医療ソーシャルワーカーの給料年収・仕事内容や面白さを解説! | 給料BANK

医療ソーシャルワーカーの給料年収・初任給・仕事内容を解説!|「給料BANK」

給料BANK > 介護・保育系職業の給料一覧 > 医療ソーシャルワーカーの給料年収・初任給・仕事内容を解説!

医療ソーシャルワーカーの給料年収や手取り額、初任給を解説!

医療ソーシャルワーカーの給料年収を解説します。

医療ソーシャルワーカーの平均給料・給与

  • 25.3万円
  • 20代の給料:22万円
  • 30代の給料:25万円
  • 40代の給料:29万円
  • 初任給:15~万円
    ※補足を参照ください

※給料給与統計の算出は口コミや厚生労働省の労働白書を参考にしております

医療ソーシャルワーカーの給料・年収補足

20代の給料:15万円~20万円(推定)
30代の給料:20万円~30万円(推定)
40代の給料:25万円~35万円(推定)
 
 
上記平均給与から算出してみると、平均年収はだいたい
400万円~500万円となると予測されます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

医療ソーシャルワーカーの仕事内容

医療ソーシャルワーカーというのは、保健医療機関で、患者さんの社会復帰のためのアドバイスをする仕事です。
経済や心理、社会の状況などを読み取った上で患者さんやその家族にアドバイスや具体的な援助をします。
まずは患者さんやその家族の相談をきいて、その相談内容に関して解決するために全力をつくすわけです。
カウンセラーや介護福祉士などと連携して仕事をすることになります。

医療ソーシャルワーカーの仕事の面白さ

医療ソーシャルワーカーの仕事というのは、患者さんの社会復帰やそのほかの生活を支援することです。
自分が相談に乗ってアドバイスをしたり、実際的な援助活動などをしたことによって患者さんが生活問題を解決することができることが、この仕事のやりがいであり、面白いところですね。
人がどのように自己決定をしていくのか、人がどのようにして生活をしていくのか。
そういった決断に関係している仕事でもあります。
人の心が動いて決断をするその瞬間に立ち会うことができるというのは、とても面白いところです。
 
人の相談に乗るのが好きだという人、人の心の動きについて感心のある人には向いている仕事と言えるでしょう。
社会福祉という観点から人間の自己決定について知りたいという人にとっても良い仕事かもしれませんね。
人のために何かが出来る人、何かをしようと思える人でないと、この仕事は面白くないかもしれません。

医療ソーシャルワーカーの給料手取り

上記平均給与から算出してみると、手取りはだいたい
20万円~30万円となりそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

医療ソーシャルワーカーになるには?

医療ソーシャルワーカーとして働いている人は、社会福祉主事任用資格や、社会福祉士や精神保健福祉士の資格を持っている人が多いです。
医療ソーシャルワーカーという名前の国家資格などはありませんが、社会福祉士は国家資格ですし、それらが基礎となっている仕事なので当然必要になります。
ということは、最低でも社会福祉士資格くらいは持っていなくてはいけないわけですね。
 
とはいっても、やはり国家資格ですから簡単に取得できるわけではありません。
たとえば社会福祉士の資格を基礎資格として取得するものとして話を進めます。
社会福祉士の資格を取得するには、まず養成施設や福祉系の大学で指定科目を履修して卒業しなければいけません。
養成施設は1年以上とされています。
 
そうして履修して単位をとって卒業し、受験資格を得るわけです。
そこから国家試験を受験して、合格したら社会福祉士の資格を得て医療ソーシャルワーカーとしても働くことができるというわけですね。
 
社会福祉士の合格率は、2015年に行われた27回試験だと27%でした。
だいたい毎年三割いくかいかないかといった感じになっています。
医療ソーシャルワーカー自体に資格が無いといっても、実際的に仕事をするとなると社会福祉士などの資格が必要となるので、医療ソーシャルワーカーになるのは大変というわけです。

医療ソーシャルワーカーの求人募集の探し方

医療ソーシャルワーカーとして働いている人は、社会福祉主事任用資格や、社会福祉士や精神保健福祉士の資格を持っている人が多いです。
医療ソーシャルワーカーという名前の国家資格などはありませんが、社会福祉士は国家資格ですし、それらが基礎となっている仕事なので当然必要になります。
ということは、最低でも社会福祉士資格くらいは持っていなくてはいけないわけですね。
 
とはいっても、やはり国家資格ですから簡単に取得できるわけではありません。
たとえば社会福祉士の資格を基礎資格として取得するものとして話を進めます。
社会福祉士の資格を取得するには、まず養成施設や福祉系の大学で指定科目を履修して卒業しなければいけません。
養成施設は1年以上とされています。
 
そうして履修して単位をとって卒業し、受験資格を得るわけです。
そこから国家試験を受験して、合格したら社会福祉士の資格を得て医療ソーシャルワーカーとしても働くことができるというわけですね。
 
社会福祉士の合格率は、2015年に行われた27回試験だと27%でした。
だいたい毎年三割いくかいかないかといった感じになっています。
医療ソーシャルワーカー自体に資格が無いといっても、実際的に仕事をするとなると社会福祉士などの資格が必要となるので、医療ソーシャルワーカーになるのは大変というわけです。

医療ソーシャルワーカーの役割ってどんなもの?

医療ソーシャルワーカーの役割は、病気や怪我をした患者さんの不安や心配事を取り除くことなどです。
病気になったり、怪我をするといろいろなことが心配になりますよね。
重たい病気だったら家族のことも心配ですし、医療費も心配です。
生活と医療費との折り合いなども不安要素としては大きな割合を占めるでしょう。
 
そのような不安や心配事を抱えている患者さんとその家族の話をきき、不安を取り除くことによって治療に専念してもらうことが医療ソーシャルワーカーの役割です。
そのために、医者や看護師など、施設で働くほかの職業の人たちと連携をとりながら患者さんに対しての援助をしていきます。
 
「医療」とありますが、「医療従事者」というよりは「社会福祉の専門職」と言ったほうがイメージに合いますね。

医療ソーシャルワーカーの倫理綱領って何?

給料解説者ぺすくん

倫理綱領というのは、公益社団法人日本医療社会福祉協会が制定した医療ソーシャルワーカーの行動基準です。
前文から少しだけ言葉を引用します。
 
「われわれソーシャルワーカーは、すべての人間としての尊厳を有し、価値ある存在であり、平等であることを深く認識する。われわれは平和を擁護し、人権と社会正義の原理に則り、サービス利用者本位の質の高い福祉サービスの開発と提供に努めることによって、社会福祉の推進とサービス利用者の自己実現をめざす専門職であることを言明する。」
 
以降倫理基準などが箇条書きで語られています。
ソーシャルワーカーは自己利益のために利用しないというものであったり、利用者の利益を最優先に考えることということであったり、仕事をする上で当然のことが書かれているわけです。
特徴としては、前文に「利用者本位」とあったとおり、利用者のことを第一に考えて行動するべきであるということを強く訴えています。
 
医療ソーシャルワーカーは利用者の自己実現のために仕事をする立場にあるわけですから、当然利用者に対して倫理責任が伴ってくるものです。
そういった倫理責任について細かく取り決めをし、明文化されたものが倫理綱領だというわけですね。

医療ソーシャルワーカーの口コミお給料

給料:20万円

なすありで400万ぐらいです。

給料:24万円

社会復帰をした患者さんをみるのが楽しみ

医療ソーシャルワーカーの仕事の面白さや給料を教えてください

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

下記より評判を投稿する

その他の介護・保育系職業の給料一覧の給料一覧