医療秘書の給料や手取り、なる方法を徹底解説! | 給料BANK

医療秘書の給料、手取り、初任給|「給料BANK」

給料BANK > 医療系職業の給料一覧 > 医療秘書の給料、手取り、初任給

医療秘書の給料年収や手取り額、初任給を解説!

医療秘書の給料年収を解説します。

医療秘書の平均給料・給与

  • 32万円
  • 20代の給料:19万円
  • 30代の給料:26万円
  • 40代の給料:35万円
  • 初任給:18万円
    地域により格差あり

※給料給与統計の算出は口コミや厚生労働省の労働白書を参考にしております

医療秘書の給料補足

20代の給料:18万円~20万円前後(推定)
30代の給料:約26万円(推定)
40代の給料:約35万5,000円前後(推定)

医療秘書の仕事内容

病院などの医療機関で勤務し、医学知識、医療知識を有する事務管理の秘書です。
医師の補佐と、医療事務の処理、患者と医師、ソーシャルワーカーなどと仲介し、医療スッタフとの連携をつなげる仕事などをこなします。
診療報酬明細書作成、会議の準備、医療保険などの法規関係の仕事もありますね。

医療秘書の給料手取り

上記平均から算出してみると、手取りはだいたい
高卒資格所有者で15万円~17万円、大卒最低ラインが20万前後となりそうです。

医療秘書になるには?

国家資格に該当する資格ではなく、検定試験という形で試験が開催され、1級~3級まで、準1級をあわせ4段階のレベルがあります。
実態は経験重視で、同じ病院で長く在籍し、務めて正社員でベテランになった方が待遇は良いですね。
診療報酬請求事務能力認定試験などは、必須かもしれません。
一般的には、事務職ですから、まずは病院での採用枠を探すことからスタートします。
個人経営病院ではく、市立、県立病院などの方が、スキルはあがります。
医療事務の専門学校卒は、高卒扱いです。
即戦力として使われるのは、派遣社員や契約社員が多いのですが、正社員では50代で大きな年収の差がでてしまいます。
まず正社員で、医療事務の募集を探し、アピールポイントは資格や試験などの認定レベルになるでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

医療秘書が給料をUPするには?

ネットでは、専門学校の養成コースなどを薦めていますが、残念なことに、そうした採用枠は、非常に厳しく、人気がある割に、給与水準は非常に低いです。
先ずは、大学ぐらいのレベルで、医療事務についての勉強を2年間、試験や資格を得て、アルバイトでもいいので、大学病院などの医療事務に従事し、20代後半で、そのスキルを元に、2年近い経験で条件良い雇用を、公共性の高い市立病院などの大きな職場を目指すことですね。
医療関連法規、医学的基礎知識、組織や運営などの知識は、とても専門学校2年では経験を重ねることは不可能です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

医療秘書の口コミお給料

給料:20万円

大変なこともありますが仕事は楽しいです^^

給料:28万円

ベテランクラスに入ります。もっと給料が上がってほしい

医療秘書の仕事の面白さや給料を教えてください

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

下記より評判を投稿する

その他の医療系職業の給料一覧の給料一覧