ゲームプロデューサーの給料年収や手取り・求人募集や有名プロデューサーを解説! | 給料BANK

ゲームプロデューサーの給料年収・初任給・仕事内容を解説!|「給料BANK」

給料BANK > it系・クリエイティブ系職業の給料一覧 > ゲームプロデューサーの給料年収・初任給・仕事内容を解説!

ゲームプロデューサーの給料年収や手取り額、初任給を解説!

ゲームプロデューサーの給料年収を解説します。

ゲームプロデューサーの平均給料・給与

  • 35万円
  • 20代の給料:25万円
  • 30代の給料:35万円
  • 40代の給料:45万円
  • 初任給:20~万円
    給与年収については補足参照

※給料給与統計の算出は口コミや厚生労働省の労働白書を参考にしております

ゲームプロデューサーの給料・年収補足

20代の給料:20万円~30万円(推定)
30代の給料:30万円~40万円(推定)
40代の給料:40万円~60万円(推定)
 
上記平均給与から算出してみると、平均年収はだいたい
400万円~500万円となると予測されます。
 
札幌の求人調査結果:18万円~27万円(月収)
東京の求人調査結果:20万円~70万円(月収)
大阪の求人調査結果:20万円~50万円(月収)
福岡の求人調査結果:20万円~50万円(月収)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ゲームプロデューサーの仕事内容

ゲームプロデューサーというのは、ゲームの企画の総責任者です。
ゲームディレクターと混合されることが多いですが、ディレクターは現場の制作を管理する仕事であり、プロデューサーは予算・スタッフ配置・スケジュールなどといった企画全体を管理する仕事となっています。
 
ゲームディレクターと連携しながら仕事を進めていくことがほとんどです。
スケジュール管理は、数ヶ月先までのスケジュールを考えます。
細かいものではなく、大まかに、柔軟性を損なわないように考える。
その大まかなスケジュールどおりに進むようにディレクターに現場管理をしてもらいながら、プロデューサーは成果物のチェックをします。
デザイナーなどから上がってきたものについてチェックをし、ゴーサインを出すのです。
 
企画・施策の最終チェックをする仕事ということで、とても大きな責任があります。
最近では多くのファンがついているようなプロデューサーも多いですね。
「このプロデューサーが関わっているゲームだから」という理由でプレイする人も多いです。
 
ユーザーとしても会社としても、重要な存在となっています。

ゲームプロデューサーの仕事の面白さ・向いてる性格

ゲームプロデューサーの仕事の面白さは、工夫をするところにあります。
人員というのは、すでに決まっていることも多いです。
その決められた人員の中で、それぞれの能力を最大限発揮できるように、しなければなりません。
スタッフに的確な指示が出せなければ、スタッフの能力を殺すことにもなるでしょう。
 
指示ひとつにも工夫が必要ですし、単に管理をするだけではありません。
そういったところが、この仕事の面白さと言えるでしょう。
自分の指示や判断によって、最大限の効果を生み出したときには、とても大きなやりがいがあります。
 
向いているのは、人に指示を出すのが得意な人、人のことをよく見ている人です。
「よく気がつく人だ」と言われるのであれば、向いているでしょう。
また、物事を俯瞰的に見ている、一歩引いて見ているような人も向いています。

ゲームプロデューサーの給料手取り

上記平均給与から算出してみると、手取りはだいたい
17万円~40万円となりそうです。

ゲームプロデューサーになるには?

ゲームプロデューサーは、経験が命であり、学歴はあまり気にされません。
プロデューサーは、運営開発を全体的に指揮するという、とても重要な役割であるため、学歴よりも経験が重視されるのです。
 
ゲームプロデューサーになるためには、まずゲーム業界に入ることが先決です。
プログラミングの知識など、ゲーム業界に必要な知識を蓄え、業界に入ります。
ゲーム業界は年功序列の考え方はなく、若手でも優秀な人材はどんどん上に上がっていく。
早々にディレクターを経験して、プロデューサーに抜擢されるというような人もいます。
 
プロデューサーになるには、まず経験をつまなければならないのです。
そして、会社から信用される人材になる必要がありますよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ゲームプロデューサーの求人募集はどのように見つけるの?未経験も多いの?

