殺陣師の給料や手取り、初任給を徹底解説! | 給料BANK

殺陣師の給料、手取り、初任給|「給料BANK」

給料BANK > 芸能・芸術系職業の給料一覧 > 殺陣師の給料、手取り、初任給

殺陣師の給料年収や手取り額、初任給を解説!

殺陣師の給料年収を解説します。

殺陣師の平均給料・給与

  • 8万円
  • 20代の給料:10万円
  • 30代の給料:15万円
  • 40代の給料:20万円
  • 初任給:8000~万円
    出演するエキストラの拘束時間次第。殺陣講師の単価は不明でした

※給料給与統計の算出は口コミや厚生労働省の労働白書を参考にしております

殺陣師の仕事内容

演劇における、ダンスや振付師と同じ立場です。年齢が上がって、出演回数を重ねると、出演者に対し、立ち回りを教える立場になります。
映画やドラマの出演は、あくまでもエキストラに該当しますので、一般的なエキストラ出演料は、時給で最低750円程度ですから、それに2~3割プラスされる感じですね。
若い時は、殆どがエキストラ出演がメインで、全国のロケ地、テレビ局などへの移動も、非常に多く、人によってはスケジュールがかなり過密です。

殺陣師の給料手取り

上記平均から算出してみると、手取りはだいたい
15万円~20万前後となりそうです。

映画などの殺陣師の場合は、同じ殺陣師道場から出演しているのと、指導で一定期間の拘束時間を掛けあわせて、出演料が決まるそうです。
演劇関係者の付き人のような、細かい仕事も多く裏方のエキストラの立場は同じです。

都内の撮影を日給で換算してみると8000円。
8000円×20営業日として16万円。
エキストラの殺陣でだいたい16万円と換算されますが、実際には20営業日もあるかどうかは不明です。

殺陣師になるには?

林流殺陣教室などでは、体験として学ぶことが出来ますが、プロになるには、芸能プロダクションに近い殺陣師道場へ登録もしくは修練する必要があります。
通常は、体験教室から始め教室を通じてプロの道を模索するのが常套手段のようです。
殺陣師個人で生計を立てるのは、非常に難しく、多くの芸能プロダクション、映画関係者などにパイプのある、有名な道場などへ所属する必要がありますね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

有名になるとどのくらいのお給料がもらえるの?

有名な殺陣師の場合は、出演者の指導のギャラ、各地でのアクション指導、教室などを経営していますから、年収は500~1,000万円くらいにはなるはずです。
一般的なエキストラとしての出演料は拘束時間によりますが、高くても時給5,000円クラスがあるようです。
殆どが、直接出演は無く、出演者の指導に回りますから、レッスン料として、報酬を受け取る例が多数あるようですね。
一般人への講習料は、3回で1万円~などが多いようです。
有名になっても体一つのためその年によっては収入が低いコトもあるようです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

殺陣師についてぴっくんが斬る!

給料解説者ぴっくん

殺陣師が呼ばれるのは事務所のお稽古やワークショップといった稽古が多いなのだ。
そのため単発となる仕事が多いなのだ。
そのためある程度いろいろなところとコネクションを持っておく必要があるのだ^^
コネクションがあればある程度の収入は見込めるがやはり芸の道のためそれだけでは食べていけないのだ。
レッスン料、出演料など合わせないと厳しい世界でもあるなのだ。

殺陣師の口コミお給料

給料:20万円

東京でとある事務所と仲がいいため役者さんに教えております。

給料:10万円

アルバイトしながら殺陣師をしています。やはり厳しい世界ですね。早く一人前になりたいです。

殺陣師の仕事の面白さや給料を教えてください

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

下記より評判を投稿する

その他の芸能・芸術系職業の給料一覧の給料一覧