歯科医の給料年収(開業医)・仕事内容やなるには?名医を解説! | 給料BANK

歯科医の給料年収・仕事内容を解説!|「給料BANK」

給料BANK > 医療系職業の給料一覧 > 歯科医の給料年収・仕事内容を解説!

歯科医の給料・年収や初任給を解説!

歯科医の給料年収を解説します。

dentist_top

いいねやツイートしていただけると喜びます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

歯科医の平均給料・給与

  • 60万円
  • 20代の給料:25万円
  • 30代の給料:60万円
  • 40代の給料:90万円
  • 初任給:20~(国立研修医)万円
    ※給料については補足も参照ください

※給料年収統計の算出は口コミや厚生労働省の労働白書を参考にしております

歯科医の給料・年収補足

20代の給料:20万円~40万円(推定)
30代の給料:50万円~70万円(推定)
40代の給料:90万円~100万円(推定)
 
 
上記平均給与から算出してみると、平均年収はだいたい
700万円~1000万円となると予測されます。
 
研修医時代は、国から20万円程度の支給が出るそうですがそれよりも少ないこともあるようです。
研修後は月給は18万~40万ぐらいが多く、有名歯科医で勉強をすることが多いようです。
35以降で開業をすると、60万円~。
100万超えたり、うまくいけば月収は200万を超える歯科医もあるそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

歯科医の仕事内容

歯科医師というのは、口腔内にある疾患・あごの骨格異常など、口の中から顎にかけての医療に特化しているタイプの医師。
仕事内容は診察と治療です。
主に、虫歯治療・入れ歯治療が主流となっています。
 
また、虫歯予防などに力を入れている歯科医師も多く、幼児から高齢者まで幅広い年代の患者さんを相手にしなければなりません。
学校歯科医師として登録されれば、たまに学校に出向いて薬剤師や内科医とチームプレイを組んで情報収集などを行うという仕事もある。
さまざまな仕事を行うことが考えられます。
一口に歯科医師といっても、その仕事は幅広くまで展開されているわけです。

歯科医師画像1

歯科医の給料手取り

上記平均給与から算出してみると、手取りはだいたい
30万円~90万円となりそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

歯科医になるには?

歯科医になるために必要なのは、医師免許ではなく、歯科医師免許になります。
歯科医師免許は厚生労働省が行っている国家試験。
試験は年に一度行われています。
 
受験資格は、以下のとおりです。
・大学で歯学を学び、卒業した者
・歯科医師国家試験予備試験の合格者で、その後1年以上の実地修練を受けた者
・外国の歯科医学校を卒業した者または、外国で歯科医師免許を取得した者、それと同等かそれ以上の学力と技術を持っていると構成労働大臣が認めた者
・沖縄復帰に伴う厚生省関係法令の適用の特別措置などに関する法令第18条規定によって、歯科医師免許を受けるとみなされる者で、構成労働大臣が認定した者
 
試験を受けるには、願書・写真・返信用封筒が必要です。
その他、受験資格のどの項目に該当するかによって提出する書類が変わったりもします。
大学で歯学を学んで卒業した人という項目に当てはまれば、卒業証書や卒業見込み証明書が必要。
上から2番目に該当する人は、予備試験の合格証書の写し。
または、合格証明書と実地修練施設長による実地修練修了の証明書類の両方が必要になります。
 
上から3番目や4番目に該当する人であれば、歯科医師国家試験受験資格認定書の写しを提出しなければなりません。
 
受験料は、18,900円。
試験は、北海道・宮城・東京・新潟・愛知・大阪・広島・福岡などの各地方の主要都市で行われます。
会場については年々、規模などによって変わるので注意しましょう。
試験は毎年1月に行われます。
27年度であれば、28年1月30日・31日に行われることになっていますよ。

歯科医の開業医と勤務医だとどのくらいの年収差があるの?

