se(システムエンジニア)の給料年収(20代30代40代)・手取り・男性女性別・フリーランスの年収推移を解説! | 給料BANK

se(システムエンジニア)の給料年収【独立フリーランス】、手取り、初任給|「給料BANK」

給料BANK > it系・クリエイティブ系職業の給料一覧 > se(システムエンジニア)の給料年収【独立フリーランス】、手取り、初任給

se(システムエンジニア)の給料・年収や手取り額を解説!

se(システムエンジニア)の給料・年収を解説します。

システムエンジニア_top

いいねやツイートしていただけると喜びます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

se(システムエンジニア)の平均給料・給与

  • 41万円
  • 20代の給料:30万円
  • 30代の給料:45万円
  • 40代の給料:49万円
  • 初任給:20万円
    ※地域により差がありますが基本高いことが多いです。

※給料給与統計の算出は口コミや厚生労働省の労働白書を参考にしております

se(システムエンジニア)の給料・年収補足

上記平均給与から算出してみると、平均年収はだいたい
560万円~590万円となると予測されます。
参考:システムエンジニア(SE)の年収【20代30代40代】や男性女性別年収を詳しく解説!
 
また上記参照してみると
男性の年収が約700万円~
女性の年収が約544万円~
 
となっておりました。

se(システムエンジニア)の仕事内容

日本ではコンピューターシステムやソフトウェア設計に関わる、総合的な技術者で、プロジェクトの中で中核となる業務を行います。
システム要求から、仕様書作成、設計の他にプログラミングも行うことが多いです。
国際的には、システム工学の技術者となっています。
日本では、仕様書作成、プログラムも出来るというイメージが一番強いかもしれません。
一時期はデスマーチなどという全く帰れないような労働環境で働くSEが多かったため精神的な疲労が多い職業でもありました。
今でも大変ですが昔よりは若干改善されたようです。

システムエンジニア画像1

スポンサーリンク
スポンサーリンク

se(システムエンジニア)の給料手取り

上記平均給与から算出してみると、手取りはだいたい
30万円~33万円となりそうです。
※50万以上になる人もいるようです。

se(システムエンジニア)になるには?【資格】

資格はあれば給与に反映されることがありますが、まずはスキルが一番大事です。
そしてプログラマーとしての知識、システム工学の知識が必要となります。
IT全般の知識、ネットワークの知識全般はおさえる必要があるでしょう。
 
設計と製造、テストなどはプログラマーの仕事で、下流工程と言われ、ここからSEになる人もいます。
大学も、電子工学系出身、情報工学系で大手IT企業、ITゼネコン出身から転職して事業を起こす方もいますね。
業界の流れや、様々な人脈を築くことが何より重要で、子会社ではSEといってもプログラマーを指す場合もあるようです。
専門学校卒程度では、SEとしての雇用は皆無かもしれません。
 
開発言語は、php、SQL、JAVAを代表としますが言語はさまざまです。 システム系でよく使う言語で、Cもありますね。 言語を幾つか修得するのが必須ですが最近はプログラムが書けないSEも増えているようです。
営業やヒヤリング・プレゼン能力が一番必須とされているので最低限のIT知識やプログラム知識があればなれます。

seでフリーだとお給料はどのくらいになるの?

フリーのSEは、実態はプログラマーとしての活躍が多いそうです。それ以外では設計やプレゼンや営業などを行うことがあります。
給与は、30代では月収40万~程度と推測されそうです。
※やり手だと月に100万行く人もいるようです。
また紹介派遣社員として登録し、一時的に会社に雇用されて、システム管理を任されるケースも多いです。
 
専門学校卒や、大学でも私立工学系でそれほど有名でない場合は、このパターンが多いです。
一般的な求人サイトのSE募集は、プログラマーとSEの区別はそれほどはっきりしていません。
ただ、大企業からフリーSEとなった方は、実績と企業のネームバリューがあるため、転職でも独立でも有利で、単独で年収700万以上、月収で常に50万以上の稼ぎをする方もいます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

seで給料を上げるには?

