ゲームデザイナーの給料年収や手取り・求人募集や大学・専門学校・本を解説! | 給料BANK

ゲームデザイナーの給料年収・初任給・仕事内容を解説!|「給料BANK」

給料BANK > it系・クリエイティブ系職業の給料一覧 > ゲームデザイナーの給料年収・初任給・仕事内容を解説!

ゲームデザイナーの給料年収や手取り額、初任給を解説!

ゲームデザイナーの給料年収を解説します。

ゲームデザイナーの平均給料・給与

  • 33万円
  • 20代の給料:20万円
  • 30代の給料:30万円
  • 40代の給料:50万円
  • 初任給:15~万円
    給与年収については補足参照

※給料給与統計の算出は口コミや厚生労働省の労働白書を参考にしております

ゲームデザイナーの給料・年収補足

20代の給料:15万円~25万円(推定)
30代の給料:25万円~30万円(推定)
40代の給料:30万円~35万円(推定)
 
上記平均給与から算出してみると、平均年収はだいたい
400万円~500万円となると予測されます。
 
札幌の求人調査結果:15万円~35万円(月収)
東京の求人調査結果:18万円~60万円(月収)
大阪の求人調査結果:20万円~60万円(月収)
福岡の求人調査結果:20万円~50万円(月収)
 
有名なスクエニは月給20万円 ~ 40万円
他の会社では、年俸400万円 ~ 600万円
でした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ゲームデザイナーの仕事内容

ゲームデザイナーの仕事内容は、ゲームの世界観やシステムなどを創り出すことです。
簡単に言えば、ゲーム作りの設計図を作るということですね。
世界観やストーリー・システムや音楽といったゲームを構成するさまざまな要素について決定を下します。
 
ゲームデザイナーの仕事内容は、とても幅が広く、企画段階からかかわり、場合によってはプログラミングに支持を出すこともあるのです。
さまざまな範囲の知識を有し、それをアウトプットできなければなりません。
ゲームデザイナーがつくったゲーム設計によって、それぞれのクリエイターたちが仕事をします。
そのため、とても責任が大きい仕事です。

ゲームデザイナーの仕事の面白さ・向いてる性格

ゲームデザイナーの仕事の面白さは、ゲームの大枠をつくり、それから先の工程に大きな影響を与えることにあります。
世界観・ストーリー・システム・音楽など、方向性やジャンル・指示などを決定するのがゲームデザイナー。
企画段階からゲームにかかわる仕事ということで、ゲーム好きにはたまらない仕事でしょう。
ゲームだけでなく、自分が知識として持っているもの、例えば歴史や文学・政治などの知識を反映させることができるのも面白いところです。
 
ゲームデザイナーに向いているのは、さまざまなことに興味を持ち、学ぶことができる好奇心旺盛な人。
また、協調性のある人が向いていると言えます。

ゲームデザイナーの給料手取り

上記平均給与から算出してみると、手取りはだいたい
17万円~25万円となりそうです。

ゲームデザイナーになるには?

ゲームデザイナーになるのに、必要な資格はありません。
とっておくと良い資格は、あずはTOEICなどの語学関係の資格です。
TOEICの点数をアピールポイントにしているデザイナーや、英語関係の資格を取得しているゲームデザイナーがとても多い。
特にTOEICは、アピールしやすいのでおすすめですよ。
 
プログラミング言語を理解するためにも、英語は役立ちますし、最近では海外の企業からオファーがくることもあります。
また、ゲームは海外でも発売するものなので、ゲーム設計をするゲームデザイナーは、英語ができたほうが良いのです。
 
他の資格としては、基本情報技術者などの情報系の資格があれば就職に有利なのではないでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ゲームデザイナーの求人募集はどのように見つけるの?

ゲームデザイナーの求人は、一般の転職サイト・求人紹介サイトなどでも見られますが、それらは中小企業のものばかりです。
大手のゲーム会社は公開求人での中途採用をあまり行っていません。
気になる会社・入りたいと思っている会社があるのなら、その会社のホームページにアクセスしましょう。
そうして公式の採用情報ページを参照し、募集要綱を見るというのが確実です。
新卒採用・中途採用ともに、募集があればページが更新されますし、どこよりも早いため、公式サイトで求人を探すようにしましょう。

ゲームデザイナーを養成している大学・専門学校

直接的にゲームデザイナーを養成しているとなれば、専門学校を探すことになります。
意外と、「ゲームデザイナーを養成している」と言えるような学校は少ないです。
 
・HAL
東京・大阪・名古屋などにキャンパスがあります。
ゲームデザイン学科という4年制の学科があり、そこでゲームデザインについて学ぶことになりますよ。
完全就職保証制度もありますし、教育提携なども行われ、産学直結ケーススタディなど、企業との制作体験をすることができる学校です。
 
・アミューズメントメディア総合学院
ゲーム関連の学科が多く、仕事の選択肢が多いのが特徴です。
ゲームプランナー学科で、ゲームデザイナーの仕事について学ぶことができますよ。
ゲームプランナー・ゲームデザイナーどちらも目指せる、企画段階から関わる仕事を目指す学科です。

ゲームデザイナーで使われるスキルは?【3dcgやグラフィックデザイン】

給料解説者ぺすくん

ゲームデザイナーは、さまざまなスキルが必要とされています。
まずは、企画・発案のスキル、プレゼンスキルなどの企画の仕事をするためのスキルが必要。
さらには、3DCGやグラフィックデザイン・プログラミング・音楽など、ゲーム設計をするのにたくさんのスキルが必要です。
 
世界観を作るためには、さまざまな方面の知識が必要ですし、知識・技術ともに幅広いものが使われます。
音楽についての知識・技術がなければ、サウンドクリエイターがしっかりと仕事ができるほどの指示ができません。
自分の仕事に深く関わることがなくても、知識や技術が必要となるのです。
 
ゲームデザイナーとして直接深く関わることがあるのは、特に3DCGやグラフィックデザインですね。
設計を作るというのではなく、グラフィックに関してはグラフィックデザイナーを兼ねることもあります。
そのため、背景やCGについてのスキルが必要になるのです。
最近ではゲームにおける3DCGの需要というのはとても高く、どのジャンルのゲームを作るにしても、3DCGは必要不可欠。
 
また、キャラクターデザインやキャラクターモーションについてのスキルも持ち合わせていると、怖いものなしかもしれませんね。

ゲームデザイナーの口コミお給料

給料:60万円

ソシャゲのデザインやってました。キャラ書いて50~70万ぐらいです

ゲームデザイナーの仕事の面白さや給料を教えてください

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

下記より評判を投稿する

その他のit系・クリエイティブ系職業の給料一覧の給料一覧