内科医の給料(開業・大学病院)・手取り・仕事内容、なるにはを解説! | 給料BANK

内科医の給料、手取り、初任給|「給料BANK」

給料BANK > 医療系職業の給料一覧 > 内科医の給料、手取り、初任給

内科医の給料・年収や初任給を解説!

内科医の給料年収を解説します。

img_naika_top

いいねやツイートしていただけると喜びます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

内科医の平均給料・給与

  • 90万円
  • 20代の給料:70万円
  • 30代の給料:110万円
  • 40代の給料:120万円
  • 初任給:最低40~万円
    ※勤務医と開業医でかなり差がでるお給料になっています。

※給料年収統計の算出は口コミや厚生労働省の労働白書を参考にしております

内科医の給料・年収補足

20代の給料:70万円~100万円(推定)
30代の給料:110~150万円(推定)
40代の給料:120~170万円(推定)
 
上記平均給与から算出してみると、平均年収はだいたい
1,200万円~1,800万円となると予測されます。
※勤務医では平均がだいたい1200万円と開業医ではだいたい2500万円ぐらいの年収となり、かなり差がでるお給料になっています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

内科医の仕事内容

内蔵を中心とした臨床科学の専門医で薬理学と組み合わせて、薬餌療法を主体とした専門医です。
外科と対になった診療科が多く、一般内科、循環器科、呼吸器内科、消化器内科、神経内科、腎臓内科、糖尿病内科、血液内科など細分化されています。
総合病院では、主体となる治療で最も患者が多いのが特徴です。
カテーテル治療など、外科手術も一部行うことが有ります。
最近では、消化器系の治療で外科手術を行う事があり、治療機器の進歩で手術の範囲が広がって来ています。

内科医画像1

内科医の給料手取り

上記平均給与から算出してみると、手取りはだいたい
85万円~112万円となりそうです。

内科医になるには?【資格】

専門医になるためには、かなり時間がかかる医師の分野として知られています。
まず最短で医師になるには8年かかります。
まずどうしても医学部のある6年制の大学に在籍し、基本的な医学課程、実習を経た後、卒業後に医師国家試験受験し、必ず合格し、医師免許を最初に所得します。
所得後は、最低2年の臨床研修を1年目で内科、外科、麻酔科を含む救急部門と順次経験します。
2年目で小児科、産婦人科、精神科、地域保健や総合医療の研修を経て、内科はその中で6ヶ月間の研修期間を標準で要します。
殆ど全ての科を経験後、更に内科で研修を受けて、そこで必修研修実技や知識を習得後、内科で専門医として働ける様になります。
大体平均で、10年前後は医師として働けるまで時間がかかるそうです。

内科医の求人募集はどこで探せばいい?

ひと通り病院での研修を終えた後は、開業医、勤務医の道があり、転職も多く、比較的雇用は柔軟で幅広いです。
大学の研修後にそのまま勤務医として働くケースは、途中から転職するケースが非常に多いそうです。
雇用条件は、民間の中規模クラスの民間病院の方が、待遇はよいといった口コミがあります。
また転職サイト、医師専門の求人サイトでも多数の雇用を見つけることが出来ます。

大学病院の内科医は給料高いの?

大学にもよりますが、専門科が細分化された大病院では、大学病院でも総合的に見て、民間の病院に比べ必ずしも給与は高くないそうです。
それよりも、研修期間中に科の医師責任者との関係、将来的な出世に関して、かなりな労務が多く、出世しながら科長、病院長などを目指す場合は大学病院が最も有利と言われています。
一方で民間病院は、内科も他の小児科などと兼ねているパターンが多く、その上で労務は多いが給与や待遇が良いということで、大学のレベルに応じて民間病院勤務を希望する医師も増えているそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

内科医の仕事の面白さ・向いてる性格

内科に訪れる患者さんは「なんとなく病気やけがをしている状態」にあるのですが、その多くが原因がよくわかっていません。
内科医は原因不明で悩んでいる患者さんの不安に寄り添って症状をききだし、正確かつ適切に診断を行わなければいけないのです。
自分のところでは無理だと感じた場合には、他の内科医を紹介してあげるということも、内科医の仕事。
自分がどうにかする・しないに関わらず患者さんのことを第一に考えます。
 
薬物療法や内科医としての自らの手腕と判断で患者さんが元気にもなれば、さらに悪化してしまうこともある。
元気になって笑顔を見せてもらえたときには、とても大きなやりがいと面白さを感じる仕事です。
この仕事の面白さは「自らの判断に全てがゆだねられている」ところにあります。
同時にそれは怖さでもあるのですが。
 
向いているのは適切な判断をすることができる判断力のある人。
時には他の医者に紹介するという悔しい選択肢をとらなくてはいけないので、そういった選択肢を選べる決断力のある人が向いていると言えます。

外科医と内科医の違いって?

給料解説者ぺすくん

端的にいえば、臨床医学の中で執刀により、摘出手術や縫合、患部治療に外科手術を行うのが外科医師で、主体が診療と病態の判断と薬物治療をするのが内科医です。
現在では、医療機器の発達で内科もカテーテル、内視鏡手術を行うことが有ります。
皮膚の切開を前提とした手術や、骨に関する治療などは外科の分野であり、心臓など極めて重要な臓器に関する手術は、ほとんどが外科医であり、ガンや腫瘍なども診断は内科で、手術は外科の分野です。
つまり、治療において薬物を使うか、手術を行うかで内科と外科に分かれると考えて良いでしょう。

内科医の口コミお給料

給料:60万円

地方の勤務医です。ボーナス含めて年収900万です。

給料:130万円

開業医です。内科小児科耳鼻咽喉科です。

内科医の仕事の面白さや給料を教えてください

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

下記より評判を投稿する

その他の医療系職業の給料一覧の給料年収一覧