クリエイティブディレクターの給料年収や手取り初任給、仕事内容、求人募集を解説! | 給料BANK

クリエイティブディレクターの給料年収・仕事内容を解説!|「給料BANK」

給料BANK > it系・クリエイティブ系職業の給料一覧 > クリエイティブディレクターの給料年収・仕事内容を解説!

クリエイティブディレクターの給料年収や手取り額、初任給を解説!

クリエイティブディレクターの給料年収を解説します。

クリエイティブディレクターの平均給料・給与

  • 39.3万円
  • 20代の給料:28万円
  • 30代の給料:40万円
  • 40代の給料:50万円
  • 初任給:24万円
    算出については補足参照ください

※給料給与統計の算出は口コミや厚生労働省の労働白書を参考にしております

クリエイティブディレクターの給料・年収補足

20代の給料:28万円(推定)
30代の給料:40万円(推定)
40代の給料:50万円(推定)
※求人情報より統計をとり算出しました。
 
上記平均給与から算出してみると、平均年収はだいたい
448万円~800万円となると予測されます。
 
札幌の求人調査結果:20万円~40万円(月収)
東京の求人調査結果:24万円~50万円(月収)
大阪の求人調査結果:26万円~35万円(月収)
福岡の求人調査結果:22万円~33万円(月収)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

クリエイティブディレクターの給料手取り

上記平均給与から算出してみると、手取りはだいたい
22.4万円~40万円となりそうです。

クリエイティブディレクターの仕事内容

クリエイティブディレクターとは、広告クリエイティブの総責任者を指します。CD(シーディー)と略して呼ばれることも多いです。
通常、一人のクリエイティブディレクターのもとに、コピーライター、アートディレクター、CMプランナーなどのスタッフが集まり、チームが組まれて広告制作が行われます。
 
まず、クライアントから広告の仕事依頼がきます。業界、企業によって依頼内容は異なりますが、クリエイティブディレクターはクライアントの意図を汲み取り、販売促進やマーケティングを考慮したうえで、どのような広告を打てばよいのか広告戦略を練ります。
 
たとえば、テレビCMなどの映像、雑誌・新聞などの紙媒体、実際に人を集めるイベントなど、各メディアにおいてどのような広告を制作するのかを企画し、クライアントにプレゼンします。そして制作物の内容に合わせてスタッフを選出し、アイディアを出し合って具体的な広告を制作していきます。
クリエイティブディレクターはそのプロジェクトすべての進捗を管理し、責任を負います。

クリエイティブディレクターの仕事の面白さ・向いてる性格

クリエイティブディレクターはクライアントとの折衝、制作物のクオリティの維持、スタッフの管理、時に営業など、さまざまな仕事をし、すべての責任を請け負います。大変な仕事ですが、その分、広告が成功した時にはクライアントはもちろん、世間からも話題となり評価されます。
実力が認められればクリエイティブディレクターの指名で仕事が入ることも増え、大きなプロジェクトを任せられて世界的に活躍するのも夢ではありません。
 
最近は、既存のメディアのフィールドにとどまらない、PR要素やインタラクティブ性の高いコミュニケーション設計を手掛けているクリエイティブディレクターが注目される傾向があります。
高い専門性と知識を持ち、従来の「広告づくり」の概念を超えた発想ができるクリエイティブディレクターが、生き残っていくことでしょう。
また、広告業界全体として、今後はデジタルテクノロジーに強い人材や、PR的発想ができる人材、語学力の高い人材などの需要がより増えると予測されています。

クリエイティブディレクターになるには?【資格取得方法や難易度など】

クリエイティブディレクターになるには、いきなりクリエイティブディレクターになることはほぼ不可能です。
デザインやコピーライティング、マーケティング、ブランディングなど、広告に関するあらゆる知識が必要とされます。
まずはCMプランナーやコピーライター、デザイナーとしてキャリアをスタートさせて自分の強みとなるスキルを身につけ、そこからディレクション(進捗管理)の経験を積み、クリエイティブディレクターへとステップアップしていくのが一般的です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

