ソーシャルメディアプランナーの給料年収や仕事内容、求人募集や将来性を解説! | 給料BANK

ソーシャルメディアプランナーの給料年収・求人募集を解説!|「給料BANK」

給料BANK > it系・クリエイティブ系職業の給料一覧 > ソーシャルメディアプランナーの給料年収・求人募集を解説!

ソーシャルメディアプランナーの給料・年収や手取り額を解説!

ソーシャルメディアプランナーの給料・年収を解説します。

ソーシャルメディアプランナー_top

いいねやツイートしていただけると喜びます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ソーシャルメディアプランナーの平均給料・給与

  • 36万円
  • 20代の給料:26万円
  • 30代の給料:34万円
  • 40代の給料:50万円
  • 初任給:22~万円
    上記の具体的な解説は補足参照ください。

※給料給与統計の算出は口コミや厚生労働省の労働白書を参考にしております

ソーシャルメディアプランナーの給料・年収補足

ソーシャルメディアプランナーという職種が世の中に登場したのもここ最近のことで、ソーシャルメディアプランナーの求人を目にするようになったのも最近のことです。
そのため正直なところも求人を行う企業側もソーシャルメディアプランナーを募集するのに、給料をいくらにすればいいのか手探りの状態のようです。
上記のソーシャルメディアプランナーの給料は、最新のソーシャルメディアプランナーの求人を元に計算し記載しています。
またソーシャルメディアプランナーの求人は全て中途採用なので、ソーシャルメディアプランナーの経験がなくてもそれなりに業界での経験が求められています。
 
 
上記平均給与から算出してみると、平均年収はだいたい
300万円~600万円となると予測されます。
 
札幌の求人調査結果:求人無しのため不明
東京の求人調査結果:25万~50万円(月収)
大阪の求人調査結果:20万~30万円(月収)
福岡の求人調査結果:求人無しのため不明
 
求人を見てみると、
年収:384万円以上(年俸制) 月32万円
年収:380万円~400万円
年収 600万~800万円(メディアプランナー)

ソーシャルメディアプランナー画像1

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ソーシャルメディアプランナーの給料手取り

上記平均給与から算出してみると、手取りはだいたい
20万円~50万円となりそうです。

ソーシャルメディアプランナーの仕事内容

ソーシャルメディアとはインターネット上で展開される情報メディアのことで、法人とか個人を問わずネット上で行われる情報の発信や双方向のコミュニケーションができるメディアのことです。
具体的には個人のブログや電子掲示板と呼ばれるBBSから、TwitterやSNSやソーシャルブックマークやYouTubeなどの動画の配信サービスや共有サイトなどもソーシャルメディアに含まれます。
ソーシャルメディアプランナーはブログ・Twitter・Facebook・YouTubeなどこのようなソーシャルメディアを媒体にして、eマーケティングやさまざまなデータ分析やレポーティング業務を行います。
また新しいSNSの使い方などの指導なども行ったりSNSのブームを仕掛けようともします。
バイラル(バス)を起こすことも一つの仕事となっており、PRプランナーの仕事なども含まれていることが多いのが現状のようです。

ソーシャルメディアプランナーの仕事の面白さ・向いてる性格

ソーシャルメディアプランナーの仕事の面白さは、ソーシャルメディアプランナーという職種がまだ最近できたばかりのポジションなので、決まったノウハウや媒体がないので仕事の裁量が大きいということです。
媒体にブログを使って良いし、Facebookを上手く活用しても、全てソーシャルメディアプランナーの裁量次第なのです。
ソーシャルメディアプランナーの仕事もeマーケティング事業を行っている「オプト」などであれば、クライアントの業種も異なり使う媒体も違ってきます。
そのため自分のアイデアやさまざまな企画を仕事を通じて行い、その結果が全てノウハウや経験値になります。
また自社で配信しているモバイルコンテンツの知名度を上げるためにソーシャルメディアプランナーを募集している企業もありますが、ほとんどの企業がソーシャルメディアに注力し始めたのはつい最近のことです。
そのためソーシャルメディアプランナーして今、ノウハウや経験を積めばそれが自分のキャリアアップにつながることは間違いありません。

ソーシャルメディアプランナーになるには?資格

ソーシャルメディアプランナーになるには特別な資格や試験などはありませんが、ソーシャルメディアプランナーを募集している企業の必須のスキルや資格に記載されているのは、FacebookやTwitterなどのソーシャルメディアを日常的に利用していて、ソーシャルメディアやデジタルメディアのデータ分析やレポーティング業務の経験がある方になっています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ソーシャルメディアプランナーの求人の見つけ方

ソーシャルメディアプランナーという職種はまだ最近できたばかりのポジションですが、転職支援サイトには求人をよく目にするようになりました。
ソーシャルメディアプランナーという職種からか従来の求人誌や新聞ではなくインターネット上での求人がほとんどで、大きく電通グループの「オプト」や「電通アイソバー」などのネット広告の専業代理店や、インターネットのマーケティング支援企業か、自社でモバイルコンテンツの配信している企業に分かれています。
ネット広告の専業代理店やインターネットのマーケティング支援企業の求人の場合は、クライアントからの依頼でさまざまなeマーケティングやさまざまなデータ分析やレポーティング業務を行います。
また自社でモバイルコンテンツの配信している企業の求人の場合は、配信しているモバイルコンテンツの知名度を上げたり、モバイルコンテンツのより有効な運営や運用を行います。 

ソーシャルメディアプランナーとPRプランナーの違いは?

ソーシャルメディアプランナーはFacebookやTwitterなどのソーシャルメディアを使って、主にソーシャルメディアやデジタルメディアのデータ分析や、レポーティング業務などのeマーケティングを行います。
それに対してPRプランナーは広告代理店でPR業務に携わったり、会社の広報に携わります。
ソーシャルメディアプランナーの場合はソーシャルメディアを使って仕事を行いますが、PRプランナーの場合は必ずしもソーシャルメディアを使うのではなく、時にはテレビや新聞などのマスメディアを使いクライアントの依頼で広告を企画したり提案を行います。
または自社の広報を行います。

ソーシャルメディアプランナーの将来性

給料解説者ぺすくん

「ソーシャルメディア」という言葉が使われ始めたのは2006年からと言われていてまだまだ最近のことで、ソーシャルメディアプランナーという職種もつい最近よく耳にするようになりました。
ソーシャルメディアが注目を浴び始めたのも最初は個人のブログで、その後はYouTubeやTwitterやFacebookなどのプラットフォームが登場しました。
これによりそれまでのマスメディアと呼ばれる、テレビ・ラジオ・新聞・雑誌などの売上高が、減少を辿っていることは周知のとうりです。
ソーシャルメディアとマスメディアの1番の違いはマスメディアが一方通行で情報を発信するのに対して、ソーシャルメディアはコストもあまり掛からず誰でも利用できて、双方向性があることです。
YouTubeやTwitterやFacebookなどが登場して、あっと言う間に世の中に普及したことを考えれば、まだまだそのポジションが確立していないソーシャルメディアプランナーの将来性はとても明るいと言えるでしょう。

ソーシャルメディアプランナーの仕事の面白さや給料を教えてください

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

下記より評判を投稿する

その他のit系・クリエイティブ系職業の給料一覧の給料一覧