システム監査技術者の給料年収や求人募集・なるには・勉強方法や資格難易度を解説! | 給料BANK

システム監査技術者の給料年収・求人募集を解説!|「給料BANK」

給料BANK > it系・クリエイティブ系職業の給料一覧 > システム監査技術者の給料年収・求人募集を解説!

システム監査技術者の給料年収や手取り額、初任給を解説!

システム監査技術者の給料年収を解説します。

システム監査技術者の平均給料・給与

  • 37.6万円
  • 20代の給料:30万円
  • 30代の給料:36万円
  • 40代の給料:47万円
  • 初任給:23~万円
    給与年収は補足参照ください。

※給料給与統計の算出は口コミや厚生労働省の労働白書を参考にしております

システム監査技術者の給料・年収補足

20代の給料:23万円~35万円(推定)
30代の給料:30万円~43万円(推定)
40代の給料:40万円~55万円(推定)
 
上記平均給与から算出してみると、平均年収はだいたい
490万円~610万円となると予測されます。
 
札幌の求人調査結果:22万円~25万円(月収)
東京の求人調査結果:25万円~40万円(月収)
大阪の求人調査結果:20万円~50万円(月収)
福岡の求人調査結果:求人無しのため不明

スポンサーリンク
スポンサーリンク

システム監査技術者の給料手取り

上記平均給与から算出してみると、手取りはだいたい
32万円~37万円となりそうです。

システム監査技術者の仕事内容

システム監査の仕事は、情報処理システムの調査です。
調査した結果、その情報処理システムがしっかりと経営に貢献することができているか判断します。
監査計画の立案と実行・情報システムの組み込み・システムにまとわり付くリスクのコントロールなどの役割と担っています。
そして、それらを総合的に点検し、評価を下し、監査を実施する。
企業のために情報システムが役立っているか、見極めるのです。
 
この仕事は、システムエンジニアとしてはゴール地点とも言える仕事かもしれません。
というのも、この仕事の名前を冠する資格が、システムエンジニアには必須な情報処理技術者試験の最高ランクの資格だから。
そのため、仕事の難易度も高いです。

システム監査技術者の仕事の面白さ・向いてる性格

この仕事の面白いところというのは、技術者よりも経営者の視点に立つことができるというところです。
名前に技術者と入っていますし、システムエンジニアなどが目指すことの多い仕事なため、技術者ではあります。
しかし、その技術を使う先が「経営のためになっているかどうか見極めること」なので、必然的に自らも経営者の視点に立つことになるのです。
自らの会社のシステムを監査するというより、外資系コンサルとして様々な企業に関わることが主というのも面白いとことではないでしょうか。
 
向いているのは、技術者よりも経営者側の視点に近い視点を持っている人です。
また、そういった視点を持つことができるように努力することができる人。

システム監査技術者になるには?【資格】

システム監査技術者は、国家資格ではないため、法的に必須な資格はありません。
しかし、システム監査技術者としての仕事をするためには、もはやその名を冠する資格が必要です。
システム監査技術者の資格の試験難易度や合格率は、次の次の項目で説明します。
 
ここでは、どのようなスキルが必要なのかなどについて説明しましょう。
先ほども述べたように、この仕事は技術者としての知識だけで成り立つものではありません。
経営者としての知識・技術も必要になるのです。
たとえば、マネジメント系のスキルですね。
また、経営戦略や企業活動と法務についての知識も必要になります。
特に経営戦略については、システムが企業経営の役に立っているかどうかを判断するために大切な知識です。
 
そういったさまざまな分野の知識が必要になります。
なるのは、とても難しいです。
システムエンジニアなどからの転職が考えられますが、それも一筋縄ではいかないでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

システム監査技術者の求人募集の探し方やどんな業種で募集しているの?

システム監査技術者の求人は、なかなか見つけるのが難しいです。
まずはその名前で探してみて、見つからない場合は「情報システム監査」など言葉を変えて探してみましょう。
また、業界的には経営コンサルティング業界で募集されていることが多いです。
経営コンサルティング関連の会社を調べてみるのも、求人の探し方としては有効な手段でしょう。
業界が経営コンサルティングがメインということで、求人も東京がメインです。
ただ、各地にもある程度求人が出回るため、地域を限定しすぎず、県内全体もしくは隣県にまで範囲を伸ばして探してみることをおすすめします。

システム監査技術者の試験難易度・合格率

システム監査技術者の試験の難易度について説明します。
薄々わかっているかと思いますが、この試験はとても難しい試験です。
システム監査技術者というのは、高度なIT人材として確立された専門分野を持つことが目的。
そのためか、その試験もとても難しいものとなっています。
よく、試験難易度を5段階評価することがありますが、これはその最大評価の難易度です。
 
試験は1日中に渡って行われます。
午前9:30からスタートし、全て終わるのが16:30分。
午前1・午前2・午後1・午後2と4つの時間に分かれて試験があります。
それぞれ50分・40分・90分・120分の試験です。
出題形式は、午前は多肢選択式(四肢択一)の問題で、出題数は午前1が30・午前2が25問となっています。
午後は1も2も論述式の試験。
午前1は3問出題され、2問に解答し、午後2は2問出題され、1問解答します。
 
平成27年の受験者数は4,012名で、合格率は14.2%です。
合格率の低さからも、難しいのがわかるでしょうか。

システム監査技術者の勉強方法

給料解説者ぺすくん

勉強方法は、基本的には独学です。
試験対策としては、徹底的に論述の対策をすることが大切になります。
論述試験対策としては、『システム監査技術者合格論文の書き方・事例集』といったドンピシャな参考書が出ているので、それを参考にすれば良いでしょう。
ちなみに、その参考書は、アイテック情報処理技術者教育センターから出ています。
午前の多肢選択式試験は、東京電機大学が編集した『システム監査技術者 午前 試験問題集(合格精選500題)』を活用すると良いでしょう。
 
どのような方法で勉強をしたとしても、合格には数年かかると思っておくと良いです。
実際に、数年受けてやっと合格するということが多い傾向があります。
どれだけ勉強しても、一年で合格することは難しいです。
諦めずに勉強・対策を続けましょう。

システム監査技術者の口コミ

給料:40万円

40代です。10年プログラムの開発、インフラ設計などにかかわり、40代でとりました監査計画の策定や監査実施・監査レポートの作成などもやってます

給料:50万円

監査法人でシステム監査やってます。需要が足りてないというか経験あればかなり好待遇です。年収だと1000万円超える人も多いと思います。

システム監査技術者の仕事の面白さや給料を教えてください

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

下記より評判を投稿する

その他のit系・クリエイティブ系職業の給料一覧の給料一覧