相続診断士の給料年収・仕事内容・資格難易度や求人を解説! | 給料BANK

相続診断士の給料年収・仕事内容を解説!|「給料BANK」

給料BANK > 冠婚葬祭系職業の給料一覧 > 相続診断士の給料年収・仕事内容を解説!

相続診断士の給料年収や手取り額、初任給を解説!

相続診断士の給料年収を解説します。

相続診断士の平均給料・給与

  • 35万円
  • 20代の給料:20万円
  • 30代の給料:35万円
  • 40代の給料:40万円
  • 初任給:18~万円
    ※補足を参照ください

※給料給与統計の算出は口コミや厚生労働省の労働白書を参考にしております

相続診断士の給料・年収補足

20代の給料:20万円~30万円(推定)
30代の給料:35万円~50万円(推定)
40代の給料:40万円~50万円(推定)
 
 
上記平均給与から算出してみると、平均年収はだいたい
300万円~500万円となると予測されます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

相続診断士の仕事内容

相続診断士というのは、相続に関して起こり得るさまざまな問題に対しての理解を深め、より多くの人が円満に相続をすることができるように啓蒙活動などを行うのが仕事です。
弁護士や司法書士・行政書士などと連携をして相続問題の解決に取り組むことも多くあります。
民法や相続税法に関する知識を一般に普及して、正しい遺言書に基づく遺産相続が行えるようにするというのが、相続診断士の仕事です。
 
具体的な業務内容といえば、人々の相談に乗ったり、弁護士などを紹介することですね。

相続診断士の給料手取り

上記平均給与から算出してみると、手取りはだいたい
20万円~40万円となりそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

相続診断士になるには?【資格】

相続診断士になるには、まずは弁護士資格などの国家資格を取得しましょう。
相続診断士の資格は一般社団法人が実施している民間資格になります。
相続という難しい問題には多数の実績を持つ弁護士の方がもうすでにいらっしゃいますし、弁護士のほうが信頼は厚いです。
 
民間資格だけを取得しても社会的にはあまり役に立ちません。
相続診断士の資格に現実味と効力を持たせるのが、弁護士資格などの国家資格です。
相続関連でいうと、弁護士や司法書士・税理士などですね。
行政書士でもいいかもしれませんが、あまり込み入った相続問題の解決には及ばないでしょう。
 
相続診断士の資格は、一般社団法人相続診断協会が行っている資格がメジャーですね。
弁護士資格などを取得した上で、「私は相続関連に特化している弁護士ですよ」という証明になるものとして上乗せで取得するような資格になっています。

相続診断士の勉強時間や難易度、合格点ってどのくらい?

相続診断士の難易度はとても低く、かなり簡単です。
問題数は全部で60問あり、制限時間は60分。
制限時間と問題数の関係を見てもわかると思いますが、割と時間には余裕があります。
出題方式は、○×問題・三肢択一問題・穴埋め問題の3種類。
 
合格点は70点以上となっており、合格率は9割を超えるようです。
勉強時間は、仕事の合間にちょこちょこっとDVDとテキストを確認する程度なので、一日に一時間勉強すれば問題ないでしょう。
試験の申し込みをすると協会から試験対策用のテキストや講義DVDが送られてきます。
それらについてきっちりと対策していれば落ちるということはありませんね。
合格基準も7割と甘めに設定されているので、身構える必要はありません。
 
ただ、合格率が9割を超えている背景には、受験者のほぼ全員がすでに相続に関しての知識があるという人ばかりだからということがあります。
生命保険会社・不動産・弁護士などが多く受ける資格ですから、当然合格率は高くなりますよね。
それらの仕事をせずに、弁護士資格なども持っていない場合の難易度は、「普通」といったところです。
それでも難しいほうではないので、挑戦してみる価値はあるでしょう。

相続診断士の求人や就職先ってどんなところなの?

弁護士などが自分の仕事に箔をつけるためといった意味合いで取得することの多かった資格ですが、最近では相続診断士として開業する人も少なくはありません。
就職先といえば、弁護士事務所や不動産会社・生命保険会社などが一般的ですが、その仕事内容は相続診断士としての仕事内容と言うよりは、その職場での仕事内容。
相続診断士として特別に仕事がしたいという場合には、開業をするくらいしか道がありません。

相続診断士と相続アドバイザーの違いってあるの?

給料解説者ぺすくん

相続診断士と相続アドバイザーはどちらも相続関連の資格ですが、何か違いはあるのでしょうか。
結論から述べると、ほとんど違いはありません。
どちらも相続に関する相談を受けて、その相談内容について問題解決に励むのが仕事ですし、それが可能な人材であることを証明するための資格です。
あるいは、そういった人材を育成するための認定資格です。
 
ただ、何か違いがあるかと言えば、無いことはありません。
相続アドバイザーは直接窓口で相続に関する相談をきいて、相続アドバイザーが自分でアドバイスをするという意味合いの強いものです。
弁護士を紹介したりということではなく、「こうすると良いですよ」というアドバイスをする。
相続カウンセラーに近いですね。
 
それに比べて相続診断士は、どちらかといえば直接相談に乗って問題解決に乗り出すというよりは、弁護士などを紹介してスムーズに相続が完了するように動くといったものになります。
また、ひとりひとりが相続に関してもっと関心を持つように啓蒙活動などを行うことが、相続診断士にとっては最も大切な仕事です。
違いがあるとすれば、そこにあります。

相続診断士の口コミお給料

給料:30万円

民間資格としてもってます本業はFPをやっています。

給料:30万円

富裕層の方からの相談が多いので弁護士さんを紹介しています。

相続診断士の仕事の面白さや給料を教えてください

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

下記より評判を投稿する

その他の冠婚葬祭系職業の給料一覧の給料一覧