クリエイティブディレクターの求人の見つけ方

クリエイティブディレクターの求人は、広告代理店や制作会社、編集プロダクション、クリエイティブエージェンシーなどで求人募集をしています。
大手の広告代理店が新卒以外の一般向けにクリエイティブディレクターの求人を出すことはほぼありませんが、規模の小さな広告会社であれば、求人は多くあります。
 
クリエイティブディレクターを募集している業種は多岐に渡り、広告会社によって得意とする分野も違います。「アパレル」や「自動車」などPRする業界を絞って探すことも可能ですし、「紙媒体」や「イベント」、「web」など制作物を絞って探すのもよいでしょう。
とにかく、自分がクリエイティブディレクターとして何がやりたいのかというビジョンをはっきり持ち、それに合った求人を転職サイトなどで探すのがおすすめです。

クリエイティブディレクターで有名な人は?

活躍しているクリエイティブディレクターを独自に調べてみました。
 
・佐々木宏
電通を経て独立。数々の企業イメージのブランディング、広告制作を行う。ソフトバンクモバイルの全広告プロジェクト、サントリー「BOSS」、トヨタ自動車「ReBORN」、JR東海「そうだ 京都、行こう。」などを手掛ける。
 
・佐藤可士和
博報堂を経てクリエイティブスタジオ「サムライ」設立。ユニクロや楽天グループのグローバルブランド戦略、キリンラガービールのパッケージデザインなど数々のプロジェクトを手掛けている。
 
・水野学
NTTドコモ「iD」、熊本県キャラクター「くまモン」、「中川政七商店」などを手掛ける。
企業や商品のブランディングをはじめ、広告やロゴのデザイン、コンサルティングまで、トータルにディレクションを行っている。
 
・レイ・イナモト
Creativity誌「世界の最も影響力のある50人」、Forbes誌「世界広告業界最もクリエイティブな25人」に選ばれた、世界で活躍する日本人クリエイティブディレクター。ナイキやグーグルなど世界的企業をクライアントにもつ。
 
・ニコラ・フォルミケッティ
2009年~2012年までレディー・ガガのクリエイティブディレクターをつとめたことで世界的に有名に。現在はファッションブランド「UNIQLO」や「DIESEL」のクリエイティブディレクターをつとめる。イタリアと日本のハーフ。

クリエイティブディレクターとアートディレクターの違い

給料解説者ぺすくん

クリエイティブディレクターとアートディレクターは混同されることが多いようです。
簡単に言うと、クリエイティブディレクターはプロジェクトの総括者で、アートディレクターはそのプロジェクトチーム内でロゴや装丁のデザインなど、アート関連の仕事を監督する専門スタッフの一人です。
つまり、クリエイティブディレクターが上司、アートディレクターは部下という関係になります。
大手の広告会社では、通常、アートディレクターやコピーライターとして経験を積んだ上で、クリエイティブディレクターとなります。
 
しかし、中小規模の広告会社では多岐のメディアにわたる大きなプロジェクトを手掛けることが少ないため、クリエイティブディレクターの役目があまりありません。そのため、コピーライターやアートディレクターがクリエイティブディレクターの仕事を兼任していることがあります。
 
独立したクリエイティブディレクターになると、クリエイティブディレクターでありながら、アートディレクターでもある、という両方の肩書を持ったまま仕事をしている人も多く存在します。彼らはプロジェクトを統括し推進する傍ら、自らロゴやパッケージのデザインを手掛けたりしています。佐藤可士和さんや、水野学さんなどがその代表です。

クリエイティブディレクターの口コミ

給料:40万円

年収にすると800万ぐらい。無名です。

クリエイティブディレクターの仕事の面白さや給料を教えてください

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

下記より評判を投稿する

その他のit系・クリエイティブ系職業の給料一覧の給料一覧