TVディレクター(番組ディレクター)の給料年収や仕事内容や求人募集・初任給を解説! | 給料BANK

TVディレクター(番組ディレクター)の給料年収・求人募集を解説!|「給料BANK」

給料BANK > 芸能・芸術系職業の給料一覧 > TVディレクター(番組ディレクター)の給料年収・求人募集を解説!

TVディレクター(番組ディレクター)の給料年収や手取り額、初任給を解説!

TVディレクター(番組ディレクター)の給料年収を解説します。

TVディレクター(番組ディレクター)の平均給料・給与

  • 31万円
  • 20代の給料:22万円
  • 30代の給料:31万円
  • 40代の給料:39万円
  • 初任給:22~万円
    給与年収算出については制作プロダクションの平均給料となります。

※給料給与統計の算出は口コミや厚生労働省の労働白書を参考にしております

TVディレクター(番組ディレクター)の給料・年収補足

20代の給料:25万円(推定)
30代の給料:34万円(推定)
40代の給料:40万円(推定)
 
 
上記平均給与から算出してみると、平均年収はだいたい
550万円~600万円となると予測されます。
 
札幌の求人調査結果:求人無しのため不明
東京の求人調査結果:35万円~45万円(月収)
大阪の求人調査結果:求人無しのため不明
福岡の求人調査結果:求人無しのため不明

スポンサーリンク
スポンサーリンク

TVディレクター(番組ディレクター)の給料手取り

上記平均給与から算出してみると、手取りはだいたい
32万円~37万円となりそうです。
 
給料は、求人や口コミなどを基に算出しています。

TVディレクター(番組ディレクター)の仕事内容

TVディレクターの仕事は、実際の番組制作現場で指揮を執ることです。
まず、新番組の制作が決まったとします。
そうしたらまず、企画会議をすることになるのです。
ここで台本や出演者などを決定して、番組の全体演出を考えます。
そうして必要な人材が揃って、演出も決まれば、実際の制作です。
 
番組制作に必要なのは、タレントだけではありません。
番組で使うセット・大道具や小道具なども必要になります。
特に小道具などは毎回違うものが必要になることもあるので、毎回制作することになるでしょう。
小道具の準備・大道具の準備、照明および音響やカメラマンなどの打ち合わせ、番組の脚本。
そういった制作全体において指示を出すのがディレクターです。
 
ディレクターは自分よりも上流にいるプロデューサーに対して報告をし、さらに指示を仰ぎます。
そうして番組制作が進められていくのです。
バラエティなどでなく、ドラマの場合には、俳優に対して演技指導を行うのもディレクターの仕事となりますよ。

TVディレクター(番組ディレクター)の仕事の面白さ・向いてる性格

番組が面白いかどうかは、プロデューサーとディレクターにかかっています。
特に、ディレクターにかかっている比重が重いです。
実際に制作現場で指揮を執るのはディレクターですから、当然ですね。
自分がディレクターとして関わっている番組の評価が高い・数字が大きいというときの達成感はとても大きくなります。
その達成感が、この仕事の面白さです。
 
同時に、どうしたらこの番組は面白くなるのか、もっと面白く・・・というようなことを四六時中考えなければならないということでもあります。
それこそ休日にも仕事のことを考えてしまうほどです。
 
この仕事に向いているのは、妥協をしない向上心の高い人と言えます。
「面白い」という評価が得たからといって、そこで落ち着いてはいけません。
落ち着いてしまえば「前ほどの面白さがない」「悪い意味で落ち着いたな」といわれてしまいます。
面白さを継続させるには、「今よりも面白く」をずっと突き詰めていかなければならないのです。
向上心がなければ、なかなかできることではありません。

TVディレクター(番組ディレクター)になるには?

TVディレクターは、アシスタントディレクター(AD)からなるのが基本です。
アシスタントディレクターとして数年間、下積みを積みます。
そこで番組制作について学ぶのです。
ADは雑用から何から何まで全てやり、番組制作について体系的に学びます。
ディレクターの仕事は、番組制作現場の統括ですから、アシスタント時代にその全体像を把握するようにするわけです。
 
そうして経験を積んで、昇進という形でディレクターになります。
また、他業界でディレクターをしていた人が、転職でそのままテレビ番組のディレクターをすることもあるようです。
局ではほとんどありませんが、制作会社だとそのようなこともあります。
たとえば、Webディレクターや広告業界でディレクターをしていた人などは、大いにチャンスがあるでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

TVディレクター(番組ディレクター)の求人の見つけ方

東京都内がほとんどですが、TVディレクターの求人が出回ることがあります。
会社の採用ページまたは、一般転職サイトなどで出回っているので、ネットから検索可能です。
「番組ディレクター 求人」で検索をかければ、見つかるでしょう。
 
ただし、最低でも他業界のディレクター業務の経験者採用がほとんどとなっています。

制作会社と局TVディレクターだと年収が違うの?

制作会社と局だと、年収は大きな差があります。
そもそも、ディレクターでなくとも、全体の職種の平均年収も差があるのですから、当然ですね。
フジテレビをはじめとするキー局は1500万円前後が平均年収となっています。
これは、ディレクターだけではなく、局で働いている全ての人材の平均年収です。
つまりはディレクターやプロデューサーのような管理する側ではない人でも1000万円程度の年収を得ている人がいるということ。
スケールが違います。
 
ただし、キー局でなく地方局と比べると、差は小さくなります。
地方局だと、ディレクターは年収500万円から600万円程度であることが多いです。
制作会社でも、400万円から600万円程度であることが多くなっています。

有名な番組ディレクターってどんな人?

給料解説者ぺすくん

番組プロデューサーと違い、ディレクターはあまり有名にならないようです。
ディレクターからプロデューサー、放送作家などになると有名になることも。
特に秋元康さん、そーたにさん、高須光聖などは放送作家やPとしても有名になっております。
テリー伊藤さんは「ねるとん紅鯨団」のゼネラルディレクターなどもやっておりました。

TVディレクター(番組ディレクター)の口コミ

給料:30万円

制作会社なので、今の給料が限界かな。プロデューサー目指します。

TVディレクター(番組ディレクター)の仕事の面白さや給料を教えてください

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

下記より評判を投稿する

その他の芸能・芸術系職業の給料一覧の給料一覧