グラフィックデザイナー(CG)の給料年収や資格を解説! | 給料BANK

グラフィックデザイナー(CG)の給料年収時給・求人募集を解説!|「給料BANK」

給料BANK > it系・クリエイティブ系職業の給料一覧 > グラフィックデザイナー(CG)の給料年収時給・求人募集を解説!

グラフィックデザイナー(CG)の給料年収や手取り額、初任給を解説!

グラフィックデザイナー(CG)の給料年収を解説します。

グラフィックデザイナー(CG)の平均給料・給与

  • 29万円
  • 20代の給料:22万円
  • 30代の給料:29万円
  • 40代の給料:35万円
  • 初任給:13~万円
    給与年収については補足参照

※給料給与統計の算出は口コミや厚生労働省の労働白書を参考にしております

グラフィックデザイナー(CG)の給料・年収補足

20代の給料:15万円~25万円(推定)
30代の給料:25万円~35万円(推定)
40代の給料:35万円~45万円(推定)

 
上記平均給与から算出してみると、平均年収はだいたい
300万円~500万円となると予測されます。
 
札幌の求人調査結果:15万円~35万円(月収)
東京の求人調査結果:20万円~40万円(月収)
大阪の求人調査結果:18万円~45万円(月収)
福岡の求人調査結果:18万円~40万円(月収)
 
最近はグラフィックだけでなくウェブもできるとより就職の幅は広がるようです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

グラフィックデザイナー(CG)の給料手取り

上記平均給与から算出してみると、手取りはだいたい
13万円~25万円となりそうです。

グラフィックデザイナー(CG)の仕事内容

グラフィックデザイナー(CG)は、さまざまな分野で「デザイン」をする仕事の総称。
その媒体は、雑誌・新聞・広告・ポスター・パッケージ・ファッションにインテリアとさまざま。
さまざまな現場・媒体でデザインを手がけます。
一昔前までは紙とペンでデザインをしていましたが、最近ではパソコンでデザインをするのが主流です。
PhotoshopやIllustratorという便利なソフトウェアがあるため、手書きでやる必要が無くなったのです。
それらのソフトを使って、カメラマンやイラストレーターなど他職種の人が用意した素材をレイアウトし、色をつけて電子データにします。
それが、グラフィックデザイナー(CG)の仕事です。
ただ、それぞれ就職する分野によって作業が異なる場合があるため、一概には言えません。

グラフィックデザイナー(CG)の仕事の面白さ・向いてる性格

自分が手がけたものが何かしらの形で世に出回り、残るところがこの仕事の面白さです。
自分が作りたいものを作れるわけではないのですが、それでも自分の作品であることに変わりはありません。
他の人の写真素材など、他人の作品も織り交ざっていることがあるため、必ずしも自分ひとりの制作物ではありませんが、その「デザイン」は自分の作品です。
普段生活している中で、自分のデザインした制作物を見ると、とても嬉しいもの。
そういったところがやりがいとなり、面白さとなっています。
 
グラフィックデザイナー(CG)に向いているのは、他人の意見を素直に受け入れられる柔軟な性格の人です。
デザイナー以外でも、クリエイティブな職業の人は、他人の意見を素直に受け入れられるといことが大切になります。
「こだわり」は大切ですが、そのこだわりがクライアントの意向や企画の趣旨・意図に合わなかった場合、それらを優先させ、その部分のこだわりは捨てなければなりません。
そうした「こだわり」と「仕様など」との釣り合いを取るためには、他人の意見を素直に受け入れられる性格でなければならないのです。

グラフィックデザイナー(CG)になるには? 【資格】

グラフィックデザイナー(CG)になるための道は、一般的には大学や短大・専門学校に通ってスキル・知識を身につけることから始まります。
そこからプロダクションやデザイン事務所に就職したり、ファッション業界や企業の広報などグラフィックデザイナー(CG)を必要としている職場に就職するのです。
そうして晴れてグラフィックデザイナー(CG)となります。
 