SQL、oracleなどのデータベースのプログラム知識・ネットワーク知識は近年かなり重視されています。そのためjava、oracleなどが出来る人は給与がいいといわれています。
逆にソフトウェア開発のプロジェクトばかりの、小規模事業所は、SEも営業が多いため歩合に近い給与体系が多いそうです。
プレゼン力よりも、開発実績が最も顧客にアピール力があるので、まずは大企業やIT系有力企業で、SEとしての実績が必ず必要です。
 
また、年棒制の企業などは、自己申告で自分の給与を決めるため、少なくとも20代~30代である程度、基幹システム開発などを行う事業者に就職して、実績を積み上げる必要があります。
専門学校卒や短大では、基本的に雇用はまずランクが低く、SEとして給与を上げるのは困難だと思われます。

seがもつべき資格ってどんなのがある?

給料解説者ぺすくん

最初にITコンサルタント・ITコーディネーターの資格は必要でしょう。
システム全体のデザインを出来る資格ですね。
プレゼンの際に、予算と資金管理もあるため、中小企業診断士の資格も持つべきかもしれません。
 
情報処理やシステム監査は、それほど難易度は高くないので、あれば良い程度です。
プロジェクト計画段階で、リスクに応じて擬似的なシステム設計もすため、システムアナリストの資格、プロジェクトマネージャーなども必要です。
データベースのテクニカルエンジニア、ネットワークエンジニアは、総合的な知識として資格はおさえるべきでしょう。
ITベンダーの資格、Oracleなどのベンダー資格は、これからは持っていないとバリューがありません。
ソフトウェア開発技術者や、基本情報技術者などは、企業に雇用されて資格を取るといった感じです。
といっても上記全てを持つのは不可能です。
その時代で人気がある資格を持つのがいいですね。
※資格を持ってなくても優れているSEはたくさんいます。

se(システムエンジニア)の口コミお給料

給料:80万円

スマホアプリのエンジニアです。あたればもっともらえますよ

給料:40万円

メインフレーム扱ってます。ボーナスがあるので含めると年収は1000万ぐらいになります。

se(システムエンジニア)の仕事の面白さや給料を教えてください

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

31万円

22万円

47万円

12万円

17万円

70万円

40万円

60万円

19万円

70万円

70万円

各種資格には有効期間があり、継続するためには定期的に試験を受けなければいけないものもある。
その為の生涯勉強し続けなければなりません

60万円

地方課長職、それでも派遣されててで30万弱。

36万円

17万円 手取り13.5万円 30歳

年収で800万弱
裁量労働制で残業つきにくくなって給料下がったけど

 55万+税

30万、ぬくぬく社内SE
スキルアップとかしたい人には向いてない、ぬるま湯に浸かると熱い湯に浸かれなくなる

年収1800万程度。仕様策定の他に、論文翻訳や学会発表も業務として含む。言語はC++でコーディングルールの定義もやる。英語、中国語必須。ハイレベルな人は年収3000万の人がいた

資格持ってないとなれないなんてことはない。
そもそも設計できない奴はプログラマもできない。
古い体制でやってるとこほど、どうでもいい内容で仕事をした気分になって金もらってる奴が多い。

月収50万
 新しいことを学べる意欲が絶対的に必要。
プログラム動かしてみて楽しいと思えるか、コマンド叩いて、すげーと思えるか

もっと学びたいと思えるひとだけ来てください。

組込ソフト設計開発&テストエンジニア
23→34歳
19.5万→22.5万 ボーナス1.5か月程度

21万+α
ぶっちゃけ文系大学出身でもなれる。給与高くないけど。

60

福利厚生なく個人事業主の会社での手取り
最初は危ないかなーと不安もあったけど
年金やら保険やら積立やら
会社で差し引かれるより
自分でやりくりできるから20ずつ貯めることが出来て金銭的には楽
その代わり賞与や退職金はない
20ずつ貯金できてるからそれも捉え方次第かなと思う
貯金できない人には向かない

その他のit系・クリエイティブ系職業の給料一覧の給料一覧