開業医と勤務医だと、かなりの年収差があるようです。
勤務医の平均年収は、だいたい700万円程度ですが、開業医となると1000万円を超える年収を得ている人がかなり多くなっていますね。
40代で1200万円の年収を得ている人も、開業医の中には少なからずいます。
 
昔から医者は給料が高いといわれますが、歯科医師も免許は「医師免許」ではありませんが、その例に漏れず年収が高いですね。
300万円から500万円ほどの差が、開業医と勤務医の間にはあると思っておいた方が良いでしょう。
 
ただ、地方によっては勤務医も開業医も500万円程度の平均年収になったりします。
開業医か勤務医かで大きな差がつくというよりは、地域によって差がつくことのほうが多いですね。
地域によっては1400万円の年収を得ていても、他の地域では400万円の年収しかないということも十分あり得ます。

歯科医の求人募集はどこで探せばいい?

歯科医師専門の求人サイトというのが、探すといろいろとでてきます。
例えば、ファーストナビ歯科医師という歯科医専門転職サイトが人気のようです。
在職中や在学中でも応募することができるため、これから歯科医師になるという方でも利用することができます。
対象地域は日本全国。
アルバイトや非常勤での求人も紹介可能となっていて、利用料は無料です。
 
公開求人を見ることもできますが、こういった専門の転職サイトでは非公開求人から応募することができるというのが強みですね。
また、歯科医師専門というわけではありませんが、さまざまな分野の医師の転職の手伝いをしているエムスリーキャリアというのもおすすめです。
 
エムスリーキャリアは、医療関係の転職サイト大手。
薬剤師求人の薬キャリなどさまざまな転職サイトを手がけています。
エージェントのサポートもかなり手厚いことで人気かつ有名です。
歯科医師も利用することができるので、求人を探すのであれば、とりあえず登録してみるというのもありですね。
自分にぴったりの求人をじっくり突き詰めて探してくれます。
ただし、個人のこだわりを第一に考えてじっくりと求人を探していくスタイルなので、スピード就職・スピード転職にはかなり不向きです。
 
そこのところもきっちりと考えて、利用するようにしましょう。

歯科医の仕事の面白さ・向いてる性格

この仕事の面白さは、単純に患者さんに感謝されることにあります。 自分が治療した患者さんが「ありがとう」と言ってくれるというのは、とても嬉しいことです。 仕事をしていると珍しいケースもあったりして大変ですが、そういったケースの場合、うまくいったときにはとても大きな達成感を得ることができます。 また、珍しいケースを見ることができるというのも面白いことですね。 また、子供も多く来院してきます。 子供は最初は恐怖に顔をゆがませているのですが、抜歯や虫歯治療が完了したときには他の患者さんに負けないくらいの笑顔で「ありがとう」と言ってくれるのです。 最初の態度とのギャップから、余計に面白いと感じるのだそう。 向いているのは、とにかく集中力がある人ですね。 とても小さく細かい繊細な作業をすることになるので、集中力は必要不可欠になります。

歯科医で名医といわれるにはどうしたらいい?

給料解説者ぺすくん

歯科医で名医と言われるためにはどうしたらいいのか。
ズバリ、現在すでに有名歯科医と呼ばれている人から学ぶことが大切です。
「でも、有名歯科医に直接話を聞ける機会なんて・・・」
その機会は、あります。
 
歯科医師に限らず、医療関係の仕事は勉強会やセミナーというのがつきものです。
その地域の歯科医師が一同に介して情報交換や意識共有などを行ったり、技術共有を行ったりする場。
その地方で有名な歯科医・名医も必ずセミナーなどに足を運びます。
むしろセミナーでは講師として話をしてくれる場合もあるので、その際に教えられることを全て頭に入れておきましょう。
 
そうすることが、歯科医で名医と言われるための一番の近道です。
ちなみに、セミナーや勉強会および学会は主に土日に行われます。
土日を休診日としているところが多いため、土日に行われているのですが、最近では土日祝日も診療するという歯科医院が増えている。
勤務医だと、土日祝日に仕事を入れられることも考えられます。
 
名医になりたいのであれば、土日祝日はきっちりと休むところで働くのが良いですね。
といっても上記だけでは難しいため、やはり患者さんから信頼されて口コミで広がるところがいいのではないでしょうか?
 
