んでいる人もいるでしょう。
この職業は学歴や資格等が関係無いので、希望すれば比較的誰でもなれる職業です。
年齢制限等は葬儀会社によって異なるので、それさえクリアすれば大丈夫と言う事になります。
納棺士になるのは、まず葬儀会社に入社しなければいけません。
葬儀会社の求人を見つけ、応募して面接等に合格すれば納棺士になれます。
また、珍しい所では納棺士専門の学校があるとされています。
これは半年~1年くらいで卒業する事が出来、様々なシーンに対応出来る技術が身に付けられるようです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

納棺士の求人や募集はどうしたらいい?

納棺士の求人を探したいと考えている人はいますか?
一般的にあまり耳にはしない職業なので、どこで求人を募集しているのか分からない人も多いでしょう。
まず、一番確実なのはハローワーク等の職業安定所です。
ここだと多くの求人を見つける事が出来ますし、待遇をしっかりと確認する事も出来ます。
納棺士の求人を探していると言う人は一度近くのハローワークへ足を運んでみる事をおすすめします。
また、葬儀関係の求人を専門に扱っているサイトも一度見てみると良いでしょう。
やはり専門的に扱っているだけあって、種類も豊富です。
ですが、インターネットでの求人はしっかりとした見極めが必要になってくるので注意が必要になってきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【ぴっくんコラム】納棺士の給料は低いって本当?

給料解説者ぴっくん

納棺士の給料が低いと言われている事を知っていますか?
少し前に映画の「おくりびと」で有名になった納棺士ですが、実は他の職業よりも平均年収が低い事が分かっているのです。
まず、様々な葬儀関係の仕事がありますが、その中でも給料が低いのが納棺士です。
葬儀関係の仕事の平均給料は30代で30~32万円だと言われていますが納棺士の給料は30代平均でも27~28万円と若干低くなっています。
ですが、これからも絶対に無くならない職業なので安定していると言えば安定している職業になると思います。
もし納棺士の仕事をしようと思っているならば、給料も含め様々な点から見ていく必要がありそうです。

納棺士の口コミお給料

給料:28万円

安定はしている仕事ですね

給料:30万円

精神的にも大変なお仕事だとおもいます。

納棺士の仕事の面白さや給料を教えてください

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

下記より評判を投稿する

その他の冠婚葬祭系職業の給料一覧の給料一覧