保健師の給料(安い)や手取り、なるにはを解説! | 給料BANK

保健師の給料、手取り、初任給|「給料BANK」

給料BANK > 医療系職業の給料一覧 > 保健師の給料、手取り、初任給

保健師の給料年収や手取り額、初任給を解説!

保健師の給料年収を解説します。

保健師の平均給料・給与

  • 32万円
  • 20代の給料:24万円
  • 30代の給料:27万円
  • 40代の給料:30万円
  • 初任給:19~22万円

※給料給与統計の算出は口コミや厚生労働省の労働白書を参考にしております

保健師の年代別給料補足

20代の給料:22~26万円(推定)
30代の給料:25~28万円(推定)
40代の給料:29~32万円(推定)
 
地方の求人を見ると、だいたい初任給で19万円~
都内の求人を見ると、初任給で22~24万円ぐらいでの募集が多いようです。

保健師の仕事内容

民間企業や病院大学、各地方保健センターなどに勤務し、衛生や保健指導などを行い、栄養士や医師なども、保健師としての業務は行えます。
保健師国家資格所有者だけが「保健師」を名乗れる、名称独占の国家資格所有者になります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

保健師の給料手取り

上記平均から算出してみると、手取りはだいたい
18万円~22万円となりそうです。

純粋に給与からの計算以外には、賞与などの臨終収入、手当は非常に少なく、また医師や栄養士など資格所有者でも行える業務形態なので、保健師としてだけなら、給与は資格所有者であっても若干低めの設定が多いそうです。
市町村などの保健センターなどに常勤しているケースは多く、産業保健師では医師と提携して業務を行うため、給与水準は高めです。

保健師の給料は安いままなの?

後述にもありますが、看護師などの資格所有者よりは、職種や業務形態が多い割には、給与は比較的低いことが挙げられます。
行政管轄の施設へ勤務するなら、30代前に国家試験を受験し、資格所有者とならなければならず、その際も、地方行政の予算配分で、給与はまちまちですが、過疎化か問題視される場所では、充分に生活を支えるだけの給与は、ちょっと期待薄かもしれません。
看護師の資格を所得し、現役保健師の他に、企業の健康診断の専従や、企業内衛生管理業務などの産業保健師として従事すれば、狭き門ですが給与水準は上がります。
行政系の保健師の場合、看護職に比べ比較的業務負担は低いのですが、メンタル面でのストレスはある割に、給与は低いことは覚悟したほうが良いですね。
業界では、看護師の資格と同時に持って、どちらの職でも転職が効くようにするのが、半ば常識の様になってきているという噂もききました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

保健師になるには?

一般的には、保健師助産師看護師法で定められた養成学校に通うのが通例。
現法律では、国家資格を得るには、指定養成所卒業が必須事項になっています。
合計4科目8単位が目安。
大学では、看護師などの養成課程を受講できるところへ入学するのも、手段の一つになります。
法改正により、看護学校や保健師養成学校卒でも、保健師受験資格は全員には与えられなくなっており、人数制限がありますから、確実なのは都道府県ごとにある総合衛生学院、看護学校、衛生学院などの養成学校、短大をを調べ、進学するのがベストです。
必要学科は最低1年以上で良いので、現在は短大のほうが若干有利かもしれないですね。
包括的な行政の包括支援センターなどの就職先も増えてきており、職種は増えてきていますが、看護師よりも給与は低いことを覚悟した方が、良いかもしれません。

保健師の仕事の面白さや給料を教えてください

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

下記より評判を投稿する

その他の医療系職業の給料一覧の給料一覧