ウェブデザイナーの給料(UP方法、なるには)を解説! | 給料BANK

ウェブデザイナーの給料、手取り、初任給|「給料BANK」

給料BANK > it系・クリエイティブ系職業の給料一覧 > ウェブデザイナーの給料、手取り、初任給

ウェブデザイナーの給料・年収や手取り額を解説!

ウェブデザイナーの給料・年収を解説します。

ウェブデザイナー_top

いいねやツイートしていただけると喜びます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ウェブデザイナーの平均給料・給与

  • 28万円
  • 20代の給料:24万円
  • 30代の給料:27万円
  • 40代の給料:32万円
  • 初任給:20万円

※給料給与統計の算出は口コミや厚生労働省の労働白書を参考にしております

ウェブデザイナーの年代別給料補足

20代の給料:20~24 万円(推定)
30代の給料:25~27万円(推定)
40代の給料:29~32万円(推定)
※範囲が広いため補足をしております。

ウェブデザイナーの仕事内容

ホームページやサイト構築などの、HTMLの知識、画像編集、リッチコンテンツのコーディングなどを通じ、総合的なWEBサイト運営にまで関わることが多いです。
クライアントのサイトメンテナンスも、定期的に手がけます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ウェブデザイナーの給料手取り

上記平均から算出してみると、手取りはだいたい
16万円~19万円となりそうです。

IT系の職業に見られがちですが、クラウドサービスの台頭、単価引き下げでかなりWEBデザイナーの現状は厳しいです。
その割に、業務はスピード重視で、非常に過酷ですので、給与水準は仕事量に対してかなり低いです。

WEBデザイナー画像1

ウェブデザイナーが給料UPする秘訣は?

国内での受注のほとんどは、通販やWordpressなどの、ブログ・サイト用プラットフォームのカスタマイズが多いので、これ以外のリッチコンテンツのコーディングで素早い作業効率を実現できれば、単価アップは期待できます。
具体的には、LPの作成をスピーディに行うこと、オリジナル画像のデジタル処理、Flashコンテンツの独自開発、ポータルサイトの開発といったところでしょうか。
特に、似たようなデザインになりがちな、Wordpressに代表されるテンプレートは、既に陳腐化したWEBサイトになりつつあるので、ワードプレスのカスタマイズやワードプレスを使った動的サイトの開発、CSSと合わせた高度なユーザビリティのWEBサイトなどの開発が需要があります。
それ以外では自社サービス、オウンドメディアの開発と売上UPが給料UPに繋がりやすいかもしれません。
つまりは、デザイン・コーディング・プログラムに精通し、時には外部プラットフォームなどを駆使できるスキルさえあれば、企業側からのオファーは、まだ多いでしょう。
 
スマホのアプリを作れるようになればもうすでにデザイナーではありませんが、ウェブデザインとプログラムが出来る重宝される存在になれると思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ウェブデザイナーになるには?

資格もほとんど必要ない職業ですが、ウェブデザイナー検定という資格があります。
こちらを取得していても採用には大した変りはないというところもありますが、取得しておけば初心者歓迎のところであれば若干は効力を発揮するかもしれません。
基本的には、ウエブデザイン学校や専門学校などでhtmlやフォトショップ、イラストレーターなどのスキルを習得しそれから就職にいくのが一番の近道です。
初歩的なSEOやマーケティングスキルに詳しいことも望まれます。
ウェブデザイナーでも最近はPHPを使える人も増えておりワードプレスのカスタマイズやjsが遣えるとより一層採用は早くなります。
 
まずはhtml,css,フォトショップ、イラストレーター、ドリームウィーバーの使い方をマスターし、デザインとコーディングをできる。そこが最低の必須条件となりそうです。

ウェブデザイナーの仕事の面白さや給料を教えてください

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

28万円

14万円

18万円

17万円

月 / 平均50万円

31万円

48万円

43万円

22万円

10万円

平均40万円

月 / 平均60万円

21万円(手取り17万円)

30万円

18万円

18万円

29万円

35万円

24万円

27万円

 29万手取り23万

その他のit系・クリエイティブ系職業の給料一覧の給料一覧