ゲームプロデューサーの求人は、一般の転職サイトなどにも掲載されています。
ソーシャルゲームなどを開発している中小ゲーム会社の求人が多いですね。
大手はプロデューサーを最初から募集するようなことはなかなかなく、新卒採用がメインとなります。
 
未経験に関してですが、大手では新卒でない限り厳しいですね。
中小ゲーム会社の場合は、社会人経験があれば、学歴もゲーム業界経験も関係なく採用するところも多いです。
年齢制限は30歳までというのが一般的ですが、未経験でも大いにチャンスがあります。
もちろん、その場合も最初からプロデュースを任されるということは少ないです。
候補として採用されると思っておくと良いでしょう。

ゲームプロデューサーを養成している大学・専門学校

・HAL
完全就職保証制度や、国家資格合格保証制度がある学校。
ゲーム業界でのコンテスト実績は、12年連続入賞と日本一となっています。
制作環境は、任天堂やマイクロソフト・ソニーなどえ実際に使われているプロ用の環境がそろっており、最先端の学習ができることが特徴です。
ゲームディレクターを専攻すると、ゲームプロデューサーへの道が開かれるでしょう。
 
・神戸電子専門学校
ゲームソフト学科で、ゲームプロデューサーを目指すことができます。
直接的に、ゲームプロデューサーの仕事について学ぶのではなく、ゲーム制作について学ぶ学校です。
プロデューサーはゲーム制作全体についての知識・スキルが必要なので、ちょうど良いでしょう。
 
・アミューズメントメディア総合学院
ゲームプログラマー学科・ゲームプランナー学科などがあります。
ゲームプロデューサーとしては、プランナー学科のほうが近いでしょう。
産学共同で企画を行ったり、特別講師を呼んだりといった業界を直に学べる取り組みが頻繁に行われています。

有名なゲームプロデューサーはどんな人?

給料解説者ぺすくん

ゲームクリエイターとして有名人になっている人は、たいていがプロデューサーです。
例えば、次のような人たちが有名なゲームプロデューサーとして挙げられます。
 
・宮本茂
マリオというキャラクターを生んだプロデューサー。
日本ゲーム業界の親のような立ち居地になっていますね。
おそらく、世界で最も有名な日本のゲームプロデューサーかもしれません。
現在では、任天堂の代表取締役、情報開発本部長となっています。
 
・坂口博信
ファイナルファンタジーの生みの親。
PCソフトやファミコンソフトをたくさん作っていましたが、なかなか思うようにいかず、スクエアは市場撤退を考えていました。
そんなときに最後の願いを託したのが、坂口博信総指揮のもとで制作されたファイナルファンタジーです。
スクエアを救った人物とも言えるでしょう。
 
・中裕司
世界中で1500万本以上の売り上げを記録した「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」のプロデューサーです。
日本よりも海外で売れた・売れているゲームですね。
ナイツや、ファンタシースターオンラインなどの人気ゲームを生み出したのもこの人。
今は株式会社プロペの代表取締役社長となっています。
 
・田尻智
最後に、総売上世界一のRPGシリーズとして知られるポケットモンスターを生み出した田尻智を紹介します。
ちなみに、2016年3月現在もポケモンの記録を打ち破るゲームはありません。
昆虫博士だった経験をポケモンにアウトプットしたそうです。
ちなみに、アニメ主人公のサトシの名前は、田尻智から取られているという話があります。
株式会社ゲームフリークの代表取締役社長です。

ゲームプロデューサーの口コミお給料

給料:40万円

ソシャゲをつくる会社でゲームプランナーとプロデュースを行っています。

ゲームプロデューサーの仕事の面白さや給料を教えてください

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

下記より評判を投稿する

その他のit系・クリエイティブ系職業の給料一覧の給料一覧