お坊さん(住職、僧侶)の給料手取りや税金を解説! | 給料BANK

お坊さん(住職、僧侶)の給料、手取り、初任給|「給料BANK」

給料BANK > 冠婚葬祭系職業の給料一覧 > お坊さん(住職、僧侶)の給料、手取り、初任給

お坊さん(住職、僧侶)の給料・年収や初任給を解説!

お坊さん(住職、僧侶)の給料年収を解説します。

img_jushoku_top2

いいねやツイートしていただけると喜びます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

お坊さん(住職、僧侶)の平均給料・給与

  • 15 ~25万円
  • 20代の給料:17万円
  • 30代の給料:20万円
  • 40代の給料:28万円
  • 初任給:15万円
    お布施分は抜いた計算です

※給料年収統計の算出は口コミや厚生労働省の労働白書を参考にしております

お坊さん(住職、僧侶)の年代別給料補足

20代の給料:15~18万円(推定)
30代の給料:18~20万円(推定)
40代の給料:25~30万円(推定)
 
月刊住職によると年収100万円以下の住職が3割ぐらいいるようです。
護寺会費なども少なくなり少子化により企業だけではなく寺院も若干影響をうけているとのことでした。

お坊さん(住職、僧侶)の仕事内容

新興宗教の様なケースを除き、宗教法人としての法事、法要などの開催、町内会などの親睦会や、幼稚園併設の場合は、その経営を行ってる場合もあります。
基本は、法人への寄付金の形で収入が入り、その収入に応じた法人からの給与が支給される形になります。

お坊さん(住職、僧侶)の給料手取り

上記平均から算出してみると、手取りはだいたい
18~20万円前後となりそうです。

駐車場経営、幼稚園の経営その他、寄付金が多く集まる大きな仏閣所有者や、観光地のお寺を除き、多くは檀家からの寄付金と、法事、法要の寄付金から一旦法人へ資金が入り、そこから経費などを取り除いた給与という形で、住職も含めお坊さんの月給は決まるそうです。
仕組みは一般的なサラリーマンとあまり大差ありません。

お坊さんのお給料には税金はかからないの?

営業所得、つまりは民間幼稚園の経営や、駐車場経営などの「営業利益」に関しては、お坊さんでも所得税はかかりますが、お布施や寄付金の領収書は、公益業務として印紙税法上は不課税となっています。
しかしこのお金は、法人のものであり、法人としての資金は維持管理団体の負担費用(檀家のお墓の管理費等)や、維持管理費のため、課税されないだけで、住職の給与、及びお坊さんの月給は、一般サラリーマン同様、年末調整、納税率、納税額も税金の申告をしなくてはなりません。
町内会などが、町内会館の維持管理に寄付金を徴収した場合、そのお金が非課税になるのと同じ理由で、出資者(檀家など)の共有の財産である寄付金(お布施など)は、非課税となります。
給与は当然、個人資産ですから、税金はかかります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

お坊さんになるには?(求人の探し方や資格など)

世俗から隔離され、修行してあたかもお坊さんになるイメージが強いですが、殆どは、宗教会派ごとの仏教系大学へ通って、専門課程を修了後、実家のお寺を継ぐか(教師衆徒として住職になる)、得度の制度を利用し、菩提寺の住職から許可をもらい、得度考査に合格し、得度習礼を受講、得度を得て、教師試験資格に合格し、教師教修を受講後、仏門に入るという道があります。
得度考査は筆記試験で、いわゆる修行にあたるのが得度習礼です。
仏教系大学の場合は、決められた単位を所得し、卒業すると、これらの試験は免除されるということになっています。
一般の高校卒業、あるいは大卒以後に仏教系大学に1年間通うといった方法もあります。
(高校の場合は、そのまま4年制仏教系大学進学が多い)
通信教育もあり、自宅で受講する事も可能となっていますね。
教師を所得すると、その宗教の本山から任命を受け、就職となる資格が得られますが、住職補任式の後、住職継承の法要などを行った後に、住職となるそうです。
習礼は相当に厳しく、4時間睡眠、精進料理も5分で食べるのが条件など、一般的には求人のようなものは存在しません。
教員資格を得て、公立校の教師になるイメージに似ていますね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ぴっくんのお坊さん(住職、僧侶)解説!

