ウェブ解析士(Webアナリスト)の給料年収・仕事内容を解説! | 給料BANK

ウェブ解析士・マーケッター(Webアナリスト)の給料年収・仕事内容を解説!|「給料BANK」

給料BANK > it系・クリエイティブ系職業の給料一覧 > ウェブ解析士・マーケッター(Webアナリスト)の給料年収・仕事内容を解説!

ウェブ解析士(Webアナリスト)の給料・年収や手取り額を解説!

ウェブ解析士(Webアナリスト)の給料・年収を解説します。

ウエブアナリスト_top

いいねやツイートしていただけると喜びます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ウェブ解析士(Webアナリスト)の平均給料・給与

  • 36万円
  • 20代の給料:23万円
  • 30代の給料:36万円
  • 40代の給料:49万円
  • 初任給:15~万円
    ※補足を参照ください

※給料給与統計の算出は口コミや厚生労働省の労働白書を参考にしております

ウェブ解析士(Webアナリスト・マーケッター)の給料・年収補足

20代の給料:15万円~25万円(推定)
30代の給料:20万円~35万円(推定)
40代の給料:40万円~50万円(推定)
 
 
上記平均給与から算出してみると、平均年収はだいたい
350万円~450万円となると予測されます。
 
求人を見てみると
年収 400万 ~ 800万円
年収 350万 ~ 450万円
年収 300万 ~ 700万円
年収 400万 ~ 1,200万円

ウェブ解析士(Webアナリスト)画像1

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ウェブ解析士(Webアナリスト)の仕事内容

近年ではもうすっかりと私たち人類の生活に馴染んでいるウェブ。
インターネットが普及してからまだそれほど経っていないはずなのに、いまやインターネットというのは人類の情報媒体の要と言っても過言ではないでしょう。
会社の重要な事柄も、個人情報も全てインターネットのサーバー上にありますからね。
 
ウェブサービスを提供している企業もかなり多くあります。
ウェブ解析士の仕事というのは、本来はかなり多岐にわたっている仕事なのですが、日本国内ではウェブのアクセス解析のみにとどまっている傾向が強いです。
アメリカだと、MRやアンケートの分析・ウェブのアクティビティー評価・オンラインマーケティングの解析と最適化などさまざまな仕事をこなしています。
 
現在国内で行われているのは、先ほど述べたとおりアクセス解析がメイン。
オンラインマーケティングにまで幅を利かせているというところはほとんど無いようです。
ただ、認定資格を取得する過程では、マーケティングについての勉強もするので、ウェブ解析士の資格をとっておくと「ウェブアナリスト」(ウェブ解析士の仕事の呼び名)として以外でも仕事ができるかもしれませんね。

ウェブ解析士(Webアナリスト)の給料手取り

上記平均給与から算出してみると、手取りはだいたい
15万円~30万円となりそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ウェブ解析士(Webアナリスト)になるには?【資格】

ウェブ解析士としての仕事をするためには、仕事(実践)でマーケティングスキルやアナリストスキルを身に着ける。
また一般社団法人ウェブ解析士協会が実施運営している認定資格を取得しなければいけません。
初級・上級・マスターと別れていて、マスターが最上位の資格になっています。
いずれの資格も、認定を受けるためには認定講座を受けてから、検定試験を受けることによって認定を受けることができるようになっていますよ。
 
ただ、2015年現在はまだウェブ解析士としての仕事は確立してはいません。
ウェブアナリストという言葉はありますが、その募集を行っている企業はほとんど無いのが現状です。
米国ではメジャーな職業なのですが、まだまだ日本国内ではその地位が確立されていないもの。
資格を取ることが仕事の入り口ではありますが、資格が取れたからといって仕事ができるというわけでもありません。
 
そこを十分に理解したうえで、資格をとるようにしましょう。
受講費用や受験費用だけでもかなりかかりますからね。
初級に関しては認定講座を受けるとなると講座費用・試験費用・テキスト費用合わせて32,400円かかります。
上級を受けると86,400円で、マスターを受けると324,000円。
初級から全て受けると45万円程度かかります。
 
そのため資格うんぬん関係なくある程度実践でスキルを身に着けてwebアナリストを名乗る人も多いです。

ウェブ解析士(Webアナリスト)の試験ってどのくらい難易度があるの?

初級も上級も2015年1月からカリキュラムが変更になり、難易度が上がりました。
2015年の合格率は、初級で74.9%、上級で86.1%、マスターで71.7%です。
難易度が上がったといっても7割を超える合格率になっているので、それほど難易度が高いというわけではありません。
 
公式テキストを購入して独学して受験した人はどうかわかりませんが、認定講座をしっかり受講してその内容を頭に入れておけば問題なく合格できます。
 
具体的な難易度なのですが、初級は基礎中の基礎。
問題自体はかなり簡単です。
ただ、広く浅く取り扱っているので、出題範囲はかなり広範囲に及んでいます。
広くカバーしなければならないというのがやっかいなところです。
それでも、しっかりと勉強をしてさえいれば初級に関しては問題ではありません。
 
上級は、公式テキストブックをきっちりとおさえておけば問題ないというような試験ではありません。
講座内容から初級とはかなり変わってきます。
書籍による学習ではなく、テキストはペラペラのプリントが数枚。
講座と試験合わせて二日かけて行われます。
問題数がかなり多くなっているので、とにかく時間との戦いです。
 
とはいっても、二日間まじめに取り組み、事前課題をしっかりと仕上げていれば問題なく合格できます。
上級の合格率が初級よりも12%ほどアップしているのがその証拠です。
 
マスターに関しても同じことが言えます。
初級・上級を合格した人であれば問題なく合格できますよ。
マスターは難易度というよりも金銭的な問題が大きいですね。

ウェブ解析士(Webアナリスト)の求人募集の探し方

先ほど述べたとおり、ウェブ解析士(ウェブアナリスト)はまだまだ国内では確立していません。
そのため求人を探すのはかなり苦労します。
ひとつの就職・転職サイトで探しても満足のいく求人はなかなか見つかりません。
 
そのため、複数の就職・転職支援サイトに登録し、複数人のエージェントにお世話になるのが好ましいです。
その中でもマイナビが、比較的求人数の多いサイトになっています。
まだまだこれからな業界ですし、確立していないにも関わらず年収が高めに設定されていることが多いのは、ウェブ解析士に対する期待値が高いからと言えます。
ウェブ解析士の求人はこれからじわりじわりと増えていくでしょう。

上級ウェブ解析士ってどのくらいのスキルがあるの?

給料解説者ぺすくん

上級ウェブ解析士は、ウェブマーケティング計画を設計することができるまでのスキルがあると考えましょう。
少なくとも、講座や試験の内容はそういった分野にまで及んでいます。
データを正しく読み取って、そのデータを使ってコンサルティングを行い、ウェブマーケティング計画の設計や立案を行うことができる。
その程度のスキルが、上級ウェブ解析士には求められます。

ウェブ解析士の口コミお給料

給料:30万円

都内です。ボーナス無しです。

給料:26万円

プランナーとしても活動しています。全般的にアナリティクスを使っての仕事になりますが、専門職というより全体的に見ています。

ウェブ解析士(Webアナリスト)の仕事の面白さや給料を教えてください

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

下記より評判を投稿する

その他のit系・クリエイティブ系職業の給料一覧の給料一覧