その際重要になってくるのが、ポートフォリオです。
自分はどんなデザインをする人間なのかというのを知ってもらうための材料。
就職活動をするにあたって、最も大切なものです。
履歴書よりも、ポートフォリオがあなたの経験と技術・センスを語ります。
目は口ほどに物を言うと言いいますが、目は耳よりもその人の人格や技術を見抜けるのです。
 
そのため、グラフィックデザイナー(CG)になるには、ポートフォリオが全てだという意識を持ちましょう。
就職活動の通過点ではなく、就職活動の「メイン」としてポートフォリオを捉えるのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

グラフィックデザイナー(CG)の求人募集の見つけ方 

グラフィックデザイナー(CG)の求人は、それぞれの転職サイトで探しても多数見つけられます。
どの転職サイトで探せばよいのかわからないという人は、indeedで探してみましょう。
検索ワードに「グラフィックデザイナー(CG)」と「都道府県名」を入れれば、求人が見つかるはずです。
 
さまざまな転職サイトの情報が表示されるため、探しやすいですよ。
就職したい会社が決まっている場合は、その企業の新卒採用または中途採用のページを見ましょう。

グラフィックデザイナー(CG)で有名な人って?

日本人・外国人問わず、有名なグラフィックデザイナー(CG)を数人紹介します。
現在ご存命で無い方もいますが、とても有名な方々です。
 
・田中一光
グラフィックデザイナー(CG)としては、とても有名人。
おそらく、グラフィックデザイナー(CG)をしている人であれば、学校などで習うこともあるでしょう。
昭和を代表する人材で、琳派に大きな影響を受けている作風だと言われています。
 
・亀倉雄策
1915年~1997年5月11日。
日本デザインセンターを設立したり、数々の賞を受賞したりしています。
受賞歴は日本国内のみならず、海外でも多数。
例えば、ワルシャワ国際ポスター・ビエンナーレ金賞・銀賞などですね。
わかりやすく述べるなら、「1964年の東京オリンピックポスターの人」です。
 
・原研哉
1958年生まれ。
武蔵野美術大学造形学部 基礎デザイン学科の教授でありながら、株式会社日本デザインセンターの代表取締役をしています。
わかりやすい作品例としては、2003年の無印良品地平線キャンペーンのポスターなどがありますよ。
 
・David Carson
アメリカのグラフィックデザイナー(CG)で、19世紀に活躍していました。
19世紀にて最も影響力のあったグラフィックデザイナー(CG)のひとりではないでしょうか。
挑戦的かつ独創的な活字デザインで、雑誌などのデザインを多く手がけていました。

グラフィックデザイナー(CG)の資格ってどんなのがあるの?

給料解説者ぺすくん

グラフィックデザイナー(CG)に役立つ資格を、いくつか簡単に紹介します。
 
・色彩検定
グラフィックデザイナー(CG)として必要な色の知識を証明する資格です。
色がどのような効果を持つのか、どのような色と色が合うのかなどを学びます。
 
・Photoshopクリエイター能力認定試験およびIllustratorクリエイター能力試験
それぞれグラフィックデザイナー(CG)が仕事で必ず使うソフトウェアについて、しっかりとした知識・スキルが備わっていることをs芳名するビジネス能力検定です。
職場によってメインで使用するソフトウェアが違うため、それぞれの職場にあわせて取得すると良いでしょう。
どちらも取得しておくと、職場選びも楽になります。
 
・アドビ認定エキスパート
アドビ社の製品について「エキスパート」であることを証明する資格です。
アドビといえば、グラフィック関係のソフトの中ではトップメーカーですよね。
そのエキスパートであることを示す資格なので、当然グラフィックデザイナー(CG)も取得しておくと有利です。

グラフィックデザイナー(CG)の口コミお給料

給料:20万円

地方。15万ぐらい。チラシのデザインが多いです

給料:30万円

フリーで地方でやってます。クライアントがいなくなると銭無しになります。

グラフィックデザイナー(CG)の仕事の面白さや給料を教えてください

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

下記より評判を投稿する

その他のit系・クリエイティブ系職業の給料一覧の給料一覧