給料解説者ぴっくん

お坊さん(住職、僧侶)は一般的に個人所得にも税金がかからないと思っている人が多数なのだが、実際にはかかっているのだ。
しかし、自営業と一緒で、経営所得にするか、個人所得にするかは税理士に相談できるよう、個人で得ている所得を調整して、実際には上記の手取りよりももらっているという口コミがあるのだ。
お布施が多いと懐がフカフカなのだ^^

お坊さん(住職、僧侶)の口コミお給料

給料:20万円

お布施があればそれなりにいい暮らしが出来る坊さんもいるようです。知人の坊さんはフェラーリを所有してますね。

給料:30万円

修行はちゃんとしないといけません。

お坊さん(住職、僧侶)の仕事の面白さや給料を教えてください

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

給料:34万円
檀信徒2500軒の大寺に勤める若僧です。大卒後6年目になります。良さそうに見えますが、時間外は当たり前、休日はひと月に1日あるかないかということも。就労外の勉強会、講習会も多いです。

給料:15万円
初任給~二年間:5万円
辛すぎ。

お布施しだいですね

自分でお寺を持っていれば億の家は建てれます、

檀家が0軒のお寺もあります。そこまででなくても20~30軒というお寺も。
そのようなお寺は住職に給与を出す事はできません。
布施で暮らすか、兼業をしなければ生活はできません。
住職が家族を養う事も難しいでしょう。
昔は兼業も受け入れられていましたが、今では白い目で見られる事もあると聞きます。
檀家からではなく、兼業の職場で。

億の家とは庫裏のこと?それは法人のものですから個人の財産にはなりませんよね。私も住んでいますがあくまでも社宅に住んでいる気分です。家賃も払ってますよ。

檀家や葬儀件数次第。
普通のサラリーマン以下バイトクラスの給与がほとんど。
フェラーリ買えるお寺さんなんて極わずか。
檀家離れと散骨や直葬、戒名なしが増えてお寺を2・3件兼務しないと生活出来ないお坊さんの方が圧倒的に多いです。
坊主丸儲けバブルは既に弾けてしまっています。
これからの高齢化で儲かると思ってる人もいますが、裕福な高齢者ばかりの国ならいいですが・・・。
葬儀のお布施が3万円なんてのもザラですよ。

22万円

18万円

給与 0〜7万
本当に月によります、弟子や若い僧侶の大半は殆どいただいていないかと
毎月保険料や携帯代など必要最低限でかつかつです

未だに『所得税かからないよね』、とか『儲けてるんでしょ?』と言われます、『うちの地元の坊主は高級車で〜』『知り合いの坊主は風三昧で〜』などなど
ただこういった大半の僧侶の懐事情、実際の給与などもっと世間へ訴えていくべきであると思っています
特に若い僧侶を中心として

まぁ億の家が建てられるとかいっている方がおりますが、そうゆうこと言う人がいるから誤解が生じるのです。
親が副業を持ちながら寺を運営し、子供に払う給料がないから子供は外の大きなお寺に昇給なし月18万程度で働くだけです。
夢を持ちたいですが、衰退の一途を嘆くだけでなく抜本的な改革が必要です。贅沢な暮らしをするためではありません。最低限の暮らしができるようにです。
そもそも、僧侶の仕事は、給料がいくらで、お布施がいくらでではなく、生きてる人間の人生、亡くなった人間との別れ、それぞれにどれだけ寄り添えるかが最低限の条件だと思います。

24万円

30代で約30万
門徒や信徒さん回りに使うクラウンは、新車購入のうえ、初回車検時までに新車入れ替えしてます。

寺経費は使い放題、今年に入り坊守用にまた新車購入しました。

跡取りができないのが大変です、4人とも女の子でしたし。

15~40万円

15~40万円

北は留萌、南は函館まで走りまわる寺の住職ですが、若坊主は15万、私は40万です。
3年に1度新車購入(クラウン等)を若坊守除く3台分購入しました。
今年は坊守用に新車購入してます。
はっきり言えば今のお年寄り世代は金持っていますから、寺で寄付募れば二桁万円は最低ランクとして最高四桁万円の寄付がありました。
なので今年もウハウハです。
この商売止められません。
ただ若坊主の一家に男の子が生まれないのが残念です。
4人とも女の子はきついです。

檀家数1000件、地方寺院の副住職。(アパートから通い)子供3人の5人家族で勤続20年目。総支給で30万。交通費、家賃、本山などに行く交通費一切支給なし。(実費) 月の小遣い1000円~5000円で、ツラい!ツラすぎ!

