看護助手の給料年収・手取り・求人・時給相場を解説! | 給料BANK

看護助手の給料年収・初任給・仕事内容を解説!|「給料BANK」

給料BANK > 介護・保育系職業の給料一覧 > 看護助手の給料年収・初任給・仕事内容を解説!

看護助手の給料年収や手取り額、初任給を解説!

看護助手の給料年収を解説します。

看護助手の平均給料・給与

  • 19万円
  • 20代の給料:15万円
  • 30代の給料:20万円
  • 40代の給料:23万円
  • 初任給:15~万円
    ※補足を参照ください

※給料給与統計の算出は口コミや厚生労働省の労働白書を参考にしております

看護助手の給料・年収補足

20代の給料:15万円~21万円(推定)
30代の給料:17万円~23万円(推定)
40代の給料:20万円~25万円(推定)
 
 
上記平均給与から算出してみると、手取りはだいたい
13万円~20万円となりそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

看護助手の仕事内容

看護助手というのは、その名前のとおり、看護師が行う仕事のサポートをするのが仕事です。
看護師は実際の医療行為を行うわけですが、看護助手は医療行為以外で看護師の仕事を支えます。
どんなことをするのかといえば、患者さんの介助などですね。
歩くことが困難な患者さんがいれば、移動補助をしますし、一人で入浴できない患者さんがいれば入浴の補助をします。
排泄補助や食事補助など、日常生活を一番近くで支えることが仕事です。
 
そのほかにも、看護師が使っている器具を洗って滅菌作業をしておいたり、病院にある備品を管理・整備したりするのも看護助手が行っています。
簡単なものになれば、事務補助をすることもありますよ。
また、手術室の滅菌や、そこにおいてある道具の管理、手術室や中央材料室の掃除などを行うのも看護助手の仕事です。

看護助手の仕事の面白さ

看護助手は、患者さんの一番身近なところにいる存在です。
そのため、患者さんからとても感謝される立場にあります。
患者さんからの「ありがとうございます」「ありがとうございました」という感謝の言葉をやりがいとして仕事をしている人が非常に多いですね。
また、医療道具を洗って滅菌しておくというのはとても大切な仕事です。
手術室の管理や滅菌も、きっちりとされていないと患者さんの命に関わります。
患者さんの一番近くで生活を支えながらも、患者さんの命を間接的に左右しているのが看護助手。
医療行為を実際に行うわけではなくても、その責任はとても重大なものです。
その責任をやりがいに変えることができれば、この看護助手という仕事はとても楽しく面白いものになるでしょう。
 
責任感ある人・責任感ある立場に憧れる人などが向いているかもしれませんね。
人の支えになりたいという人には、間違いなく向いているでしょう。

看護助手の給料手取り

上記平均給与から算出してみると、手取りはだいたい
13万円~20万円となりそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

看護助手になるには?【資格】

看護助手の仕事をするのに資格が必要だと定められているわけではありませんが、現実問題資格を持っおいたほうが良いでしょう。
また、看護助手は看護学校や准看護学校に通っている人が、通いながら働くということが多いようです。
看護学生は積極的に採用しているそうなので、看護助手になりたいと考えている人は選択肢のひとつとして考えていると良いかもしれません。
 
看護助手が持っておいたほうが良い資格といえば、介護初任者研修ですね。
仕事内容を見てみると、ヘルパーの仕事に通じるところが結構あります。
そのため、介護初任者研修の認定資格を持っていると仕事の幅が広がるので、採用もされやすくなるわけです。
 
以前まではホームヘルパー2級という資格がありましたが、廃止されて介護初任者研修となりました。
全部で130時間の研修を受けます。
スクーリングの時間は90時間になるので、時間的に余裕がある人でないと厳しいかもしれませんね。
全課程を修了すると試験があります。
 
研修に関しては、講義が40時間・実技スクーリングが90時間・実習は無しで、施設と在宅の両方に対応できるような内容の研修になっています。
筆記試験の難易度はそれほど高くはないので、研修をしっかり受けて、その内容を頭に入れてさえいれば問題ありません。
 
実務者研修もありますが、初任者研修があれば看護助手業界では優遇されます。
ホームヘルパー2級と同列に扱われるものと思っているとわかりやすいかもしれませんね。

看護助手の求人募集の探し方

看護助手の求人は、グッピーという医療系の就職・転職サイトに多く載っています。
さまざまな病院の求人情報が載っていて、簡単に比較検討できるので利用してみると良いでしょう。
勤務地・給与・年間休日日数などで検索をかけることができます。
未経験でも可能かどうか、残業はあるのか、研修制度があるのか、週休2日以上なのかといったような、こだわりで検索をすることもできるので便利です。
 
ある程度信頼の高いサイトになるので、利用すると良いかもしれません。
地域で探すならハローワークにも多数の求人が載っているようなので、グッピーとハローワークを合わせて利用し、求人を探すと良いでしょう。

看護助手のバイトの時給ってどのくらい?

看護助手のバイトの時給は、だいたい1000円前後です。
950円から1200円あたりが相場になっています。
時給に関しては、看護助手という職種をひとくくりにして決めているところもありますが、行う仕事内容によって変えているところもありますよ。
 
介助業務ができるとなると時給は少なからずアップするようです。

看護助手と看護師の違いは?

給料解説者ぺすくん

看護師と看護助手の最も大きな違いは、医療行為を行うことができるかできないかということですね。
看護師は国家資格を持っていて医療行為を行うことができます。
医療行為を行っても良いという資格なので、さまざまな医療行為を行うわけです。
点滴を打ったりしているイメージがあるかもしれませんが、そういう業務を行うことができるのが看護師。
 
看護助手は、資格が必要ではなく、医療行為も行うことはできません。
看護助手という言葉から、医療行為を行っている看護師の助手をするのだ=医療行為の補助をすると勘違いしてしまう人が多いかもしれませんね。
 
また、看護助手は病院によってはヘルパーと呼ばれることがあります。
介助をする人という意味合いが強いのでしょう。
一般的には「ナースエイド」と呼ばれているようです。
 
給料面でも大きな違いがあります。
看護師の給料は、やはり国家資格ということもあって月給27万円から32万円程度の人が多くいます。
平均月収はだいたい32万円。
看護助手の平均月収よりも10万円多いですね。
 
待遇面でも大きな違いがあり、看護助手は結構待遇が悪いです。
病院によっては雑用のようにあごで使われてしまうこともあります。
そういったところに、看護師と看護助手の違いが現れているのです。

看護助手の口コミお給料

給料:14万円

アルバイトしています。結構安いのでやっていけないです

給料:13万円

アルバイト

看護助手の仕事の面白さや給料を教えてください

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

下記より評判を投稿する

その他の介護・保育系職業の給料一覧の給料一覧