アートディレクターの給料年収や手取り初任給、仕事内容、求人募集を解説! | 給料BANK

アートディレクターの給料年収・仕事内容を解説!|「給料BANK」

給料BANK > it系・クリエイティブ系職業の給料一覧 > アートディレクターの給料年収・仕事内容を解説!

アートディレクターの給料年収や手取り額、初任給を解説!

アートディレクターの給料年収を解説します。

アートディレクターの平均給料・給与

  • 32万円
  • 20代の給料:23万円
  • 30代の給料:32.5万円
  • 40代の給料:41万円
  • 初任給:24万円
    算出については補足参照ください

※給料給与統計の算出は口コミや厚生労働省の労働白書を参考にしております

アートディレクターの給料・年収補足

20代の給料:23万円~35万円(推定)
30代の給料:32.5万円~40万円(推定)
40代の給料:41万円~45万円(推定)
 
 
上記平均給与から算出してみると、平均年収はだいたい
368万円~656万円となると予測されます。
 
札幌の求人調査結果:13万円~25万円(月収)
東京の求人調査結果:22万円~40万円(月収)
大阪の求人調査結果:22万円~32万円(月収)
福岡の求人調査結果:20万円~30万円(月収)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

アートディレクターの給料手取り

上記平均給与から算出してみると、手取りはだいたい
294万円~525万円となりそうです。

アートディレクターの仕事内容

アートディレクターとは、広告制作において視覚表現(ビジュアルデザイン)の責任を負う人を指します。AD(エーディー)と略して呼ばれることもありあます。
雑誌、テレビCM、Webサイト、CDのジャケット、商品のパッケージ、ロゴのデザインなど、アートディレクターの仕事は多岐に渡ります。
 
クリエイティブディレクターが広告プロジェクトの総指揮をし、その下に、言葉に関する表現を担当するコピーライター、視覚表現を担当するアートディレクターがつき、チームとしてプロジェクトを進めます。小さな広告会社や、フリーで活躍するアートディレクターの中には、クリエイティブディレクターの仕事を兼任する人もいます。
 
アートディレクターは有名になればなるほど自分でデザインの実務を担当することが少なくなっていくと言われています。
コンセプトを明確に把握し、的確にグラフィックデザイナーやカメラマン、美術スタッフなど自分の下についている「デザイナー」たちに伝えて制作をさせ、それをまとめあげます。

アートディレクターの仕事の面白さ・向いてる性格

広告におけるビジュアル表現は、消費者にイメージを直接伝える、とても重要な役割を果たします。自分のアイディアやイメージが目に見える形となって消費者に届く、というのはクリエイティブな仕事をする人にとっては非常にやりがいがあるといえます。
 
アートディレクターのセンスで作り上げられた「作品」ともいえる広告が、テレビCMや雑誌・新聞の広告、電車の吊り広告などとして、多くの人の目に触れるのです。インパクトを与える広告は話題になり、アートディレクターの名前も同時に有名になることもあります。知名度が上がれば指名で仕事が来るようになります。
 
また、実際にその広告の商品の売り上げがアップしたり、数字として成果を見ることができるのも、広告ならではの面白さでしょう。

アートディレクターになるには?【資格取得方法や難易度など】

アートディレクターになるには、特別な資格は必要ではありません。しかし、アートディレクターは広告の最終的なビジュアルを、打ち合わせの時点で頭の中に正確に描くことができなければ仕事になりません。そのため、デザインの専門的な知識と技術を持ち、さらには視覚効果やマーケティングなどの知識も持ちあわせていることが必要になります。
 
アートディレクターはデザイナー、主にグラフィックデザイナーが経験を積んでなることがほとんどです。
まずは美術系大学やデザイン専門学校で基本的な「ビジュアル」や「アート」の表現技術を学び、広告代理店や制作会社などに就職します。
そしてグラフィックデザイナーとして数年間の実務経験を積み、そこからステップアップしてアートディレクターを目指すのがよいでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

アートディレクターの求人の見つけ方

アートディレクターの求人募集は、転職サイトなどで多く見つけることができます。
広告代理店や広告制作プロダクション、インダストリアルデザインの会社、ゲーム会社などが募集をしています。
 
アートディレクター候補のグラフィックデザイナーとしての募集も多いです。
アートディレクターになるためには基本的にグラフィックデザイナーとしての実務経験、制作実績が必要となるためです。

アートディレクターで有名な人は?

活躍しているアートディレクターを独自に調べてみました。
 
・佐藤卓
電通を経て独立。商品デザインを中心に、プロダクトデザイン、テレビ番組のアートディレクションなど幅広く活躍。「ロッテ キシリトールガム」「明治おいしい牛乳」等の商品デザインを手掛ける。
 
・大貫卓也
1992年にカンヌ広告祭のグランプリを受賞した日清食品・カップヌードルのCM「hungry?」や、資生堂「TSUBAKI」のCMなど、話題作を次々に発表。「クリエイティブ博報堂」の象徴的存在。
 
・森本千絵
博報堂を経て、「出逢いを発明する。夢をカタチにし、人をつなげていく。」ための集団、goen°(ゴエン)を主催。主な仕事に、Mr.ChildrenやSalyuのアートワーク、日産「NOTE」、三陽商会「AMACA」、キリンビール「8月のキリン」「小麦」など。
 
・佐野研二郎
LISMO!、ニャンまげ、Tブー!S、資生堂「ザ・コラーゲン」、ミツカン金のつぶ「とろっ豆」のデザインや、宇多田ヒカル、井上陽水、いきものがかりなど有名ミュージシャンのアートワーク等、幅広く活躍。2015年、東京オリンピックの公式エンブレムをめぐる騒動が話題になった。

有名アートディレクターの出身美術大学

給料解説者ぺすくん

アートディレクターは才能とセンスさえあれば学歴は関係ありません。昭和の時代の有名アートディレクターは、高卒だったり、中卒だったり、学歴は関係なく実力で評価されました。
 
しかし現在は、電通や博報堂など大手広告代理店はデザイナーの新卒採用は基本的に四年制の美術大学卒業者から取るということもあり、有名アートディレクターのほとんどが美大出身です。
実力勝負の世界なのは今も昔も変わりませんが、その「採用」というスタートラインにおいては学歴が関わってきます。
 
美大にはヒエラルキーがあり、東京芸術大学(=東大レベル)、その下に多摩美術大学・武蔵野美術大学(=早慶レベル)となります。
有名アートディレクターも、主にその3大学から輩出されている傾向があります。
佐藤卓は東京芸大出身、大貫卓也、佐藤可士和、佐野研二郎は多摩美出身、森本千絵は武蔵野美大の出身です。

アートディレクターの口コミ

給料:40万円

年収にすると600万ぐらい。大手じゃないのでアートからクリエイティブから総合的にやってます。

アートディレクターの仕事の面白さや給料を教えてください

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

下記より評判を投稿する

その他のit系・クリエイティブ系職業の給料一覧の給料一覧