美容整形外科医の給料・手取り・仕事内容・年収や名医などを解説! | 給料BANK

美容整形外科医の給料、手取り、初任給|「給料BANK」

給料BANK > 医療系職業の給料一覧 > 美容整形外科医の給料、手取り、初任給

美容整形外科医の給料年収や手取り額、初任給を解説!

美容整形外科医の給料年収を解説します。

美容整形外科医の平均給料・給与

  • 140万円
  • 20代の給料:45万円
  • 30代の給料:80万円
  • 40代の給料:166万円
  • 初任給:36~万円
    ※施設の規模と設備などによって、可能な手術が異なるため、年収の格差が幅広いのが特徴です。

※給料給与統計の算出は口コミや厚生労働省の労働白書を参考にしております

美容整形外科医の給料・年収補足

20代の給料:45万円(推定)
30代の給料:58万円~120万円(推定)
40代の給料:166万円~200万円(推定)
 
上記平均給与から算出してみると、平均年収はだいたい
700万円~2,000万円となると予測されます。
※施設の規模と設備などによって、可能な手術が異なるため、年収の格差が幅広いのが特徴です。

美容整形外科医の仕事内容

本来は、人体の機能上の欠陥や変形の矯正を、外科手術で失われた部位などを矯正するのが主体でした。
近年では多くは美意識の変化に応じて、外傷無くとも手術を行う外科医を指しています。
医療機関の中では現在、形成外科と区別される外科学の一分野に従事する外科医です。
独立開業した事業形態が非常に多いのが特徴で、公的保険が効かないために、手術費用が高額で、それにともなって収入が医師に中でも高いのが特徴です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

美容整形外科医の給料手取り

上記平均給与から算出してみると、手取りはだいたい
37万円~144万円となりそうです。

美容整形外科医になるには?【資格】

通常の医師国家試験に合格するのが最初のスタートで、6年制で通常の医師となる順序で、履修、国家試験合格、主たる科の研修を全て終えて、美容外科として独立するケースが多いです。
美容整形外科になるためには、多くは2つの道があり、一つは形成外科を専攻し、美容外科となる方法です。
もう一つは、医大を卒業後他科を診療し、一般的な総合診療、手術を経験してから美容外科となる方法です。
 
関係する団体が、それぞれ日本には2つあります。
日本形成外科学会に所属し、認定専門医となってから、日本美容外科学会の正会員となったり、診療科を問われないで正会員となる学会もあるそうです。

美容整形外科医の求人募集はどこで探せばいい?

ほとんどが独立系美容クリニック、美容整形外科で求人が行われています。
臨床経験1~2年以上必要というところが多く、雇用を求めるより、個人開業が非常に多い世界です。

美容整形外科医で有名になるとどのくらいの年収になるの?

マスメディアなどに頻繁に登場したり、TVCMなどを行える規模の経営者クラスの医師では、年収は4,000万円以上とも言われています。
ただし、景気動向に左右されやすく、また競合する美容外科施設が業界では多いため、比較的年収は、毎年大きく変わるようです。
安定的な高収入というわけではないようですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

美容整形医で名医と呼ばれている人は?

給料解説者ぺすくん

北海道と東北で約6名、関東では23名、関西で7名、九州と沖縄では6名ほどが名医として知られています。
例えば、関東では東京大学医学部形成外科勤務で、開業50年という施設で働く平賀義雄氏、美容整形では最も難しい、二重まぶた手術で多数の実績があるつるきり形成・皮膚科の鶴切十三氏などが、関東では有名です。
大阪では、大阪白壁美容外科理事長の白壁武博氏や院長の出口正巳氏、メガクリニック院長の高柳進氏などがいます。

美容整形外科医の口コミお給料

給料:150万円

地方医です。わきが手術やレーザーでしみを消すなど行っています。

給料:280万円

美容整形外科医で開業しています。地方です。脂肪吸引や最近は鼻の整形などがおおいです

美容整形外科医の仕事の面白さや給料を教えてください

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

下記より評判を投稿する

その他の医療系職業の給料一覧の給料一覧