歯科助手【正社員・パート】の給料年収は高い低い?手取り、初任給や高卒と大卒の給料差など解説 | 給料BANK

歯科助手の給料年収は高い低い?正社員とパートの給料差や手取り、初任給を解説|「給料BANK」

給料BANK > 医療系職業の給料一覧 > 歯科助手の給料年収は高い低い?正社員とパートの給料差や手取り、初任給を解説

歯科助手の給料年収や手取り額、初任給を解説!

歯科助手の給料年収を解説します。

歯科助手の平均給料・給与

  • 21.3万円
  • 20代の給料:19万円
  • 30代の給料:21万円
  • 40代の給料:24万円
  • 初任給:15~18万円

※給料給与統計の算出は口コミや厚生労働省の労働白書を参考にしております

歯科助手の平均年収

歯科助手の平均年収は、259万円~345万円となりそうです。

歯科助手の給料は安い高い?資格あり無しでの給料差はあるの?

歯科助手は、歯科衛生士のように国家資格はありません。
歯科の受付業務や事務、診療のための雑務(片付けや掃除)などを担当するのが歯科助手の仕事であり、医療行為はできません。(違反した場合、罰則があります。)
そのため、歯科衛生士よりも給料は低くなります。
歯科衛生士が月給20万円~25万円なのに対して、歯科助手の平均月給は16万円~20万円となっています。
 
歯科助手の資格には、民間の認定資格がいくつかあります。
 
歯科助手資格…日本歯科医師会が認定している資格で、乙種第一、乙種第二、甲種の3種類があります。各都道府県の歯科医師会が主催している講習会を受講します。
 
歯科助手技能認定…一般財団法人日本医療教育財団が認定している資格で、ニチイ学館の歯科助手講座認定コースを受講します。
 
歯科医療事務管理士…技能認定振興協会主催の認定試験で、ユーキャンの歯科助手講座を受講していると在宅で受検できます。タレントの木下優樹菜が合格したことで話題になりました。
 
歯科助手専門員…全国医療福祉教育協会の認定試験で、ヒューマンアカデミーの歯科助手講座を受講すると取得できます。
 
歯科助手検定試験…日本歯科助手検定協会主催の認定試験で、3級から1級まであります。
 
すべて民間資格のため、資格手当などはつきません。よって、無資格の歯科助手とも給料の差はほぼありません。
採用の際に、歯科助手の資格を持っていれば、基本的な業務の流れや歯科用語などがわかっているという証明にはなるため、やや有利になるといえるでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

歯科助手の正社員とパートの給料差はどのくらい?

歯科助手のパートは、時給900円~1000円での募集がほとんどです。地方になると、800円代での募集も増えます。
パートで時給950円×1日8時間勤務×20日きっかり働いたとしたら、月収は15万2000円になります。しかし、ここから国民年金や保険料を支払わねばなりません。
正社員勤務の場合、月給は16万円~20万円となります。勤務する歯科医院の規模(5名以上の常勤スタッフを雇用している場合)によっては、厚生年金に加入できるなど、メリットが大きいです。また、高額のボーナスは期待できませんが、クリニックによっては数万円~のボーナスがつくこともあります。

高卒と大卒だと給料差は出るの?出ないの?

歯科助手に関しては、高卒、大卒で給料差はないといってよいでしょう。
勤続年数や経験によって多少は給料に差がつくことはありますが、学歴はほぼ関係ありません。どのくらい仕事内容を熟知し、効率よく働き、患者さまに気持ち良く接することができるか、などの能力で評価される仕事です。学歴よりも向上心とコミュニケーション能力が重要となります。

歯科助手の仕事内容

受付や電話対応、カルテの管理、診察補助、治療費の計算、器具の洗浄や手入れ、院の掃除、備品の発注など、幅広い仕事があります。
患者さんを精神的にサポートする役目もあります。
クリニックによっては、歯科衛生士の仕事と同じことを任されることもあるようです。
資格はなくてもできる仕事ですが、経験が重視されます。
歯科助手は主婦に人気があります。
パートやアルバイトで午前だけ、午後だけというように勤務時間を選ぶことができ、資格がなくても、徐々に経験を積むことでステップアップができることが人気の理由です。
ただ、歯科衛生士との仕事の線引があいまいで仕事が大変だったり、歯科医師との相性がよくないという理由でクリニックを変わる人も多いようです。
歯科助手の仕事に応募するときは、仕事内容や待遇を確認し、歯科医師との相性もしっかり見極めましょう。

歯科助手の給料手取り

上記平均から算出してみると、手取りはだいたい
18万円~21万円となりそうです。

歯科助手の給料が高くなるには?

歯科助手は資格がなくてもなれますが、これから歯科助手を目指す人は、資格を取った方が就職しやすいですし、給料面でも考慮されることもあります。
また、給料はクリニックによってかなり幅があります。
有給やボーナス、残業代なども視野に入れておきましょう。
 
給料をアップするには、ある程度経験を積み、自分でも勉強して給料の高いクリニックに転職する、医療事務などプラスαになる資格を取る、さらに上の歯科衛生士の資格を取るなどの方法があります。
人間関係や待遇のよいクリニックなら、経験を積んで知識やスキルをアップし、そのクリニックにとってなくてはならない存在を目指しましょう。
そうすれば、自然と給料も上がっていくでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

歯科助手でも高い給料をもらえるのはどういうところなの?

クリニックによって給料や待遇はさまざまですが、患者さんの数が多く、評判がよいクリニックは、スタッフの定着率もよく、給料も高い場合が多いようです。
残業代や各種手当がつくかどうかもポイントです。
残業をしても残業代がつかないクリニックは避けたいですね。
給料は都市圏では高く、地方では低くなる傾向があります。
常勤が5名以上いるような規模の大きいクリニックは、厚生年金に加入する義務がありますが、それ以下の規模だと加入義務はなく、自分で国民年金に加入する必要がある場合があります。

歯科助手の仕事の面白さや給料を教えてください

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

18万円

その他の医療系職業の給料一覧の給料一覧