ピアニスト(ジャズ・バレエ・ブライダル)の給料年収を解説! | 給料BANK

ピアニストの給料年収・初任給・仕事内容を解説!|「給料BANK」

給料BANK > 芸能・芸術系職業の給料一覧 > ピアニストの給料年収・初任給・仕事内容を解説!

ピアニスト(ジャズ・バレエ・ブライダル)の給料年収や手取り額、初任給を解説!

ピアニスト(ジャズ・バレエ・ブライダル)の給料年収を解説します。

ピアニスト(ジャズ・バレエ・ブライダル)の平均給料・給与

  • 28万円
  • 20代の給料:25万円
  • 30代の給料:27万円
  • 40代の給料:32万円
  • 初任給:10~万円
    ※10万に満たない収入も多いようです。補足を参照ください

※給料給与統計の算出は口コミや厚生労働省の労働白書を参考にしております

ピアニストの給料・年収補足

20代の給料:10万円~25万円(推定)
30代の給料:10万円~32万円(推定)
40代の給料:10万円~32万円(推定)
 
 
求人を見てみると、都内で23万円~25万円
40代で32万円という取材結果がありおよそ上記のような給料となりそうです。
※有名ピアニストについては含めておりません。
 
上記平均給与から算出してみると、平均年収はだいたい
200万円~500万円となると予測されます。
※200万を超えないピアニストも多いです。とくにジャズピアニストはほぼボランティアなども多いそうです。
かなり上と下の差が大きいのがピアニストの収入の特徴です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ピアニストの仕事内容

ピアニストの仕事内容というのは、さまざまな場所でピアノを演奏することです。
その場所によってピアニストの種類というのがあるのですが、それについてはまた後述します。
すべての種類のピアニストに共通しているのが「どこかでピアノを弾いて人々に感動を与えること」です。

ピアニストの給料手取り

上記平均給与から算出してみると、手取りはだいたい
10万円~30万円となりそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ピアニストになるには?【資格・合格率・難易度】

ピアニストになるには、音大などでピアノをはじめとした音楽を学ぶというのが一般的な道ですね。
音大を出ているとどんな企業に就職する場合でもピアニストとしての高い能力を証明することになるので、有利になります。
プロの演奏ピアニストになることを目指しているのであれば、音大を出ることはもはや必須といえるかもしれません。
 
音大に入ることが叶わないという人は、有名なピアノの先生に個人的にピアノを教えてもらったり、コンクールに積極的に出場して受賞を目指すのが得策ですね。
とは言っても、音大に入るのが一般的な流れなので、音大に入ることを前提にして「ピアニストになるためには」ということについて語ってみます。
 
まず、音大に入るための前提条件として「幼い頃からピアノをしていて、グランドピアノをなるべく早く買うこと」と語っている人が多いのですが、この前提は覆すことが可能です。
世の中には「音階もわからないのに半年で音大に入学を果たした」という人もいます。
 
もちろん幼いころからピアノに親しんでいるのにこしたことはありませんが、いまさらピアノに興味が沸いてきたという人は、今からでもひたすら頑張れば音大に入ることが可能です。
音大に入る道を諦めるには早いですよ。
 
8月ごろには課題曲が発表されるので、音大の課題曲をひたすら練習します。
そうして音大に入ってピアノを学び、そこからピアニストになっていくわけです。

ピアニストの種類(ジャズ・バレエ・ブライダルなど)

ピアニストにも種類があります。
一般的にプロのピアニストと言われているのが、クラシックを弾くピアニストですね。
でも、ピアニストにはクラシックを弾いている人ばかりではありません。
 
例えば「ジャズピアニスト」
その名前の通りジャズを演奏するプロピアニストです。
ジャズはクラシックとは真逆と言っても良い性質を持っている音楽なので、独自に学ばなければジャズピアニストになることは難しいですね。
ジャズというのはアドリブのきいた即興演奏ですから。
 
次に「バレエピアニスト」
バレエのダンサーと一緒にひとつの演奏を作り上げる仕事です。
ダンサーの心に寄り添った演奏をしなければならず、楽譜にアレンジをきかせて演奏しなければならないこともあります。
 
「ブライダルピアニスト」
教会で演奏するので、ピアノよりもオルガンを弾くことがあります。
パイプオルガンを弾くこともありえるので、ピアノだけではなくオルガン奏法も学んでいなければいけません。
披露宴でピアノを弾く仕事もあり、披露宴の雰囲気にあった演奏をするという仕事でもありますね。
 
「伴奏ピアニスト」
コーラス・オペラなどの伴奏として演奏とする仕事です。
伴奏といっても、演題によってアドリブを積極的にいれることもあり、意外と考えなければならないことの多い仕事と言えます。

ピアニストの仕事の面白さ

ピアニストの仕事の面白いところは、なんといっても自分の演奏で誰かが何かしらの感情を抱いてくれるというところにあります。
楽しい曲を弾いて「楽しい」という感情を抱いてくれたり、悲しい曲を弾いて誰かが涙してくれたり。
そういった誰かの感情が動いた瞬間というのを目の当たりにすることができる仕事であるところが、面白いところですね。
 
さまざまなシチュエーションに合わせてさまざまな曲を演奏する。
それによって人々のさまざまな感情を呼び起こすことができる。
それはとても楽しいことであり、面白いことです。
 
ピアニストに向いている性格というのは特にありません。
とにかくピアノに多く触れ、多くのピアノ曲に親しむことですね。
ピアニストに向いているのはピアノが好きで、誰かを感動させたいと常日頃思っている人です。

有名ピアニストの年収ってだいたいどのくらいなの?

特定のピアニストの年収がどこかで晒されているわけではありませんが、有名ピアニストともなると年収は2000万円を超えることがあるようです。
有名な人でも1000万円から2000万円と、「音楽業界」という言葉からすると少し少なく感じるかもしれません。
ピアニストの仕事はおもに公演になるので、公演1本何十万円というような単位になっています。
公演というのは一年にできる回数がどうしても限られてくるので、それほど高い年収にはならないのです。
 
ちなみに、推定年収でランキングをつくってみると、次のようになります。

世界ランキング
1位:マルタ・アルゲリッチ
2位:マウリツィオ・ポリーニ
3位:クリスティアン・ツィマーマン
4位:ヴィルヘルム・バックハウス
5位:グレン・グールド
 
国内ランキング
1位:内田光子
2位:辻井伸行
3位:小山実稚恵
4位:仲道郁代
5位:長谷川淨潤

ピアニストの求人ってどうやって探すの?

給料解説者ぺすくん

ブライダルピアニストなら結婚式場の求人を探すと、たまに「ピアニスト募集」というものがあります。
そういった感じで「ピアニストの職種ごとに」求人を探すと見つかりやすいです。
漠然とピアニストの求人を探すとなかなか見つからなかったりしますし、ピアノ講師の仕事しか見つからなかったりということもあります。
 
ピアニストの求人は、まずとりあえずは「○○ピアニスト 募集」とキーワード検索することが必要です。
この際、「求人」ではなく「募集」で検索するというのが肝ですよ。

ピアニストの口コミお給料

給料:15万円

地方でピアノ講師をしています。

給料:5万円

ジャズピアニストをやっていますがこれだけで食べてくのは至難の業です。

ピアニスト(ジャズ・バレエ・ブライダル)の仕事の面白さや給料を教えてください

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

下記より評判を投稿する

その他の芸能・芸術系職業の給料一覧の給料一覧