精神科医の給料・手取り・仕事内容・大学を解説! | 給料BANK

精神科医の給料、手取り、初任給|「給料BANK」

給料BANK > 医療系職業の給料一覧 > 精神科医の給料、手取り、初任給

精神科医の給料・年収や初任給を解説!

精神科医の給料年収を解説します。

img_seishin_top

いいねやツイートしていただけると喜びます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

精神科医の平均給料・給与

  • 94万円
  • 20代の給料:75万円
  • 30代の給料:100万円
  • 40代の給料:108万円
  • 初任給:40~万円
    ※補足参照

※給料年収統計の算出は口コミや厚生労働省の労働白書を参考にしております

精神科医の給料・年収補足

上記給与はボーナスも含めた12か月で計算しております。
上記平均給与から算出してみると、平均年収はだいたい
900万円~1,300万円となると予測されます。
※海外の精神科医と比べると、600万近く低いと言われます。
年収参考サイト:http://heikinnenshu.jp/iryou/seshinkai.html
ちなみに初任給については、研修医だと基本が25万円~となっております。それに手当などがつくようです。開業や勤務医としての初任給は研修医としてでは無く、だいたい最低でも40万以上は貰える算段で計算しています。

精神科医の仕事内容

最近では心療内科と精神科の境界線が、無くなりつつありますが、主に精神障害、精神疾患、アルコール依存症や、麻薬患者など診療と治療を行う専門医です。
児童精神医学、老年精神医学として痴呆などの関連、犯罪精神医学、司法精神医学などのジャンルがあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

精神科医の給料手取り

上記平均給与から算出してみると、手取りはだいたい
59万円~84万円となりそうです。

精神科医画像1

精神科医になるには?【資格】

まず最初の難関が、大学医学部の入学です。
センター試験で98.8%正解で、東大理系Ⅲの受験ラインになります。
この場合の2次試験は、正解率87.3%、偏差値はA判定88.4です。
大学入試は最初の難関で、入学後は医学部に所属し、医学全般の知識、解剖、病院実習を実施、経験し学習します。
最終的に医師国家試験を受験し、合格する必要があります。
医師の学習そのものが過酷なため、合格率は9割ほどです。
医学部の卒業までは6年かかり、その後研修医として殆どの名のある診療科目に在籍、基礎的な診療技術を取得します。
この間の学習時間は、24時間体制、ほぼすべての休みは返上で取り組むことが多いそうです。
およそ2年の研修期間を終えて、医局の精神科にここで初めて所属します。
その後も実務を5年経験し、やがて精神分析、精神生理学、社会精神医学の専門分野などの職に就くことが出来ます。

精神科医の求人募集はどこで探せばいい?

一般的には大学にそのまま残って、附属病院勤務か、民間の医療法人、県営・市営病院に勤め、あるいは児童発達センターや、精神医療センターなどへ職を求めます。
その後、労働条件によって転職に至ることも多いようです。
開業医に関しては、実態はまず少ない場合が多く、中規模以上の病院や施設で働くことが大半のようです。

精神科医になるための大学は?

そもそも、大学に入学していきなり精神科医になれるわけではないので、医学部のある大学なら、国立、私立でも構わないと思います。
ただ、附属病院で研修医として働くには、有名私立、国公立である条件があるでしょう。
医学部医学学科でなければ駄目で、6年制大学である必要があります。
都内では、東京大学理系Ⅲといわる超超難関校と、他には東京医科歯科大学など、超難関2校しか存在しないと言われます。
これ以外の関東圏国立は、偏差値は少し下がってもかなり受験が難しいです。
有名私立であっても、学費が膨大で現実的ではない事が多いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

精神科医の仕事の面白さ・向いてる性格

日本の現代社会において、最も危険なものはストレスとされています。
現代日本は精神病が日常の病と化してしまっているという現実があるので、精神科医の需要というのは年々高まるばかりです。
現代において消えない仕事であると言えます。
 
精神病・精神的な疾患を持っている患者さんは別に異常なわけではありません。
どこもおかしくはないのですが、そうは言っても周りの人はそう思ってはくれないものです。
その人自身は正常だと思っても、周りは異常者のごとく扱ってきます。
精神病を患ってしまった人の中には、日常生活を送ることもままならない人が大勢いるのです。
それは仕事を満足にこなせない・出勤しようとしたら心と体が全力で拒否するということだけでなく、「動く気力すらない」「ご飯を食べる気力すらない」という人間の生活の根底が危うくなること。
 
そういった患者さんを自分自身の能力と薬物療法などで日常生活を送ることの出来る状態にすると言うことが、この仕事のやりがいです。
精神科医に向いているのは人間観察が好きな人。
感受性が豊かだとか、他人の痛みを自分の痛みとすることができる人というよりは、「人間という存在そのものに興味がある人」に向いています。

精神科医になるために適した性格とかはあるの?

給料解説者ぺすくん

精神科医だから、強靭な精神が必要ということはなく、とにかく体力が最重視というか、それが殆どのようです。
実際、医学部の勉強時間はその他の学部に比べ、数倍以上ハードな実習と学習が必要です。
そのため、6年で卒業出来ないのはよくあるそうです。
また、その後も研修医として現場に立ちますが、24時間対応、相当に休みを削るそうです。
つまり、精神科医として独り立ちするまでには、精神的、肉体的に超ハードですから、結果的にそれを通過できない場合は、脱落するということになります。
大学受験の厳しさ、入学してからの学習と実習の日々、そしてその後5年間のほぼ無休の就業です。
性格は、その上でかなりクールな人格になることはありますが、ハードな職場に慣れているので、適した性格というものはないみたいですね。

精神科医の口コミお給料

給料:60万円

地方で開業してます。

給料:40万円

趣味はジョギングです。ストレスは運動で解放しているので楽ですよ

精神科医の仕事の面白さや給料を教えてください

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

30歳、総合病院勤務です。
年収で1100万円。

45歳開業
2000万

その他の医療系職業の給料一覧の給料年収一覧