介護事務の給料・手取り・資格やなる方法を解説! | 給料BANK

介護事務の給料、手取り、初任給|「給料BANK」

給料BANK > 介護・保育系職業の給料一覧 > 介護事務の給料、手取り、初任給

介護事務の給料年収や手取り額、初任給を解説!

介護事務の給料年収を解説します。

介護事務の平均給料・給与

  • 22万円
  • 20代の給料:18万円
  • 30代の給料:22万円
  • 40代の給料:25万円
  • 初任給:12万円
    ※地域によっては上記平均給与よりもかなり低いお給料のところもあります

※給料給与統計の算出は口コミや厚生労働省の労働白書を参考にしております

介護事務の仕事内容

介護事務の仕事内容は、基本的には普通の事務員と同じと言う職場が多いようです。
仕事は事務員ですが、職種的には「介護職」になります。
介護事務の仕事でとても大切な事は、介護保険の手続き諸々だと言われています。
介護保険の請求やチェック等細かい所までしっかりと管理しなければいけません。
介護保険とは、介護施設の収入の大部分を占めています。
ですので、この仕事は介護施設から見ても重要で間違えが無い様にしなければならないでしょう。
介護職と言う事で、「もしかしたら老人の介護もしなければいけないの?」と不安になっていしまう人もいると思います。
ですが、先ほども言った様に、事務員として仕事がメインなので介護をする事は無いと言えます。
どうしても不安だと言う人は、就職する前に確認をとっておくと良いでしょう。

介護事務の給料手取り

上記平均給与から算出してみると、手取りはだいたい
18万円~25万円となりそうです。

介護事務になるには?【資格】

介護事務として働きたいと言う人は多いと思います。
事務は特に女性に人気が高い職業で、介護事務は医療事務に続いてなりたいと思っている人が多い様です。
そんな介護事務になるには、どの様な資格を取ればよいのでしょうか?
ここでは、介護事務として最短で働く方法や有利になる資格等についてお話していきます。
まず、最短で介護事務として働く方法ですが、介護事務の求人に応募して受かる事になります。
介護事務は現在多くの求人を出していますので、募集している場所を探し、応募するまではとても簡単だと思います。
何度も面接をしていけば、必ずあなたを採用してくれる職場があるでしょう。
ですが、資格等何も無いとすれば最初の収入は低いですし、何もわからない所から始めなければいけません。
では、介護事務に有利な資格はどんなものでしょうか?
介護事務に有利な資格は主に5つあります。
それは、介護事務管理士、介護事務実務士、介護保険事務士、介護保険事務管理士、介護管理専門秘書検定資格です。
すべての資格を取得する必要はありませんが、2、3個程取得しておくととても有利になります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

介護事務の求人や募集はどうしたらいい?

介護事務の仕事をしたいけれど、求人や募集はどうしたら良いか悩んでいる人も多いでしょう。
現在、介護事務の求人は増えてきていると言えます。
おすすめの探し方はハローワーク等を利用する事です。
事務職の求人や募集は職業安定所で多く取り扱っています。
ですので、一度あなたが住んでいる地域のハローワーク等へ行ってみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【ぴっくんコラム】介護事務の将来性

給料解説者ぴっくん

介護事務の仕事をしたいと思っている人が気になるのはその仕事の将来性なのだ
働くのなら、将来もある程度安定して働ける職業が良いのだ
介護事務は、これからより一層必要とされてくると予想されるのだ。
なぜなら高齢化が進み、介護が必要になってくる人達が多いからなのだ。
日本の平均年齢も年々高齢になってきているので、将来性もばっちりなのだ。
これから介護施設等もどんどん建設されていくと予想されるので、これから介護事務の仕事を探していくのはとてもおすすめだと言えるのだ。
ただお給料が安いというのは事務全般に言えることなのだ。
それと介護事務をしながら介護の仕事もすることになるという施設も多いのだ。

介護事務の口コミお給料

給料:14万円

地方ですが給料は少ないです

給料:13万円

介護の仕事も事務も両方やってます。給料は変わりません。

介護事務の仕事の面白さや給料を教えてください

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

17万円

その他の介護・保育系職業の給料一覧の給料一覧