映画監督の給料年収や仕事内容やなるには?やハリウッド映画監督のギャラを解説! | 給料BANK

映画監督の給料年収・求人募集を解説!|「給料BANK」

給料BANK > 芸能・芸術系職業の給料一覧 > 映画監督の給料年収・求人募集を解説!

映画監督の給料年収や手取り額、初任給を解説!

映画監督の給料年収を解説します。

映画監督の平均給料・給与

  • 29.1万円
  • 20代の給料:29.1万円
  • 30代の給料:29.1万円
  • 40代の給料:29.1万円
  • 初任給:29.1万円
    給与年収算出については最低ギャラから算出。補足参照ください

※給料給与統計の算出は口コミや厚生労働省の労働白書を参考にしております

映画監督の給料・年収補足

20代の給料:29万円(推定)
30代の給料:29万円(推定)
40代の給料:29万円(推定)
 
 
年代別の給与は算出不可能のため、上記給料は月給ではなく、日本映画監督協会による最低ギャラを12で割った数字となっております。
 
だいたい映画監督の収入というのは、その監督の経歴やスポンサーなどさまざまな要素によって決まります。
駆け出しの監督だと、ノーギャラで依頼されることもあるのだとか。
ギャラがあったとしても数十万円程度で、予算の少ない映画を作ります。
 
有名な監督になれば、ギャラが一本1000万円以上になることもあるのだそうです。
日本映画監督協会によれば、最低報酬は350万円としていますが、その規定は機能していません。
業界内の共通認識としては、映画監督では食べていけないということです。
多くの人が兼業でアルバイトをしています。
映画は一年で何本も撮ることができませんし、映画の純利益は小さなものです。
日本はアメリカと違って映画のマーケットが非常に小さいことも影響しています。
よほどの有名監督ではない限り、映画だけで食べていくのは難しいでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

映画監督の給料手取り

上記平均給与から算出してみると、手取りはだいたい
300万円~330万円となりそうです。

映画監督の仕事内容

映画監督の仕事内容は、映画を撮ることです。
プロデューサーから指名を受けます。
そうしてプロデューサーと打ち合わせをすすめるのです。
監督としての指名を受けた段階では、撮影場所やキャスティングは決定していません。
監督がプロデューサーと打ち合わせをして、決めます。
よく、同じ監督の映画に同じ人が出ていることがあるでしょう。
 
福田雄一という監督がいます。
この監督が手がける作品には、山田孝之・ムロツヨシが出ることが多いです。
山田孝之であれば、『俺はまだ本気出してないだけ』『大洗にも星はふるなり』『勇者ヨシヒコ』などに出ています。
ムロツヨシは、『HK 変体仮面二作品』『薔薇色のブー子』『俺はまだ本気出してないだけ』『勇者ヨシヒキ』ほかに出演しています。
監督によってキャストに特徴があるというようなことは、これに限らずよくあることです。
それは監督がキャスティングにおいて大きな権限を持っているからになります。
 
そうして決めるべきことが決まれば、撮影開始です。
撮影中には演出の指揮や出演者に対する演技指導などを行っています。
海外だとプロデューサーが映画企画全体のトップで、監督は演出の統括という役割になっているようです。
日本においては、プロデューサーと監督の二人三脚で、監督の意向が演出以外にも反映されることが多くなっています。

映画監督の仕事の面白さ・向いてる性格

映画監督の仕事の面白さは、自分の作品をつくることができる喜びにあるでしょう。
映画監督をする人というのは、映画をつくるのが好きな人です。
活躍している映画監督の中には黒澤監督の影響を受けた人が多いといいます。
自分が元々映画が好きで、その映画をつくりたいという意欲が生まれる。
それが実現して、実際に自分の映画を撮る。
とても感慨深いことでしょう。
 
この仕事に向いているのは、細かいところに気配りができる性格の人です。
撮影中はひとりの役者に集中することができません。
メインキャスト・エキストラ・小道具・大道具などさまざまなことに注意しなければならないのです。
そのため、広く細かく配慮ができる人は向いています。

映画監督になるには?

映画監督になるには、決まった道などはあまりありません。
実際に映画監督の経歴について調べてみればわかるかと思いますが、その経歴は実に多様なものです。
たとえば、大学や専門学校などで映像系の学校に入り、映画監督をしている人もいます。
かと思えば、全くの無縁な世界から独学で映画監督にまでなった人もいるのです。
 
映画監督になるのに、決まりきった道や資格はありません。
けれども、誰でもなれるものではないということは理解しなければなりません。
日本映画監督協会というものがあります。
これは劇場映画だけでなく、アニメ・CM・TVドラマの監督なども含まれているのですが、540人程度しかいません。
入会の条件は「監督業を営んでいる人は誰でも」となっているのですが、この人数・・・。
なりたいからといってなれるものではないことが、わかるでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

映画監督の求人の見つけ方

映画監督の募集は、一般には出されていません。
一昔前なら監督に弟子入りして下積みをし、監督デビューさせてもらうのが一般的でした。
最近では自主制作の映画コンテストなどで評価されてデビューされる人も多いです。
北野武のように、お笑い芸人から監督になる人もいます。
一般に求人はなくとも、昔よりは門戸が広くなったと言えるでしょう。

映画監督の大学などはあるの?

映像系の大学・専門学校に入ると、映画監督に近いかもしれませんね。
映像系の大学や専門学校では、必ずと言って良いほど、映画の学びが用意されています。
学校の人で映画をつくるというような課題もあるでしょう。
そういった課題や活動、学びを通じて映画監督としての知識と技術を伸ばして映画監督になるというのもひとつの道です。
もちろん、チーム内で映画監督の役割を担う必要はあります。
 
映像系の大学でなくとも、自主制作コンテストなど、道はたくさんあるのです。
映像系大学以外でも、評判のいい自主制作映画サークルのある四年制大学に入って、自主制作映画サークルで映画を撮るのも良いかもしれません。
監督には教養が必要ですから、安易に専門学校に入るよりは、その方がおすすめできます。

海外の有名映画監督は年収が高いの?

給料解説者ぺすくん

海外・・・特にハリウッドのあるアメリカは、映画の市場がとても大きいです。
それこそ「桁違い」という言葉がぴったりあてはまります。
ハリウッドの有名映画監督である「ジェームズ・キャメロン」のギャラは・・・210億円程度だそうです。
それだけで一生何もしないで生きていけますね。
子供たちに多くの財産を残すこともできるでしょう。
さすがハリウッド、と言ったところでしょうか。
海外の映画事情というと、ハリウッドの情報ばかりで、他の国の映画事情はなかなか不鮮明です。
 
ハリウッドの規定では
新人映画監督への報酬は1作品あたり50万ドル(約6000万円)程度だそうです。
 
またネットを参照すると
ダニー・ボイル 300万ドル(約3億6000万円)
マイケル・ベイ 8000万ドル(約1000億円)
ジェームズ・キャメロン 2億5700万ドル(約210億円)
 
日本の監督と比べると破格の年収を貰えるようですね。
 
インド映画や香港映画の監督など、どれくらい稼いでいるのか気になりますが、どの国もハリウッドほどではないようです。

映画監督の口コミ

給料:10万円

ほぼ0ですが。若干貰ってます。

映画監督の仕事の面白さや給料を教えてください

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

下記より評判を投稿する

その他の芸能・芸術系職業の給料一覧の給料一覧