30代/檀家700軒 中部地方の特例市 中心市街地の寺勤務/手取りで14万円/法事や葬儀、寺の事務仕事による時間的拘束が長い/住職夫妻が面倒くさい/教区や地区の仏教会の行事や合同法要が面倒くさい/寺同士の付き合いも面倒くさい(しがらみだらけ)/一秒でも早く還俗したいので某国家資格の取得に向けて勉強中

お坊さんの給与は、お布施が戴けるかどうかで変わります。
役僧として大きな寺院に就職している場合は、給与が入ります。通常は大卒10年目給程度で若い場合は高給取りですが昇給は見込めないところが多いです。
住職の場合は、寺院の運営維持管理の経営者としての責任が出てきますので、先ずは寺院の収入を寺院運営に回す結果、アルバイトや兼職をして個人収入を補てんしている方のほうが多いですね。(個人収入を寺院に補てんしている例もあります。)
なお、裕福な生活をしているお坊さんは寺院所有・個人所有の土地・建物による不労所得がプラスされている結果、裕福であるというのが現状です。もちろん収益・個人所得ですので、土地も収入も一般の法人・個人と同じ課税となりますが、この余裕分で豊かに過ごされている方がいらっしゃいます。
なお私の場合は、寺院のみですので、給与でいただく年収で200万円足らずです。

あと、北海道は「別格」ですので坊さん目指すなら北海道を目指しましょう!

世間の人が思っている「お布施が多ければ金持ちになれる」なんてのは幻想で、お布施は宗教法人の収入であり入ってきたら入ってきた分を全て使えるわけがない。
宗教法人の運営費が必ず必要なのに、毎月定額入ってくるわけでないお布施を好きなだけ使えることができるはずがない。
なので給与は普通は低く設定するだろう。
また宗教法人の経費に関しても法的に自由に使えるわけではない。

寺院に所属する僧侶は基本的には公休日もなく365日拘束されているような感じではある。
職員・役僧であればそうでもないだろうが、住職ともなればそうそう休んでいるわけにもいかない。
しかし基本的な作務を除いた法事・年回等の仕事があるというだけありがたいというのが実情。
何もすることがなければ休みだが、休みほど怖いものもない。

宗派・宗門、そして地域・組などの付き合いは昔ほど身密さはなくなった気もする。
面倒くささはあるが、世代交代で中身が変化している。
地域住民の目の方が気になるだろう。
昔は日用品の買い物すら気を使っていたが、最近は車で離れたところへ行くから自由さはある。

宗派・宗門の宗費負担が大きい。
時代は変っても相変わらず旧時代的な意識の組織なので、何かあるたびに多額の出費が必要となる。
寺院運営は右肩下がりなので、それに合わせてやっていくしかないが、天災・事故が起こって大規模な修繕に迫られたら詰んでしまうだろう。
寄付なんてもう頼める時代でもなく、頼もうとも思わない。

僧侶としてのおもしろさは人によるだろう。
それぞれ僧侶の得意な分野や興味のあるところ次第。
ただ基本はやはり教学だろう。
いくつになっても勉強できるというのはおもしろいところだ。
あと寺院にいる、そこで生きるということにおもしろさがある。
そこを見つけられるかどうか。
己次第なところ。
何より仏教というのはおもしろい。

30代で夫婦合わせて40万です。
皆さんが思われているような布施総取りではありません。
月のお布施は20〜150万ほどです。
お布施がいくらであろうとも、それは全部宗教法人の通帳にいきます。そこから、月々の給料をいただきます。
宗教法人にたまったお金で庫裏の修理や香典などをだしています。
布施総取りしているお寺なんて今時税務署にやられますよ。
というか、僧侶のくせにそういう行為するなんてあり得ない。
葬儀の布施はいくらであろうとも区別せず精一杯努めています。
べらぼうに高くとるお寺は実際、寺離れが激しいみたいですが自業自得としか言いようがありません。私も在家から嫁いでいるので、そんな生臭坊主のお寺にはお世話になりたくありません。
ちなみに田舎なので、365日24時間いつでも電話対応、来客対応します。丸一日休みでも庭の草取りや掃除三昧。海外旅行なんてまず無理です。家族で出かけても、枕経があればとんぼ返り。
保険も国保だから高いし…尊敬できる主人と一緒に他の夫婦より長い時間過ごせるので有難いです。

その他の冠婚葬祭系職業の給料一覧の給料年収一覧