個人的に親身になって接してくれる先生や丁寧にこういう症状でなど詳しく説明してくれる先生は口コミで広まり開業歯科医師として名医と呼ばれることが多いと感じます。

歯科医の口コミお給料

給料:80万円

開業してます。最近は競合が多いのでコンサルを入れています。

給料:20万円

研修中です。有名歯科医でアルバイトをしながら今後はスキルを磨いていく予定です。

歯科医の仕事の面白さや給料を教えてください

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

大学6年国家試験研修医と下積み期間はそれなりに長いですが、最悪食いっぱぐれる事はないと思いますし、開業・フル勤務・パート・バイトとわりとフレキシブルな働き方を選べるのが魅力だと思います。
(給料はそこそこでいいので趣味を楽しめる働き方をしたいと思っていて、現在週4パート勤務で手取り4〜50万ほどです)

余裕のある方は研修医の後数年大学に残ってある程度自分の得意分野を研鑽してから勤務医として働く、というのがオススメですが、研修医後すぐ働きながら腕を磨くという事も不可能ではないです。

技術職ではあるので、手が動くようになるまで若手のうちは稼ぎは少ないが、センスと努力次第で将来的な収入は無限大。食いっぱぐれる心配もほぼないのは国家資格の強み。

虫歯を削るだけと思われがちだが、一つの疾病に対しての処置の方法や方針、手技は先生ごとに良い意味で非常に多様なので面白い。
いい仕事をして、患者さんに感謝されるのは本当にありがたいし歯科医師の仕事を楽しいと感じます。

口腔内を清潔にすることが全身の健康にもつながることが広く理解されつつあり、歯科医療の重要性もさらに見直されるものと思う。

昔に比べて卒業も国試も難しくなってるから、今では歯医者を目指すのもリスクが大きいよ。国試なんて定員制みたいに下から何割かは必ず落とす、みたいな試験になってるみたいだしね。
まあそれでも上手くやれば年収1000万は固い職業だね、億の借金しても楽に返せるよ。
でも、そこまで考える人なら普通に医者になるよね!内科、耳鼻科、眼科で開業するのが一番です。

勤務医だと、勤めてる医院によって給料はかなり違うみたいです。
私の場合、3年目で月収33万ほどです。
歩合性だと、同じ3年目でも50万を越えたりするそうです。
基本有給はとれませんし、休むと診療に穴が開き、同僚にとても迷惑を掛けてしまうので、体調管理は必須です。

みんなが気になっている給料から説明します。研修医の手取りは、医科歯科などの有力国立歯学部と医学部口腔外科でなんとか25万円程度もらえてる印象です。一般的な研修医の方は、10万ちょっと、悪いとそれ以下しかもらってないのが実情です。卒後3年目以降になると急激に給料が上がりますが、各人によって変わります。
一般歯科開業医の勤務時間は非常に短いため、時給は非常にいいと思います。一方で、病院歯科は、勤務時間が非常に長く(病棟管理や事務仕事のために残業することがほとんど)(医師・歯科医師は、労働基準法適応外の職業です)、時給は非常に悪いと言えるでしょう。
職務としては、かみ合わせの回復(虫歯や歯周病の治療、入れ歯作り)がほとんどですが、矯正や口腔腫瘍などの専門性の高い治療を行う者もいます。研究者としての道もあり得ますが、基礎研究がほとんどで、実際のところ臨床応用される研究はほとんどありません。

治療という崇高な行為で、生計を立てる訳ですから、誇りを強く持てる職業ということには間違いありません。人の歯を治療する責任は、非常に大きいものですが、医科の責任と比較すると(倫理的にみると比較することはタブーでしょうが)小さいことは明らかです。歯科医師の診断が死に直結することもない訳ではないですが、ほとんどの場合はない確率の方が高いため、医科と比べるとローリスクな職業とも言えるでしょう。

勤務医です。今10年目程度どはありますが1000万ぐらいはあります。同期を見てると月80~200位が多いのではないかと思われます。

確実に将来性のある仕事
金に目が眩むDrは転落していく
確実なスキルとコミュニケーション能力があれば金銭面で困ることはない
あくまで医療なのでお金は結果でしかない
患者さんに感謝されることこそ最大の喜びと感じている
腕が無いの開業して悪徳な治療するDrが多すぎる。そんな人がいるから歯科業界が盛り上がらないし
金より患者さんの悩みを解決してあげてこその医療だと思う。
これからDrになる人はこの悪式習慣をやめて勉強としっかりとしたスキルを身につけて患者さんに接するDrが増えてほしい

その他の医療系職業の給料一覧の給料年収一覧