webディレクターの給料年収・仕事内容や必須スキルを解説! | 給料BANK

webディレクターの給料年収・仕事内容を解説!|「給料BANK」

給料BANK > it系・クリエイティブ系職業の給料一覧 > webディレクターの給料年収・仕事内容を解説!

webディレクターの給料・年収や手取り額を解説!

webディレクターの給料・年収を解説します。

ウェブディレクター_top

いいねやツイートしていただけると喜びます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

webディレクターの平均給料・給与

  • 31万円
  • 20代の給料:25万円
  • 30代の給料:30万円
  • 40代の給料:40万円
  • 初任給:20~万円
    ※補足を参照ください

※給料給与統計の算出は口コミや厚生労働省の労働白書を参考にしております

webディレクターの給料・年収補足

20代の給料:25万円~35万円(推定)
30代の給料:30万円~35万円(推定)
40代の給料:30万円~45万円(推定)
 
 
上記平均給与から算出してみると、平均年収はだいたい
400万円~500万円となると予測されます。
 
平均で見ると月収も年収も高いように感じませんが、最高額を見ると1000万円以上の年収になっていました。
力をつけて頑張っていれば、20代でも年収1000万円の収入を得ることが可能ですが企業によりけり。
かなりまれですが役員クラスのディレクターだとこのくらいもらえる人もいるそうです。
年齢によって年収が左右される面もありますが、それよりも個人のスキルによる昇給のほうが大きいですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

webディレクター画像1

webディレクターの仕事内容

webディレクターの仕事は、Webサイトの構成要素全体の管理をするのがメインです。
どんなことを管理するのかというと、サイトのデザイン・文章のクオリティや長さ・スケジュールなどWebサイトを作るにあたって考えなければならないものすべて。
企画段階から、企画の方向性を決める(サイトの趣旨やテーマを決める)という仕事があって、Webサイト作成にあたって、とても重要な役割を果たしていると言えます。
 
限定されている時間とメンバー・予算の中で、どのようにして高いクオリティのサイトを作るかを考えることが、この仕事の難しさでありやりがいでもあります。
全体を見通す力があり、作業全体を管理するのが好きな方には向いているかもしれませんね。

webディレクターの給料手取り

上記平均給与から算出してみると、手取りはだいたい
25万円~40万円となりそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

webディレクターになるには?【資格】

Webディレクターになるのに必ず必要な資格はありません。
一番てっとり早いのはウエブデザイナーから昇格することが近道です。
 
資格といわれるといくつか資格というか検定があります。
 
Webディレクション検定です。
Web検定のなかのWebディレクター試験を受けることになります。
Webディレクターになりたい人であれば誰でも試験を受けることができますよ。
社団法人全日本能率連盟に登録される資格です。
 
コンピュータ画面に問題が出題され、コンピュータで解答するタイプの試験になっています。
試験は90分間行われ、問題数は65問。
正解率70%以上で合格するといった試験になっています。
受験料は2015年までは16,000円でしたが、2016年からは10,000円に値下げされているので受けやすくなりました。
難易度はそれほど高くはありません。
Webディレクターになりたいと思っている人・もうすでに仕事をしている人であれば問題なく合格することができるでしょう。
 
 
腕試しという意味でも上記検定を受けてみるのはいいかもしれませんね。

webディレクターの求人募集の探し方

Webディレクターの求人はウェブやIT系職業に強い転職サイトなどで検索すると見つかります。
職業柄、東京や大阪、名古屋、札幌といった都会に求人が集中しているので、主要都市以外での求人を見つけるのはかなり難しいです。
某転職サイトで地方で検索してみた結果1件でした。それもやはり勤務地は東京大阪名古屋へ転居を進めるものでした。
主要都市圏以外で求人を見つけるのは厳しい職業です。
 
ちなみにマスメディアンというITやweb系の求人サイトで探してみると、2015年11月現在111件の公開求人が見つかりました。
ここで探すと手っ取り早く求人を探せるかもしれません。
探せば上記都市部以外でも求人が見つかるので、注意深く探してみても良いですね。

webディレクターに必須なスキルってどんなスキル?

webディレクターになるためには、制作スキルが大事です。
ディレクターは管理業務など、監督業務がメインになるので制作スキルがなくても問題ないと思っている人も多いのですが、制作スキルが無ければ作業全体を見渡すことはできません。
※営業がディレクションをすることも多いようですが・・・。
 
自分に技術があれば、どのようなものが現在の技術で制作可能か、制作不可能かを判断することができます。
そういった判断をディレクターができなければ、製作現場全体が困惑することになるのです。
また、クライアントさんから修正依頼があったときなど、細かい修正だと自分でそのままやったほうが早いですからね。
 
制作スキル以外で必要なのは、プレゼンテーションスキルです。
リサーチ能力や情報収集・情報処理能力やアクセス解析・統計などいろいろなスキルがwebディレクターには必要ですが、その集大成がプレゼンテーション。
いろいろな知識や技術をフル稼働させてプレゼンをつくりあげ、良いプレゼンをします。
 
良いプレゼンをするためには、トークスキルが必須なので、webディレクターにはプレゼンテーションスキルも必要になってくるということです。
どのような話し方をすれば、臨場感をもって相手に伝えることができるのか、スライドに合わせたトークのスピードなどを気にして話さなければいけません。
トークスキルは絶対に必要です。
専門的な知識をかいつまんで話すスキルも合わせて持っておくと、伝わりやすいプレゼンができますよ。

webディレクターって未経験からでもなることができるの?

給料解説者ぺすくん

Webディレクターの求人広告をいくつか見ていると、未経験でもOKとしている求人を多くみかけます。
採用する企業側からすれば、未経験者でも受け入れる体制が整っているということです。
未経験からでもwebディレクターになれますが、誰でもなれるわけではありません。
未経験なので、どのようなスキルがあるのかわからないですよね。
 
検定などをとっていれば、スキルを推察することはできますが、確定的なものではありません。
制作実績が無いというのは確かに不利になります。
そこを補うのが、チャレンジ精神です。
web制作というのは、チャレンジ精神が大切になってきます。
 
webの需要というのは常日頃移り変わるものですし、webサイトというのは本当に数多くあります。
そんな中で埋もれないためには、新しいことにチャレンジしなければいけません。
面接のときにチャレンジ精神が豊富であることをアピールできれば、かなり強みになります。

webディレクターの口コミお給料

給料:45万円

都内制作会社です。ボーナス無しなので45万円です。

給料:60万円

年俸制です。

webディレクターの仕事の面白さや給料を教えてください

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

前職同業で約250万(平均勤務12時間/日・土日なし)、転職して約550万(平均勤務9時間/日・土日ほぼ休み)とだいぶ変わりました。
企業によって大きく変わるので、会社選びは相当に重要です。

月34万円の賞与年60万円で年収470万円ほど。ただこれでもかなり恵まれてる方です。制作会社はどうしても長時間労働になり辛くなりやすいので、それ以外の会社選びをおススメします。

その他のit系・クリエイティブ系職業の給料一覧の給料一覧